Wurasi(うらしぃー)

知っているとちょっと生活が豊かになりそうなモノ・知識・サービス・お店を紹介

面白いと思ったのに打ち切り食らった医療系海外ドラマ「ピュアジーニアス」

      2018/03/11

打ち切りドラマpuregenius

Pure Genius(ピュアジーニアス)って海外ドラマがありまして。

主人公はITで成功した億万長者のジェイムズ・ベル。

最先端の技術を取り入れ”患者を見捨てない病院”バンカーヒルを設立し様々な病気の患者に向き合っていく。

というのが、あらすじでして病院設立の本当の目的は主人公自身が抱える難病を克服するためであったり、医師同士の恋があったで続編を作る気で進行していたと思うのだがシーズン1(全13話)で打ち切り決定。

個人的には面白く見れていたのでちょいと残念。

まぁ、何となく打ち切られそうだなという気がしないでもない雰囲気ではあったのだけど……

ぼくはHuluで見ているので、この記事を書いている時点では9話まで視聴していますが、13話で終わってしまうと思うとなんだか残念。

スポンサーサイト

医療ドラマとしてみたらたぶん楽しめない

ハッキリ言って医療ドラマとしてみたら肩透かしを食うというか「おいおい……」とか「マジかよ」と言ったツッコミ・つぶやきが漏れると思う。

じゃあどんなつもりで見ればいいのか?正解はSFとして見る、だろう。

まず、最先端技術を駆使して患者を快方に向かわせるのだが、その技術というのが現実世界ではまだ実現不可なものが多い。

したがってリアリティを求める方には解決方法がどうしてもご都合主義的に感じてしまう部分があると思います。

漫画やドラマにリアリティを求めるタイプの視聴者には全く向いてない。

未来の話としてみればSFとして楽しめる。ドラえもんみたいに「あんなこといいな、出来たらいいな」で見れば楽しめると思うのだ。

実際僕はそう見た。

打ち切りの理由を探ってみる

まぁ、ありていに言えば人気が出なかった、視聴率がとれなかったということだろう。

裏番組の視聴率が良かったりしたのかもしれない。

主人公のキャラがイマイチ

主人公が主人公っぽくない。オーガスタス・プリュ-演じるジェイムズに魅力がないというのは認めざるをえないところ。

オーガスタス・プリュ-

IT長者だけど難病を抱え、最長でも5年以内には動けず、自分のこともわからなくなる状態になってしまうという苦悩を抱える姿も描かれている。

だが、毎回毎回、難病患者を救っているのを見ると「どうせ何らかの解決方法が見つかるのだろう」と思ってしまう。

だから、いくらジェイムズが苦悩しようともいまいち感情移入しにくいというのはある。

既存の医療ドラマ+先端IT技術というだけ?

完全に新しいものを作るのは難しい。

だから、これまでの医療ドラマ+IT技術という作りにしたのは悪くないアイデアだ。

しかし、”ただ組み合わせただけ感”が出てしまったところが惜しい。

もうちょい両方がなじんだ感じの作品になると良かったと思う

それでも僕はピュアジーニアスをおすすめしたい

先ほども書いた通り、医療ドラマとしてではなくSFだという気持ちで見れば楽しめる。

医療モノとして楽しめる部分といえば、難病・奇病の患者を斬新なアイデアで救っていくところ。

普通のスーパードクターものなら医師の卓越した技術や知識で患者を救っていくところだが、ピュアジ-ニアスでは科学技術がその役割を果たす。

将来使われるようになるかもしれない技術を見ているのは好奇心をくすぐられる。

ドラマのどの部分に注目するかで評価が別れる作品だと思う。

また、Huluでしか見られないというのはネック。DVDレンタルも今のところ無いようだし。

まぁhuluは14日間は無料で見られるので、自分のみたい作品を見たら契約しないという方法もあるが……倫理的にどうかってところもある。

さて、あなたは見る?見ない?

スポンサーリンク

 - テレビ番組, ドラマ