Wurasi(うらしぃー)

知っているとちょっと生活が豊かになりそうなモノ・知識・サービス・お店を紹介

洋服を買うために洋服を売るという行為!できるだけ高く買い取ってもらう為にできること

   

福を売るときに気をつけることは?

ブランド物の服って高い!そして次々新しいのが出てくる!
だから物欲に歯止めがきかないんだけど、高いからホイホイ買えるわけでもない…
そこで手持ちの着なくなった物を売って、それで購入資金の足しにする。

モードな服が好きなみなさん、ごきげんよう。恐らく、よほどお金に余裕がある方以外は上記したような感じでブランド物の洋服を回転させているのではないでしょうか?

今日はそんなアナタのため、売るときにちょっとでも高く売れるようにする技を伝授しましょう!

スポンサーリンク

スポンサーサイト

人気のブランドは型落ちしても人気

コレは絶対普遍のルールです!需要と供給のバランスで欲しい人が多いと価格は高くなるのです。

自分の好きなブランドが人気のブランドだったらしめたもの。売れば高値確実でしょう。

多少のキズ物でもOK

ちょっと汚れがついてしまった、糸が飛び出してる、ボタンが外れかけ。もちろんキチンとした物のほうがいいに決まっていますが、人気のブランドやアイテムはちょっとくらい状態が悪くても高値で売れる場合が多いです。

しかし、普段から大事に身につけておくことに越したことはないですね。

売りに行く前には洗っとけ

先程の話はあくまでも人気ブランド、人気アイテムの話。

「じゃあ、普通のアイテムはどうすりゃいいの?」というとキレイにしておくに限る!

洗えるものは洗い、洗えないものはクリーニングに出す!

当たり前だけど汚いものは誰も欲しがりません。

外面だけよくてもダメ

洗ったりクリーニングしたりでパッと見は綺麗になったでしょう。しかし、気をつけたいことは他にもあります

それは、ブランドタグであったり、ボタン、裏地側の糸ほつれなどです。

お気に入りで、よく着回すアイテムは劣化スピードも他よりは速いです。

服飾好きな人はワンシーズンごとに買い替えたりすることも多いかと思いますが、ほんとに気に入ったアイテムは1年とか着ちゃいませんか?

そうすると意外と服ってヨレたりもするんですよね。

必要なものはとっておく

これは売ること前提で使っている人は結構やっていることかもしれませんね。

財布やバッグの場合に多いのがブランドが品質保証の証として商品につけるカードや書類。

俗にいう「ギャランティ」というやつですね。

コレがないと買いとり自体してくれないことが多いので、すぐに売る予定があったり、長く使うつもりがないアイテムのギャランティカードなどは大切に保管しておきましょう!

ただ、正規店で購入していないものだとギャランティカード自体がニセモノなんてことも。

ギャランティカードがついているから安心!ということでもないので、ネットなどでブランド品を購入されている方は注意が必要ですよ。

買取査定の方法

一般的には自分で持ち込むことも多いと思いますが、大まかに分けて3つあります。

店舗へ持込み

自分でお店に持って行って査定してもらう一番スタンダードな方法と言えます。

財布、時計、ジッポなどの小物ならいいのですが、洋服などを大量に持っていくのには不向きですね。

ただ、買取価格の交渉が面と向かってできるのは利点としてあげられます。

郵送査定

店舗に連絡してから自分でダンボール等に詰めるか、店側から「郵送キット」みたいなのが送られてきてそこに入れるか。

いずれにしても売りたいものをいっぺんに送って査定してもらえるのが利点です。

デメリットを上げるとすると、運んでいる最中の破損、汚れなどが考えられます。直接店員さんとの交渉ができないのも気になるところ。

メールのやり取りで価格交渉って面倒ですよね。

出張買取

自分の家に来てもらって査定をしてもらうという方法です。

電話一本で来てくれるのでかなりラクチン!価格交渉も対面でやりとりできるのでいいでしょう。

デメリットは、そもそもこのサービス形態でやっているところが少ないこと

ブッ○オフとかはやってますけど、かなり安く買い叩かれるし値段の交渉をする余地がありません。

なので僕はいつも「買取プレミアム」というところで売っています。

洋服

ここはファッション関係以外の物も買い取りしています。

なので単純に服などを売りたい時だけでなく、引っ越しの際にでる要らない物を処分するときなどにも
使っています。

買取手数料などもかからないですし、上で紹介した3つの買取形式全てに対応しています。

多少アレな商品でもソコソコの値段で引き取ってもらえるので重宝しています。

もしアナタも売るような時があれば活用してみてはいかがでしょう?

洋服

スポンサーリンク

 - くらしの知恵的な何か, リアルサービス