Wurasi(うらしぃー)

知っているとちょっと生活が豊かになりそうなモノ・知識・サービス・お店を紹介

ジャパンブルージーンズJB0401を穿き込み始めます

      2018/01/28

 

ジャパンブルージーンズのJB0401

ハッキリ言ってジーパンのことには詳しくない。

しかし、ボクももう30歳を過ぎて持ち物はドンドン買い換えるより一つのものを長く使いたいと思うようになってきた。

そして、長く使うことによって味の出てくるものが良いと思うようになってきた。

で、ジーパンである。ファッション好きはデニムって呼ぶのだろうか?まぁ、呼び方はなんでも良いや。

とりあえずココに載せている画像はすべて買ってきてすぐに撮ったものです。

現在はちょうど一週間くらい履き込んだところ。

スポンサーサイト

ジャパンブルージーンズを選んだ理由

とりあえずリーバイス買っとけばいいんだろ?というのが僕を含めたジーンズに詳しくないヤツの大半の意見だと思う。

そんな僕がなぜジャパンブルージーンズのジーパンを選んだのか?……勘です!

いや、正確に言うと色落ちについてちょっと調べてみて、「こういう感じがカッコイイな」と思ったからなんですけどね。

やれタテ落ちがどうだ、ヒゲの出具合がどうだ、ハチノス、アタリが綺麗に出るだなどということを一通り調べたわけです。

(要するにそういったものはサイジングと洗濯の間隔で決まるんでしょうが……)

あと値段。他のレプリカジーンズとよばれるものを作っているメーカーのものは高かったんです。

2万円を超えるものが大半でちょっとビビりましたよ。ジーパン高ぇって。

前にフルカウントの1050を買ったことがあったが、今思うとどうかしてた。今より収入が低く家賃も高い所に住んでいたというのにどうやって費用を捻出したのか……

話はそれたが、これを作っている会社は桃太郎ジーンズというブランドでデニムを使った商品を売っているようだ。

で、ジャパンブルージーンズは海外向けに作っているものを国内でも流通させているということらしいですね。

でも、本屋で立ち読みした”ジーンズカタログ”みたいな本で見たらコレがいいようにおもった。

JB0401のスペック

お値段 13824円(税込み)
素材 アメリカンコットン100%
オンス 14.8oz
シルエット テーパード
ウォッシュ ワンウォッシュ

なんかテーパードってなってるけど、そんなに裾に向かって細くなっているわけじゃない。

若干、細身のストレートってところじゃないだろうか?

サイズ選びは気をつけなはれや!

僕はいつも大体、30インチか29インチのズボンを履いています。

でも、こいつは31インチでないと入らなかった。それでジャスト…というかまぁまぁキツめ。

生地が14.8オンスということもあるのかもしれないがジャストサイズだとけっこう動きづらさを感じる。

あとはアメリカンコットンということで、かなり男らしい肌触り。ゴワゴワで良い色落ちをしそうではある。

1週間はいて、ようやく馴染んで(伸びて)きたがそれでもちょい苦しい。少し痩せる決意をしている。

ということで、ジャストで履きたいなら通常穿いているサイズより1インチ、ある程度のゆとりがほしいなら2インチアップでサイズ選びをすると良いんじゃないだろうか?

細部を見ていこう

まずは、ポケット内側(?)。左側にのみジャパンブルージーンズの刻印が2種類おされている。

ジャパンブルージーンズのポケットスレーキ

前立はボタンフライ。ボタンの形にキレイに色落ちしてくれるだろうか?

ちなみに一番最初に穿いたときは生地が硬すぎて一番下のボタンが止まらなかった。

仰向けに寝て、ようやく止めることが出来るという始末。ジャストサイズではなかったのだろうか?

ジャパンブルージーンズの前立

後ろ姿。このジーンズの特徴というか、ハンカチが1枚ついてくるようだ。

コレは実にありがたい。穿き始めは後ろポケットに入れたものに色移りすることが多いが、コレがあればそれを防げる。

買ったばかりのヌメ革の財布やスマホ(白ボディのやつとか)はコレを噛ますことによって、色が映らなくて済む。

それが本来の使い方なのかは知らないけれどね。

パッチはカウレザーとのこと。僕の場合ここに最初っから色移りしてて若干青かった。この部分もエイジングでどうなっていくか楽しみですな。

JB0401に付属のハンカチ

このジーンズのオリジナリティでしょうか?内股線の縫い目は青い糸。遊び心ですね。

ジャパンブルージーンズの内股線の糸は青色

 

穿き込みルール

今のところ仕事のとき以外は頑張って穿くようにしています。

「最初の半年は洗濯しちゃイカン!」という意見もあるようですが、それを実践するには時期が悪すぎました。

真夏の生地厚ジーパンは地獄。自分の好きなタイミングで洗濯することにします。

デニム愛好家には怒られるかもしれないけど、自分の好きな様に育てていきます。

事実、毎日風呂にはいるときに脱いだとき、裏返して、しこたまリセッシュをふりかけ、消臭除菌作業をしていますので、この時点でデニム原理主義者からはアウトを食らうでしょう。

あまりスタンダードなモデルではないのか、穿き込んだ画像もあまりないので誰かの参考になればと思います。

次回はいつごろアップするのが良いか決めかねていますが、1ヶ月後くらいですかね?

その後の色落ち

ジャパンブルージーンズの色落ちの経過をまとめました

その後の色落ちの様子

スポンサーリンク

 - ファッション , , , ,