【格安SIM/比較】どこがいい?おすすめ・最安の格安スマホ(MVNO)

  1. 【格安SIM/比較】当ブログがおすすめするのはコレ!
    1. 1位.mineo(マイネオ) コスパ最強!大体の人はコレでOK
    2. 2位.ahamo・povo・LINEMO キャリア並の安心感
    3. 3位.LINKSMATE(リンクスメイト) 通信の安定性がある
  2. 【格安SIM/比較】全格安SIM一覧 最新情報
    1. UQmobile
    2. Y!mobile
    3. IIJmio
    4. OCNモバイルONE
    5. NUROモバイル
    6. イオンモバイル
    7. エキサイトモバイル
    8. J:COMモバイル
    9. QT mobile
    10. DTI SIM
    11. Nifmo
    12. 日本通信SIM
    13. b-mobile
    14. mineo
    15. BIGLOBEモバイル
    16. LIBMO
    17. ロケットモバイル
    18. y.u mobile
    19. LINKSMATE(リンクスメイト)
    20. リペアSIM
    21. REMOモバイル
    22. X-mobile
    23. HISモバイル
    24. HORIE MOBILE
    25. センターモバイル
    26. メタバースSIM
    27. ahamo
    28. povo2.0
    29. LINEMO
    30. 楽天モバイル
  3. 【格安SIM/比較】月額料金ランキング・比較表!”最安”で選ぶと後悔する?
    1. 格安SIMで人気の料金プランは?
    2. 音声通話SIMでおすすめの格安SIM
    3. データ通信のみ(データ専用)のSIMで人気の格安SIM
    4. 容量3GBの格安SIMを安い順で紹介
    5. 5GB前後のプランで一番安い格安SIMはコレ
    6. 10GBくらいのプランで月額が最安値のMVNO
    7. 20GBで月々の値段が安いのはコレ!
    8. データ容量が無制限の格安SIMでおすすめのもの
    9. 口座振替での支払いが可能な格安SIM
  4. 【格安SIM/比較】そもそも格安SIMとは?サービス内容と回線
    1. 【比較?】格安SIMと格安スマホとMVNOの違いとは
    2. 格安SIMとはキャリア回線を借りて提供されているサービス
  5. 【格安SIM/比較】メリットとデメリット
    1. 格安SIMのデメリット1.キャリアと比べると通信速度が低下する場合がある
    2. 格安SIMデメリット2.自分で申し込み手続きができない場合、おすすめしない人
    3. 格安SIMのデメリット3.支払いは基本クレジットカード、たまに口座振替
    4. 格安SIMのデメリット4.実店舗がない場合が多いためサポートが弱い
    5. 格安SIMのデメリット5.携帯キャリアで使っていた決済サービスが使えなくなる
    6. 格安SIMのデメリット6.自分でAPNの設定しなければいけない場合がある
    7. 格安SIMのデメリット7.LINEの年齢確認・ID検索ができない物が多い
    8. 格安SIMのデメリット8.家族割オプションが有るMVNOが少ない
    9. 格安SIMのデメリット9.災害時に使える伝言板サービスがない
    10. 格安SIMのメリット1.月額プランがシンプルでわかりやすい
    11. 格安SIMのメリット2.基本料金が安い・激安
    12. 格安SIMのメリット3.キャンペーンの種類が多い
    13. 格安SIMのメリット4.独自オプションなど付加価値が高い
    14. 格安SIMのメリット5.じつはキャリアメールも使える
    15. 格安SIMのメリット6.今使っている端末をそのまま使用できるのでお得
    16. 格安SIMのメリット7.プランの変更やデータシェア・繰り越しが手軽
    17. 格安SIMのメリット8.テザリングが無料の場合が多い
    18. 格安SIMのメリット9.データ通信のみのプランが用意されている
  6. 【格安SIM/比較】格安の会社どこがいい?正しい選び方教えます
    1. 結局どこがいいのか?
    2. データ容量と月額料金のバランスを見る
    3. ドコモ回線の格安SIM
    4. au回線の格安SIM
    5. ソフトバンク回線の格安SIM
    6. サポートが充実しているか
    7. デュアルSIMのメイン回線は音声通話SIMで
    8. 電波が繋がりやすい格安SIMの見つけ方
    9. これからの格安SIMは4gだけじゃなく5Gに対応しているものを
  7. 【格安SIM/比較】iphoneに最適な格安SIMはこれだ!
    1. iphoneで格安SIMを使うときの注意点
    2. iPhoneのなかでおすすめの端末は…
    3. iPhoneに格安SIMを使うメリット
    4. iPad・ノートパソコンに使うならこの格安SIM
  8. 【格安SIM/比較】AndroidスマホにおすすめなSIMランキング
  9. 【格安SIM/比較】乗り換えの際の注意点や手順
    1. 格安SIM乗り換えの際にまずやること
    2. 自分のスマホと同じキャリア回線を選ぶこと
    3. 格安SIMの契約手続きに必要なもの
    4. 格安SIMに申し込み手続きをする
    5. SIMが届いたらAPN設定が必要な場合も
    6. 格安SIMには縛りや違約金はない場合が多い
  10. 【格安SIM/比較・格安スマホ】MVNOで販売しているスマホ端末はコレが良い!
    1. iPhoneのナンバリング機種
    2. iPhone SE
    3. Galaxyシリーズ
    4. AQUOS端末
    5. OPPO Renoシリーズ
    6. Xiaomi Redmiシリーズ
    7. 格安SIMではリユース端末も取り扱っている
    8. スマホ本体はSIMフリーがおすすめ
    9. androidの中古端末を購入するなら性能などの知識は必須
  11. 【格安SIM/比較】よくある質問
    1. 携帯電話に格安SIMはつかえる?
    2. スマホ本体を替えるときのデータ移行はどうする?
  12. 【格安SIM/比較】キャンペーンでくらべるMVNO
    1. SIMとスマホのセット購入キャンペーンがある格安SIM
    2. 光回線と格安SIMのセット割引キャンペーンがあるのは?
  13. 【格安SIM/比較】通信速度でくらべる格安SIM(スマホ)
    1. 格安SIM 速度の実測は?
    2. 田舎でも速度が落ちることはない?
    3. ”格安SIMにすれば安くなる”は本当?キャリアと比較してみた
  14. 【格安SIM/比較】子供にあってると評判のSIM
    1. 小学生や中学生に持たせるならこの格安SIM
    2. 逆に高齢者におすすめなSIMはある?
  15. 【格安SIM/比較】最新ニュース
    1. 格安SIMの乗り換えが簡単に!ワンストップ制度
  16. 格安SIM・比較のまとめ

【格安SIM/比較】当ブログがおすすめするのはコレ!

これまで色々と格安SIMを使ってきましたが、自分の中で情報が蓄積してきたので、まとめがてら皆様に情報提供しようと思います。

客観的にランキングを付けるとしたら

1位 マイネオ(マイそく1.5mbpsプラン)

2位 各キャリアのオンラインプラン(ahamo povo LINEMO)

3位 リンクスメイト

です。

以下にそれぞれ理由を書いておきます。

1位.mineo(マイネオ) コスパ最強!大体の人はコレでOK

数々の格安SIMを使ってきましたが、現状”最強”と言っても過言ではないのがmineo(マイネオ)です。

マイネオには大きく分けて”マイピタ”と”マイそく”の2つの料金プランがあります。

コスパが良いのはマイそくプランです。

いわゆるデータ容量無制限プランです。

通信速度は4つから選べますが、一番コスパが良いのが1.5mbpsで月990円(税込)のプラン。

「おいおい、1.5って遅すぎだろ!」と思いましたか?

そんなあなたはネット上の情報に踊らされています。

1.5mbpsあればYoutubeもNETFLIXも実は楽勝でみることができます。

以下は僕が検証した動画です。

 

どうです?サクサクでしょ?

動画はサクサクですが、マンガアプリなどは高画質画像が使われているため少し時間がかかります。

しかし、イライラするほどではありませんので他のことをしながら表示されるのを待っていればOKです。

外出先での地図アプリも問題ありません。

マイネオがおすすめじゃない人は、”ゲームを頻繁にやる”、”マイネオを家のネット回線代わりに使おうと思っている人”の2つです。

ゲームってインストール後の初回起動時にゲームのデータを一気に読み込みますが、そこで通信速度と容量が物を言います。

1.5mbpsでは速度が足りず、データのダウンロードがいつまでも終わりません。

ただ家、職場や近所のカフェにwifiが通っていれば、この問題は解消できます。

家のネット回線代わりにするにもちょっと体力不足といった印象ですのでおすすめできません。

逆に、ふだんスマホをネット、メール、ライン、SNS、動画視聴などで使っている方にはマイネオをおすすめできます。

何と言ってもデータ容量を気にせずスマホを使い倒せるのが良いです。

迷ったらマイネオのマイそく1.5mbpsプランで決めて損はしません!

 

 

 

mineo

 

 

 

 

2位.ahamo・povo・LINEMO キャリア並の安心感

厳密に言えば格安SIMでは無いのですが、料金が圧倒的に安いので格安SIM枠で紹介しちゃいます。

この3つのSIMのメリットは「料金は安く抑えたいけど、3大キャリアの安心感は失いたくない」というワガママを叶えてくれる点です。

言わなくてもわかるかもしれませんが、それぞれドコモ、au、ソフトバンクのネット契約専門プランです。

店舗での契約ができない代わりに、人件費や店舗の家賃などを抑えられるため月20GBで3,000円程度の価格を実現しています。

格安SIMの事業者は3大キャリアのどこか(または複数)にお金を払って通信回線を借りてサービスを提供しています。

なので、通信速度が著しく低下する企業もあります。

しかし、ahamo,povo,LINEMOはほぼ自社回線でまかなっているので、通信速度低下を気にせず使えます。

「キャリア並みに安定感のある通信回線だけど月額料金は安い!」といういいとこ取りを実現したのがこの3社です。

いまあなたが使っているのが3大キャリアのどれかなら、そこに合わせたサービスへ乗り換えることをおすすめします。(例:ドコモ→ahamoなど)

現在使っているのが格安SIMならahamoがおすすめです。

ahamoが一番安定しています。

 

ahamo

 

 

LIBMO

 

3位.LINKSMATE(リンクスメイト) 通信の安定性がある

格安SIMに詳しい方なら聞いたことのある名前かもしれません。

あまり詳しくない人からしたら無名も良いところですね。

しかし、リンクスメイトはダークホース中のダークホースといえます。

リンクスメイトは表向きはスマホゲーム特化の格安SIMなのですが、通信回線がめちゃくちゃ安定していることと、料金プランがめちゃくちゃ細かく設定されているのが特徴。

スマホゲームってこまごまと通信しているので、ネット回線の安定度が必要です。

リンクスメイトはソシャゲ特化が売りですので、ここが破綻してはサービスの信頼性が落ちます。

なので、通信回線が安定しているんですよね。

またプランが月100MB~1TBと約40プランに分けられています。

自分似合ったプランが選べるので無駄金を使ってしまうのを節約できます。

またプランによってはゲーム内で使えるアイテムがもらえるようになっています。

ゲームをやる人もやらない人も一度リンクスメイトを試してみると面白いんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

【格安SIM/比較】全格安SIM一覧 最新情報

とりあえず国内でサービスを展開している格安SIMサービス(MVNO)を一挙に紹介します。

特徴と売りのようなものを簡単に紹介しているので、興味があれば詳細を載せた各サービス専用のページも作ったので、そっちをどうぞ。

UQmobile

auのサブブランド的な位置づけの格安SIMです。

CMも話題で、知っている人も多いMVNOでしょう。

au回線を利用したサービスなので、いままでauを使っていた方がそのまま移行することが多いようです。

キャリアからUQモバイルに乗り換えれば月額は安くなりますが、格安SIMの中ではそんなに安くないという感想です。

売りも特に無いんですよね。

「どうせ格安SIMにするなら他にしたほうが良いんじゃ?」という感じです。

ドコモやソフトバンクで買ったスマホで使うとひろえる電波が限られてしまうので、auで買った機種かiphoneなどSIMフリーでドコモ会社の電波でもひろえる機種で使うのが理想です。

 

 

 

UQもバイル

 

 

 

【UQモバイル/評判は悪い?】口コミから分かるメリットと他社との比較

Y!mobile

「たけぇ!”格安”SIMじゃねぇ!」

これが素直な感想です。

ただし、ご家族全員でワイモバイルに変えるなら家族割みたいなもので安くなるのですが、そうやってようやく他の格安SIMと肩を並べられる月額料金になります。

1人で値段を安くするためには色々とソフトバンクのサービスを契約したりする必要があります。

しかし、安くなるのは13ヶ月目までのタイムリミットつきだったりと、いいとこなしです。

ソフトバンク回線の格安SIMを使いたかったらLINEMOやmineoを使ったほうが幸せになれます。

 

 

 

 

 

 

【ワイモバイル/評判】口コミとおすすめな人!悪いレビューや感想だらけ?

IIJmio

おそらく国内でも老舗と言えるほど、前からMVNOとしてサービスを展開している会社です。

いち早く5G通信を提供するなど、最新サービスを提供することにかけてはトップの格安SIMと言えるでしょう。

評価は賛否両論。

「容量が多いのに値段が安い」

「十分速い(通信速度が)」

という意見もあれば、

「遅い」

「サポートがだめ」

という意見もあります。

僕が使った感想では普通に使えていたのでなんの不満もありませんでした。

mineoのプランが自分に合っていたのでそちらに乗り換えてしまったというだけで、ずっと使っていても良いと思えるSIMでした。

 

 

 

iijmio

 

 

 

【IIJmio/評判】良い口コミとデメリット!使い方のレビュー

 

 

 

OCNモバイルONE

※OCNモバイルONEはドコモに吸収され、irumo、eximoに転生しました。

実質、ドコモのサブブランドです。

ドコモショップでも契約できるようになったことで身近になった印象があります。

SIMと端末をセット購入したい人におすすめの格安SIMです。

僕が調べた時点ではセット購入の金額が格安SIM界で最安値です。

 

安い理由は「端末の販売で利益をあげようとしていないから」

OCNモバイルONEの中の人がITmedia mobileのインタビューで語っていました。

iPhoneもAndroidも売っているので、きっとほしいスマホ端末が見つかるはずです。

 

月額料も安く設定されていて、回線も安定のドコモ回線ですから安心です。

これからスマホを使い始めようという人には最適といえる格安SIMです。

 

 

 

【ocnモバイル/評判】おすすめ!実際のユーザーの口コミと評価

 

 

NUROモバイル

NUROモバイルは、お手頃な価格で高品質な通信サービスを提供しています。

月額料金は各種プランによって選べ、データ通信量も幅広いオプションから選択できます。

音声通話プランやデータ専用プラン、データ+SMSプランといった多様なプランラインナップがあり、利用者のニーズに合わせて自由に選ぶことができます。

また、NUROモバイルでは、バリューデータフリーという魅力的なオプションも提供しています。

LINEをはじめとする特定のアプリを利用する際には、データ通信量が消費されず、ストレスフリーな通信が可能です。

さらに、NEOデータフリーでは、ツイッターやインスタグラム、TikTokもデータフリーになります。

NUROモバイルのサービスは、高速かつ安定した通信品質を提供しています。

最新の通信技術に基づいたネットワークインフラを活用し、快適なネットサーフィンやストリーミング、オンラインゲームなどを楽しむことができます。

さらに、解約や乗り換えに関しても柔軟な対応をしています。

解約日や乗り換えの手続きについて、スムーズな移行をサポートしています。

NUROモバイルは、高品質な通信サービス、柔軟なプラン選択、魅力的なオプション、利便性の高い解約・お乗り換え手続きなど、多くの良さを備えた格安SIMサービスです。

あなたの通信ニーズに合わせて、NUROモバイルを選ぶことで、コストパフォーマンスを最大限に引き出せるでしょう。

 

 

 

NUROモバイル

 

 

 

 

イオンモバイル

イオンモバイルは低価格で豊富な料金プランを提供しています。

月額料金プランは税込528円から始まり、最大税込5,588円まで幅広い選択肢があります。

これにより、利用目的や予算に合わせて最適なプランを選ぶことができます。

イオンモバイルはNTTドコモ回線とau回線のマルチキャリア対応をしています。

これは、お客様の利用状況やスマートフォンに合わせて最適なキャリアを選択できるという利点があります。

快適な通信環境を実現するために、エリアや通信品質の面でも充実したサービスを提供しています。

さらに、イオンモバイルでは定額かけ放題のオプションサービスも利用できます。

これは国内通話をよく利用する方に特におすすめです。

イオンでんわを利用することで、国内通話がかけ放題となります。

コミュニケーションを大切にする方にとって、通話料金の心配をすることなくコミュニケーションを楽しむことができます。

イオンモバイルは全国200店舗以上の販売・サポート拠点を展開しており、端末の購入や料金プランの変更、故障修理などのアフターサービスも充実しています。

利用者の皆様に安心してサービスを利用していただけるよう、万全のサポート体制を整えています。

イオンモバイルの申込みは、イオンの店舗およびWebサイトから行うことができます。

また、契約期間にかかわらず音声プランの解約時には解約金がかからないため、自由な乗り換えや機種の変更が可能です。

また、電話番号もそのまま引き継ぐことができますので、お手続きがスムーズです。

以上がイオンモバイルの特徴です。低価格な料金プラン、マルチキャリア対応、定額かけ放題、充実した販売・サポート、自由な乗り換えや機種変更など、利用者の多様なニーズに応える魅力的なサービスです。

 

 

【イオンモバイル/評判】良い?最悪?口コミで分かるおすすめな人

エキサイトモバイル

あまり有名ではないし、評判も良くない。

しかし、僕が使った感じでは”問題なく使える”という格安SIMです。

エキサイトモバイルの特徴は、使った分だけお支払いのあるFitプランと定額料金のFlatプランを提供している点です。

Fitプランでは、毎月のデータ通信量に応じて料金が決まります。

細かな価格設定により、無駄な支出を抑えることができます。

また、低速通信のみや上限までの各プランも選択可能です。

 

Flatプランは定額料金で、事前に決められたデータ通信量を毎月利用できます。

翌月に繰り越すことも可能で、料金を気にせず利用できます。

どちらのプランでも、ドコモ回線を使用し、ユニバーサルサービス料や電話リレーサービス料が料金に含まれています。

これはGoodです。

さらに、追加SIMや追加容量チャージのオプションも用意されています。また、請求金額や通話明細、データ通信量はWEB確認サービスで確認可能です。

これはごくごく一般的ですよね。

エキサイトモバイルは、最低利用期間や解約事務手数料がなく、手続きも簡単です。

スマホ端末も販売されていますが、ちょっと古めのラインナップです。

料金体系が分かりやすく、節約したい方や自分に合ったプランを選びたい方におすすめです。

信頼性の高い通信環境と手厚いサポートも魅力です。ぜひ、お得なエキサイトモバイルで快適なスマホライフをお楽しみください。

 

 

 

エキサイトモバイル

 

 

 

J:COMモバイル

使うには問題ないんだけど、売りがないことがイマイチかな?と感じています。

まず、JCOMモバイルの最大のメリットは、意外と通信品質が良いこととサポートの対応がいいことです。。

さらに、利用者に対して柔軟な料金プランを提供しています。

利用者の予算やニーズに合わせた選択肢があります。

また、通信プランの変更やオプションの追加も比較的容易であり、利用者が柔軟にカスタマイズすることができます。

一方、デメリットとしては、一部地域でのカバレッジの制約が挙げられます。JCOMモバイルは全国的なカバレッジを提供していますが、一部の地域では通信が制限されたり、通信速度が低下する可能性があります。そのため、地理的な制約がある場所での利用には注意が必要です。

また、JCOMモバイルは他の通信事業者と比較して知名度がやや低いため、一部の利用者にとっては信頼性についての不安が生じるかもしれません。

最近はテレビCMを打ったりしているのですが、TVを視聴する人の減少や、そもそもCMをどれ位の人が意識してみているのか?と言った不安はあります。

以上がJCOMモバイルの特徴であり、高速かつ安定した通信品質や柔軟な料金プランなどの利点がありますが、地域制約や知名度の低さといった一部のデメリットも存在します。

自身のニーズや環境に合わせて、JCOMモバイルの利点とデメリットを総合的に考慮し、最適な選択をすることが重要です。

 

 

 

J:COM MOBILE 公式サイトへ

 

 

 

QT mobile

QTモバイルはQTnetが提供するモバイルサービスです。以下にQTモバイルの特徴をまとめました。

【料金・サービス】
– 料金プランはデータ+通話コースとデータコースの2種類があります。
– データ容量に応じて選択できるプランがあり、2GBから30GBまでの幅広い容量が用意されています。
– 九州電力とBBIQをセットで利用すると最大330円/月割引が受けられます。

【端末】
– 端末補償やメールアドレス取得などの基本サービスが無料で提供されています。
– 端末は別途購入が必要であり、自由に選択することができます。

【ショップ】
– オンラインやショップでのご相談が可能です。ショップでは出張店舗も利用できます。

【ご利用の流れ】
– お申込み方法はWebでの申込みとショップでの相談があります。
– 申込みは24時間受け付けており、オンライン相談やチャットでの質問も可能です。

【メリット】
– 料金プランが豊富で、データ容量や通話の利用状況に合わせて選択できます。
– 九州電力とBBIQをセットで利用することで、最大330円/月割引が受けられます。
– 基本サービスが充実しており、端末補償やメールアドレス取得などが無料で提供されます。

【デメリット】
– 通信エリアはNTTドコモのLTEおよび3G回線を使用しますが、通信速度は環境や混雑状況によって変動するため、一定の通信速度が保証されているわけではありません。
– 通信速度の制御があり、通信容量の残量がない状態で一定の通信量を超えると速度制限がかかることがあります。

以上がQTモバイルの特徴です。料金プランの選択肢や九州電力とのセット割引など、利用者のニーズに合わせた選択肢が豊富な点が魅力ですが、通信速度には注意が必要です。詳細な料金やサービス内容については、公式ウェブサイトや

 

 

 

 

DTI SIM

【DTI SIMのメリット】
1. 低価格で利用可能:他の大手携帯電話会社に比べて低価格なプランを提供しています。コストパフォーマンスが高く、通信料金を節約することができます。

2. 幅広いプランの選択肢:さまざまなプランが提供されています。通話やデータ利用量に応じて選択できるため、自分に合ったプランを選ぶことができます。

ただリンクスメイトみたいに大幅に用意されているわけではないんですよね。

3. music.jpがお得に利用可能:DTI SIMユーザーは、音楽ストリーミングサービスであるmusic.jpをお得に利用することができます。特別なキャンペーンや割引が提供されており、音楽を楽しむのに便利です。

【DTI SIMのデメリット】
1. 単純に速度があまり速くない。

普通に使っていても、あれ?と思うときがあります。

昼時(12時から13時ころまで)はどんなSIMでも若干遅くなりますが、ほぼいつでもそんな感じ。

画像満載のサイトなどは表示に少し時間がかかるかもしれません。

 

2.通信容量の制限があります。

格安SIMの黎明期にはどの企業も「直近3日で〇〇MB使ったら速度を制限するよ」という制限がありました。

スマホが多くの人に行き渡るとそんな事も言ってられなくなったので、各社「使いすぎたら速度制限するかも」くらいの文言にするようになりました。

しかし、DTIはいまでも明確に制限することを記載しています。

1GBの契約プランでは「3日間で700MB」
3GBの契約プランでは「3日間で2GB」
5GB/10GBの契約プランでは「3日間で3GB」

以上がDTI SIMの主なメリットとデメリットです。価格面でのお得さや幅広いプランの選択肢、さらに音楽サービスの特典が魅力ですが、カバレッジや通信制限については注意が必要です。

 

 

 

DTI SIM

 

 

 

Nifmo

「安くないなぁ……」

コレが感想の全てです。

むしろ、格安SIMのなかでは高い部類に入ります。

音声通話SIMは3GBの容量で1,760円(税込み) 。

税込み1,000円前後が主流の今となっては安さを感じません。

もちろんキャリアから乗り換えたなら大幅な節約にはなるのですが、もっといい選択肢が複数存在します。

専用アプリが使いやすい、販売している格安スマホ端末が安めというメリットはあるのですが、デメリットのほうが目立ちます。

 

 

 

ニフモって評判いいらしいけど実際どうなのよ?

 

 

日本通信SIM

とにかく独自性が強いSIMです。

他とは違うチャレンジングな格安SIMサービスです。

どんどんサービスの内容を変えていくので面白いです。

通信速度も問題なく、並か並以上に使えます。

ネックは通信回線がドコモだけということです。

auやソフトバンクで買ったスマホで使えないこともないですが、ひろえる電波が違うので100%の性能は発揮できません。

SIMロック解除も必要になるので、SIMフリー端末(iPhoneなど)かドコモで買ったスマホを使うのが良いでしょう。

料金も良心的、速度も問題なし、かけ放題もついている、ahamoにしたくない方の代替案としての最有力候補といえます。

 

 

 

b-mobile

b-mobileの特徴は以下の通りです:

1. どちらかというとデータ通信寄り: プリペイドSIMがプランの多くを占め、そのすべてがデータ通信のみのプランとなっています。通話機能付きのものは従量課金制の1つのみ。

パソコンやポケットwifi、IoT機器に利用しやすい格安SIMといった印象です。

2. データの使い方に自由度が高い: b-mobileでは、データ利用量の上限を1GB単位で設定できます。最低1GBから最大20GBまでのプランがあり、利用者のニーズに合わせて選択することができます。また、20GBを使い切っても低速ながら利用が可能です。

3. 高速なインターネット接続: ドコモ、ソフトバンクの回線を利用しており、高速なインターネット接続を提供しています。これにより、快適なウェブブラウジングやストリーミング、オンラインゲームなどが可能です。

4. 長期利用者向けのオプション: b-mobileでは、長期利用者向けに割引や特典が提供されることがあります。例えば、1年間の契約であれば初期手数料が無料となるなど、利用期間が長いほどお得になる仕組みがあります。

5. 通話アプリやオプションの利用: b-mobileでは、電話アプリを利用することで通話料を節約することができます。アプリを使った通話では、通常の通話料よりも低価格で通話できます。また、5分かけ放題オプションも提供されており、月額料金で5分までの通話が無料となります。

6. シンプルな手続きとオンラインサポート: b-mobileでは、新規契約や料金プランの変更などの手続きをオンライン上で簡単に行うことができます。また、オンラインでのサポートも充実しており、問題や疑問が生じた場合には迅速に対応してもらえます。

以上がb-mobileの主な特徴です。格安な料金プランや自由なデータ利用、高速なインターネット接続など、利用者にとって魅力的な点が多くあります。ただし、サービスの提供エリアやカバレッジについては確認が必要です。

 

 

 

 

【b-mobile/評判】口コミで人気!メリットとデメリットを紹介

mineo

このページの冒頭でも書きましたが、格安SIMで最も推せるのはこのマイネオです。

まず、通常の格安SIMのような料金プラン「マイピタ」とデータ通信無制限SIMの「マイそく」があります。

マイそくの1.5mbpsが神です。

さらに、追加オプションで通話やデータ通信の量をカスタマイズすることも可能です。

マイネオでは、主要な通信回線(ドコモ、au、ソフトバンク)のいずれかを選択して契約することができます。これにより、各キャリアが提供する優れた通信品質とカバレッジを享受しながら、マイネオの手頃な料金プランを利用することができます。

解約に関しては、マイネオでは長期契約や解約手数料の心配はありません。自由度の高いプランを選び、必要に応じて継続利用または解約することができます。解約手続きもオンラインで簡単に行えます。

また、マイネオでは多様な携帯電話端末を取り扱っています。

最新のiPhoneやAndroid機種を含む幅広い選択肢があり、ユーザーの好みや予算に合わせて端末を選ぶことができます。

手頃な料金プラン、自由な契約条件、優れた通信回線、豊富な端末ラインアップといった特徴があります。

使いやすさとコストパフォーマンスを求める方におすすめのサービスです。

 

 

 

mineo

 

 

 

【mineo/評判】マイネオの口コミは最悪?評価とレビュー

BIGLOBEモバイル

以下にBIGLOBEモバイルの概要を説明します。

家族割がある数少ない格安SIMです。複数人で加入するならワイモバイルよりおすすめです。

利用範囲: 日本国内で利用することができるモバイル通信サービスです。海外ローミングも用意医されています。BIGLOBEは、NTTドコモの通信回線を利用してサービスを提供しています。

プランの種類:さまざまな通信プランが用意されています。データ通信専用のプランから、音声通話やデータ通信を組み合わせたプランまで選ぶことができます。利用者の通信量や通話ニーズに合わせて、最適なプランを選ぶことができます。

料金プラン: 料金は、プランやオプションによって異なります。一般的なプランでは、データ通信量や通話時間に応じて料金が設定されています。また、オプションサービスを追加することで、さまざまな機能やサービスを利用することができます。

オプションサービス: さまざまなオプションサービスを提供しています。先ほども説明したように、例えばBIGLOBEメールやBIGLOBEでんわなどの通信サービスや、スマート留守電や割込通話といった便利な機能を追加することができます。

サポート体制: 利用者のサポート体制に力を入れています。ユーザーサポートセンターを通じて、問い合わせやトラブルに対応しています。また、BIGLOBEのウェブサイトやマイページを利用すれば、料金やデータ使用状況の確認などを行うことができます。

以上がBIGLOBEモバイルの概要です。

 

 

 

LIBMO

LIBMOはドコモショップで契約できるようになったので、気軽に乗り換えが出来る点が魅力です。

ドコモではドコモ、OCNモバイルONE、LIBMOの3つのキャリアが契約できることになりますね。

またTLCポイントやdポイントが貯まるのもメリットです。

別に速度も他と変わらないし、どちらかというとライトな使い方をする方におすすめです。

ただ、わざわざLIBMOを選ぶ理由が薄いのが難点です。

料金が特別安いわけでもないのですが、20GBプランが税込1,991円となっているのでahamoの対抗馬という感じです。

安さを取るかサービスの安定を取るか?といったところです。

 

 

 

LIBMO

 

 

 

ロケットモバイル

ロケットモバイルは、法人向けおよび一般向けのモバイル通信サービスを提供しています。

よくある使い方は、低速(200kbps)無制限の神プラン(税込328円)をドローンやセンサー、監視カメラなどIoT機器に入れて利用するというもののようです。

法人コンソールや一般マイページを通じて、簡単かつ便利に契約内容や通信状況を管理することができます。また、導入事例やFAQなど、サービスに関する情報も充実しています。

ロケットモバイルでは、さまざまなプランが用意されています。Dプラン、プランA、プランS、上り専用プラン、通話プランなどから選ぶことができます。各プランには容量や通信速度、月額料金などが異なるため、自分のニーズに合ったプランを選ぶことができます。

さらに、ロケモバWi-Fiというポケット型Wi-Fi(クラウド型)のプランも提供されています。このプランでは、モバイルWi-Fiルーターを利用して、快適なインターネット接続が可能です。ただし、「1年契約プラン」と「縛りなしプラン」には解約に関する条件が異なるため、注意が必要です。

ロケットモバイルの料金体系は、初期費用や解約金、月額料金、高速データ通信チャージ、SMSオプション、国内通話料などが設定されています。各プランやオプションによって異なるため、詳細な料金については公式サイトやお問い合わせ先で確認することをおすすめします。

また、固定IPオプションや安心サポートなどの付加サービスも利用することができます。固定IPオプションには各プランごとに料金や手数料が設定されており、注意が必要です。

ロケットモバイルは、使いやすさや柔軟性、多様なプランの選択肢などを提供しており、さまざまなニーズに対応しています。

公式サイトやお問い合わせ先で詳細な情報を確認し、自分に最適なプランを見つけてみてください。

 

 

 

ロケットモバイル

 

 

 

y.u mobile

YUモバイルは、シンプルで満足度の高い格安SIMサービスです。

選択肢としてアリだと思います。

YUモバイルでは、使い切る前に消滅することのない「永久繰り越し」を提供しています。

これは、使用しなかったデータ容量を次の月に持ち越すことができるため、ギガがムダになることがありません(最大100GBまで)。

さらに、YUモバイルはお客様の安心を重視しており、スマホ修理費用保険を無償で提供しています。年間最大3万円まで補償されるため、万が一の修理にも安心して利用することができます(音声通話SIMをご利用の方が対象です)。

また、一部のプランにはU-NEXTが付属しており、最大20GBのデータ容量とU-NEXTの動画や雑誌が利用できます。270,000本以上の動画が見放題であり、さらに180誌以上の雑誌も読み放題となっています(自社調べ/2023年4月時点)。

YUモバイルでは、初めてのiPhoneや子ども用にお得なリユースiPhoneも提供しています。バッテリーは新品に交換済みであり、品質チェックに加え除菌・抗菌処理も行われています(音声通話SIMへの申し込みが必要です)。

通信速度も安定しており、ユーザー満足度は78%(2022年12月度の調査結果)と高評価です。昼や夕方の時間帯でも快適にスマホを利用することができます。

さらに、YUモバイルはドコモエリアに対応しており、建物の中や地下、山間部や離島まで広範囲にカバーしています。つながりの心配をせずに安心して通信を利用することができます。

YUモバイルは、シンプルかつ満足度の高いサービスを提供し、使い勝手の良い料金プランや充実した特典を提供しています。

申し込み前には不安や疑問について気軽に相談することができる「安心でんわ相談」も受け付けています。

YUモバイルの特徴やサービスは、ユーザーの声から生まれたものであり、ユーザー満足度を追求しています。

速さ・安さ・安心を追求するYUモバイルは、あなたのスマートフォンライフをより充実させること間違いありません。

詳細な料金プランやサービス内容については、YUモバイルの公式ウェブサイトをご覧ください。

 

 

 

LINKSMATE(リンクスメイト)

ゲーム特化と見せかけて、通信の安定性や、多くのプランで格安SIM界の最安値を誇っている点が評価できます。

ドコモ回線しか提供されていないのですが、一番安定しているかなと思うので納得です。

以下LINKSMATEの特徴を羅列しておきます。

リンクスメイトは以下の特徴を持っています。

1. カウントフリーオプションがお得!対象のゲームやコンテンツ、SNSの通信量カウントが90%以上OFFになります。低速状態でも対象の通信は高速のままで、ほとんどの対象ゲームやコンテンツ、SNSを楽しめます。

2. ゲーム連携特典がもらえる!対象ゲームと連携することで素敵な特典を獲得できます。

3. 豊富な料金プランが用意されています。データ通信容量によって38種類のプランがあり、すべてのプランで「カウントフリーオプション」「容量シェア機能」を利用できます。データ通信容量100GB以上のプレミアムプランでは通信が優遇されます。

4. 音声通話+SMS+データ通信のSIMカードで利用可能です。また、最大5回線までの契約が可能で、5G回線オプションも利用できます。

5. 高速データ通信時の最大通信速度は下りで988Mbps、上りで131.3Mbpsです。利用可能エリアによって5G回線を利用することもできます。

6. 支払い方法はクレジットカード支払いとLP支払いの2種類があり、クレジットカードがなくても支払いが可能です。

7. 留守番電話機能や割り込み通話機能、10分かけ放題などのオプションも利用できます。

8. 通信速度状況をリアルタイムにチェックすることができます。NTTドコモの回線を利用しており、どこでもつながる安定性があります。

9. 国内通話料が半額になるサービスも提供されています。

10. データ通信容量をシェアすることができます。1つの契約で複数のSIMを利用して容量をシェアできます。

11. 端末の故障や破損に対して安心サポートがあります。

12. 余った通信容量は翌月に繰り越すことができます。

13. お子さまに安心のフィルタリングアプリを提供しています。

14. 24時間のサポート体制があり、よくある質問やお問い合わせに対応

しています。

15. スマホ一体型のeSIMが利用でき、SIMカードの郵送待ちが不要です。

これらがリンクスメイトの主な特徴です。

 

 

 

 

【リンクスメイト/評判】口コミで分かるおすすめな人・メリット・注意点

 

 

リペアSIM

利用者のニーズに合わせて選べる3つのプランと特典が魅力的な格安SIMです。3つの容量プラン(S、M、L)から選択でき、データ使用量に応じて最適なプランを選ぶことができます。

特に人気なのは、音声通話つき3GBプランで、月額980円(税込)という手頃な価格です。初めて格安SIMを利用する方や他社からの乗り換えを考えている方にとって魅力的な選択肢となっています。

また、お持ちのスマートフォンをそのまま利用できます。スマートフォンのアプリを再インストールする必要もなく、データもそのまま引き継げます。ただし、AndroidスマートフォンやauのiPhoneを使用する場合は、SIMロック解除が必要です。

さらに、通話が多い方には10分かけ放題オプション(月額850円)が提供されています。通話時間が10分以内なら追加料金はかからず、利用者のコミュニケーションニーズに対応しています。

通信エリアは、docomoとSoftbankの日本国内エリアと同等であり、安心して利用することができます。また、余ったデータ量は翌月末まで繰り越せるため、無駄なく利用できます。

さらに嬉しい特典として、契約中は全国のiPhone修理アイサポで修理代金が10%OFFになります。iPhoneの修理が必要な場合でも、割引価格で修理を受けることができます。

リペアSIMでは、これらの特徴に加えて他にもさまざまなサービスやオプションを提供しており、利用者の利便性とコストパフォーマンスを追求しています。詳細な料金プランやお申し込みから利用開始までの流れなど、公式ウェブサイトやお問い合わせ窓口を通じてさらに詳細な情報を入手できます。

 

 

REMOモバイル

REMOモバイルはデータ通信専用の格安SIMです。

音声通話機能のあるSIMは提供していないので注意しましょう。

REMOモバイルは以下のような特徴を持つモバイル通信サービスです:

1. シムフリーかつドコモ回線利用: REMOモバイルはシムフリーの端末を利用することができ、通信はドコモ回線を使用します。ドコモ回線は広範なカバレッジを提供し、高品質な通信が期待できます。

2. データ通信専用: REMOモバイルのSIMカードはデータ通信専用であり、インターネット接続やデータ利用に特化しています。音声通話やSMSには対応していません。

3. フレキシブルなプラン: REMOモバイルでは、利用者のニーズに合わせてさまざまなデータ通信プランを提供しています。データ容量や利用期間に応じたプランを選択できるため、無駄なコストを抑えながら必要な通信環境を確保できます。

4. リモ割の適用: REMOモバイルでは、「リモ割」と呼ばれる特典があります。リモ割を適用することで、一定の条件下でデータ通信プランの料金が割引されるため、経済的にお得に通信を利用することができます。

5. シンプルな手続き: REMOモバイルでは、プラン変更やSIMカードの発行などの手続きをオンライン上で簡単に行うことができます。手続き後は、新しいプランのSIMカードが発送されるため、自宅での受け取りが可能です。

6. 高速通信と低速通信: REMOモバイルでは、データ利用量に応じて通信速度が切り替わります。一定のデータ利用量までは高速通信が提供されますが、上限を超えると低速回線(128kbps以下)に切り替わります。この制限により、通信量の節約やコスト管理が容易になります。

7. カスタマーサポート: REMOモバイルでは、利用者のサポートに力を入れています。お問い合わせやトラブルに対して、専門のカスタマーサポートが迅速かつ丁寧に対応してくれます。

REMOモバイルは、シムフリーかつドコモ回線を利用したデータ通信

専用のモバイルサービスであり、柔軟なプランやリモ割の特典、使いやすい手続き、高速通信と低速通信の切り替えなど、利用者に便利で経済的な通信環境を提供しています。

 

 

X-mobile

エックスモバイルは比較的新しい、格安SIMです。

5分かけ放題つき、データ容量の繰り越し、豊富なプラン、初期事務手数料3,300円と格安SIMの標準的な要素を含んでいます。

iphoneは取り扱っていませんが、Androidスマホは少し取り扱っています。

これからに期待のSIMという感じです。

 

 

 

 

 

 

 

HISモバイル

HISモバイルは通信業界のLCC(Low-Cost Carrier)であり、日本国内で最も低価格を宣言しています。HISモバイルはドコモ回線を利用しており、月額290円(税込)からのプランがあります。このプランではかけ放題が含まれており、オプションとして月額500円(税込)から追加料金でさまざまなサービスを選択できます。通話料は9円/30秒(税込)で、データ追加は200円/1GB(税込)です。

HISモバイルでは解約金や最低利用期間は一切ありません。利用ゼロの月があっても自動解約されません。専用アプリは不要で、通話は安価で高音質のVoLTE(Voice over LTE)が利用できます。また、ショップサポートも提供されており、安心して利用できます。

HISモバイルは海外通信においてもお得なプランが豊富です。また、HIS独自の特典も多数用意されています。格安SIMのプランはシンプルで、自由自在プランやデータ通信のみのプランがあり、月額料金は290円(税込)からとなっています。

さらに、HISモバイルではWi-Fiレンタルやスマホ端末の販売・買取などのサービスも提供しています。海外通信にも対応しており、海外旅行や長期滞在に便利なレンタルWi-FiルーターやプリペイドSIMを提供しています。

HISモバイルは利用者にとって使いやすくお得な選択肢であり、公式サポートページや利用規約などで詳細な情報が提供されています。

 

 

 

HORIE MOBILE

X-mobileと、ホリエモンこと堀江貴文さんのコラボで誕生した格安SIMです。

以下にその特徴や情報をまとめました。

– 既存のスマートフォンの電話番号を引き継ぐことが可能です。
– ネット利用は毎月20GBまで利用可能であり、通話は5分間かけ放題となっています。
– ドコモの通信エリアを利用しているため、広範囲なエリアで通信することができます。
– 他の大手通信事業者と比べても、ドコモの通信エリアを利用しており、店舗での対面サポートも提供しています。
– 平均通信速度は24時間で45Mbpsであり、動画やネット検索などを快適に利用することができます。
– 乗り換え手続きのサポートや修理サービス、データ移行・設定サポートなども提供しており、スマートフォンの初心者にもおすすめです。
-無料特典もあり、ホリエモンチャンネルプレミアムリスナーやお店での特典などがあります。
– 料金プランとしては、月額2,755円(税別)で20GBのデータ通信と5分かけ放題が利用できます。また、さまざまなオプションや追加サービスも選択できます。
– さらに、50GBの大容量プランやモバイルWiFiなども提供予定です。
– これまでの利用者からの声やよくある質問についての情報も公開されています。
– また、法人契約にも対応しており、社員の携帯通信コスト削減や特典の提供などのメリットがあります。

詳細や最新の情報は公式ウェブサイトや店舗で確認することをおすすめします。

 

 

 

センターモバイル

無名ですが、面白い試みをしている格安SIMです。

 

プランと価格(音声SIMプラン):

オタメシ!3GBプラン:月額1,280円(税込1,408円)
ヤスク使える!12GBプラン:月額1,780円(税込1,958円)
普段使いにピッタリ!20GBプラン:月額2,480円(税込2,728円)
タップリ使いたい!50GBプラン:月額3,980円(税込4,378円)

 

特徴:

  • 毎月の携帯料金が最大割引で0円になる
  • 快適な高速通信環境
  • 通話量がお得
  • 安心・安全のdocomo回線を利用
  • 業界初の技術特許出願中
  • 既存のスマートフォンをそのまま使用可能

 

会員専用アプリ「PLAIO」を提供しており、広告を視聴することでポイントを貯め、携帯料金に充てることができます。また、アプリでは毎月の利用料金やデータ残量のチェックも行えます。

店舗では、SIMの契約やお客様のサポートだけでなく、スマホ修理や画面のコーティングも行っています。

 

 

 

センターモバイル

 

 

 

 

メタバースSIM

NTTドコモのXiエリアおよびFOMAエリアに対応したモバイルデータ通信・音声通話サービスです。

プランは音声通話プランのみです。

【基本料金】

  • 5GBプラン: 税込1,760円(税抜1,600円)
  • 24GBプラン: 税込2,728円(税抜2,480円)
  • 50GBプラン: 税込4,378円(税抜3,980円)

 

また、月額料金が無料になる特典があります。

基本料金が2ヶ月無料(申し込み月を含む)さらに3人以上招待成功した場合、基本料金が16ヶ月無料となります。

初期費用が一般的な3,300円(税込)よりも1,100円高いのが玉にキズです。

支払い方法はクレジットカードのみ。

通信がちょっと安定しないかな?という印象です。

これからに期待です。

ahamo

NTTドコモの提供する通信サービスで、以下の特徴があります。

  • プランはわかりやすく1つだけ!20GBのデータ通信量を提供する基本プランです。月額料金は2,970円です。
  • ahamo大盛りというオプションを追加することで、100GBのデータ通信量に増やすことができます。月額料金は4,950円で、テザリングも利用可能です。
  • 基本プランには、国内通話が5分以内なら何回でも無料になるオプションが含まれています。ただし、5分を超える場合は通話料金が発生し、超過料金は22円/30秒です。
  • 海外データ通信も提供しており、20GBまで無料で利用することができます。ただし、15日を超えて海外で利用する場合は速度制限がかかることがあります。
  • 利用料金の支払いには、dカードGOLDを使用すると5GBのデータ量が毎月付与されます。ただし、携帯電話番号を「dカードGOLD」の利用携帯電話番号に登録し、支払い方法を「dカードGOLD」に設定する必要があります。
  • ドコモメール(キャリアメール)は提供されていません。ただし、ドコモのプランからahamoへの変更時に「ドコモメール持ち運び」というオプションを申し込むことで、ドコモメールを引き続き使用することができます。

最新の情報や詳細な料金プランについては、ドコモの公式ウェブサイトやお問い合わせ先で確認することをおすすめします。

 

 

 

ahamo

 

 

 

povo2.0

povoは基本0円で必要なプランやオプションをトッピングして行くことで、料金が発生します。

この、どこともカブらない仕組みが特徴です。

auのオンライン契約専用プランなので、auからの乗り換えがスムーズです。

 

  • POVO2.0では、基本料金がかからず、データや通話をトッピング(追加)できるシステムです。
  • 低容量トッピングやモバイルWi-Fi代わりのトッピングも提供されています。
  • POVO2.0はeSIMにも対応していますが、利用するためには対応端末が必要です。
  • 契約期間の縛りはなく、利用者のライフスタイルに合わせた柔軟なサービスが提供されています。
  • POVO Labでは、キャンペーンやおトク情報、スマホに関する情報が提供されています。
  • 最新のトピックスでは、MNPのワンストップ対応やコラボ企画、キャンペーン情報が掲載されています。
  • POVO2.0の利用に関するお手続きやよくある質問についてもサポートが提供されています。

0円で利用することもできますが、電話、メール以外は使えないような通信速度ですので、トッピング必須でしょう。

 

povo2.0公式サイト

 

 

 

【povo/評判】実際どう?au→povo2.0の口コミ・注意点

LINEMO

LINEMOはシンプルな2つのプランとLINEの通信量が消費されないカウントフリーが特徴です。

LINEによるギガ消費が抑えられます。

 

口コミ:

LINEMOは他のキャリアと比べて、地下街やビルの中でも繋がりやすいと評判です。

また、料金が安く、混雑する時間帯でも問題なく使用できるとの声があります。

さらに、LINEMOは通信品質が大手キャリアと同等でありながら、料金が安いことやLINEアプリ内で無料で使えるスタンプがあることも魅力とされています。

また、通信制限がかかっても快適に使えるという意見もあります。

 

料金プラン:

LINEMOでは20GBのスマホプランや3GBのミニプランなど、使い方に合わせたプランを選ぶことができます。

スマホプランではLINEスタンププレミアム(ベーシックコース)を追加料金なしで利用できる特典もあります。

 

キャンペーン:

LINEMOではさまざまなキャンペーンが実施されています。

例えば、PayPayポイントをプレゼントするキャンペーンや通話オプションの割引キャンペーンなどがあります。

 

 

 

LINEMO

 

 

 

【LINEMO/評判】最悪?おすすめ?ユーザーの評価と感想

楽天モバイル

限られた価格で無制限にデータ通信出来るのが魅力です。

しかし、通話やデータ通信の安定性がイマイチです。

都市部の方にはある程度進められるのですが、すべての方に手放しで「おすすめです」とは現状では言えません。

楽天経済圏で生活している方には還元ポイントが最大+3倍になるのでお得といえます。

プラン料金:

Rakuten UN-LIMIT VIIは、4Gおよび5G共通のプランですが、5Gサービスは一部エリアのみ提供されています。
データ利用量に応じた月額料金があります。
3GBまでの場合: 980円(税込1,078円)
20GBまでの場合: 1,980円(税込2,178円)
無制限の場合: 2,980円(税込3,278円)※楽天回線エリア外は最大1Mbpsで使い放題
2023年6月1日からはパートナー回線でも無制限使用が可能になります。

音声通話/SMS:

Rakuten Linkアプリを使用する場合、Rakuten Link同士の通話およびメッセージは無料です。
Rakuten Link以外の場合は別途料金がかかります。
OS標準の電話アプリを使用する場合、国内通話は30秒20円(税込22円)です。また、15分通話かけ放題のオプションサービスもあります。

楽天ポイントの利用:

  • 楽天ポイントを利用して製品購入や月々の支払いが可能です。
  • 1ポイント=1円として利用できますが、月々のお支払いに口座振替を指定した場合は利用できません。

 

都市部の方、楽天経済圏の方、デュアルSIMのサブといった用途なら使ってもいいでしょう。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイルの評判】評価・口コミ・感想とおすすめな人

 

【格安SIM/比較】月額料金ランキング・比較表!”最安”で選ぶと後悔する?

格安SIMを料金プランごとに比較してみました。

音声通話SIM、データSIM、〇〇GBプランなど項目ごとに比較をしてみたので、役に立つはずです。

格安SIMで人気の料金プランは?

MM総研さんの調査によると、”月間データ通信量は平均8.95GB、中央値 3GBで、回答者の58.7%が3GB以下の通信量”となっています。

スマホ利用者の6割の人が月に3ギガのデータ通信量があれば十分ということになります。

動画やSNSを日常的に使うのであれば10GB以上のプランがあると安心ということになります。

自分がどの程度スマホを利用するのか考えてプランの選択をしましょう。

音声通話SIMでおすすめの格安SIM

21年のデータなので多少古いのですが、音声通話SIMかつ3GBプランの契約者数が多い格安SIMは……

  1. IIJmio(アイアイジェイミオ)
  2. LINEモバイル
  3. UQモバイル

となります。

LINEモバイルはLINEMOへと変わり、一層使いやすくなりました。

ドコモ回線が好きならIIJmio。

ソフトバンクびいきならLINEMO。

au回線を使っているならUQ mobileという感じでしょうか?

上記のデータはあくまでも契約者数が多い順で紹介しています。

契約している人が満足しているかは別ですので注意しましょう。

僕個人のおすすめはこのページの一番上で紹介したとおりです。

データ通信のみ(データ専用)のSIMで人気の格安SIM

ここでは価格.comの格安SIMランキングを流用させてもらいます。

1位から5位までは以下の通り

格安SIM名プラン月額回線
1位mineoマイそく1.5mbps990円ドコモ
2位IIJmio20GB従量制528円~4,730au
3位IIJmioギガプラン2GB440円(eSIM)ドコモ
4位HISモバイルピタッ!プラン 30GB段階制198円~5,775円ドコモ
5位mineoマイピタ 1GB880円ドコモ

 

mineoの実力が認められ始めていますね。

IIJmioは格安SIM業界では老舗ですので、安定の人気といったところでしょうか?

意外なのがHISモバイルです。

あまり有名ではないと思うのですが、皆さん色々と調べて自分の用途にあった格安SIMを選んでいるようですね。

容量3GBの格安SIMを安い順で紹介

「安さは正義!」といったところで、単純に安さで3GBプランの比較をしてみたいと思います。

 

音声通話SIM
格安SIM名月額(税込み)
1位HISモバイル770円
2位NUROモバイル792円
3位
イオンモバイル
(音声やさしいプラン)
858円
4位エキサイトモバイル fit880円
5位リンクスメイト902円

 

データ+SMS SIM
格安SIM名月額(税込み)
1位HISモバイル630円
2位リンクスメイト682円
3位エキサイトモバイル fitプラン690円
4位リペアSIM770円
5位NUROモバイル792円

 

データ通信SIM
格安SIM名月額(税込み)
1位リンクスメイト550円
2位HISモバイル580円
3位REMOモバイル590円
4位リペアSIM620円
5位NUROモバイル627円

価格だけで言えばここで出てきたものから選べば幸せになれそうです。

しかし、なかには評判の良くないものもあります。

ここで挙がった格安SIMで選んでも良いのはリンクスメイト、HISモバイル、リペアSIMの3つです。

他はあまり通信速度が出ないし、安定もしていません。

あまり価格差はないので、最安値をムリに選ばず”使える”格安SIMを使いましょう。

5GB前後のプランで一番安い格安SIMはコレ

次は5GBプランのなかで安く使える格安SIMを見ていきましょう。

音声通話SIM
格安SIM名月額(税込み)
1位NUROモバイル990円
2位y.u mobile1,070円
3位リンクスメイト1,210円
4位
イオンモバイル
音声さいてきプラン
1,298円
5位エキサイトモバイル fit1,430円

 

データ+SMS SIM
格安SIM名月額(税込み)
1位y.u mobile800円
2位iijmio970円
3位リンクスメイト990円
NUROモバイル
4位mineo マイピタプラン1,265円
5位ロケットモバイル Aプラン1,320円

 

3位は同じ990円で2つの格安SIMが該当しました。

 

データ通信SIM
格安SIM名月額(税込み)
1位NUROモバイル825円
2位リンクスメイト858円
3位iijmio900円
4位y.u mobile932円
5位イオンモバイル1,078円

IIJmio、リンクスメイト、mineoのいずれかから選ぶと良いでしょう。

IIJとmineoはドコモ、ソフトバンク、auすべての回線を提供しています。

どんなスマホを使っていても、SIMロック解除なしで使えるということなので、手軽に乗り換えがしやすいのがメリットです。

 

10GBくらいのプランで月額が最安値のMVNO

格安SIM利用者の約7割は10GBの容量があれば、1ヶ月の通信量は事足りるという調査結果が出ています。

 

音声通話SIM
格安SIM名月額(税込み)
1位NUROモバイル1,485円
2位リペアSIM1,680円
3位OCNモバイルONE1,760円
4位
イオンモバイル 音声さいてきプラン
1,848円
5位リンクスメイト1,870円

 

データ+SMS SIM
格安SIM名月額(税込み)
1位リペアSIM1,430円
2位iijmio1,470円
3位NUROモバイル1,485円
4位リンクスメイト1,650円
5位mineo マイピタ1,705円

 

データ通信SIM
格安SIM名月額(税込み)
1位リペアSIM1,280円
2位NUROモバイル1,320円
3位iijmio1,400円
4位リンクスメイト1,518円
5位OCNモバイルONE1,628円
イオンモバイル

データ通信のみのSIMの5位は料金が同じなので、2つの格安SIMがランクインです。

 

20GBで月々の値段が安いのはコレ!

格安SIMの激戦区です。

ahamoが20GBプラン一本勝負を始めたことで、”ここが狙い目”と各社いっせいにこのプランを用意しました。

データ容量が無制限の格安SIMでおすすめのもの

 

音声通話SIM
格安SIM名月額(税込み)最大通信速度
1位mineo マイそく スーパライト250円32kbps
2位povo330円/24時間povoの高速回線
3位ロケットモバイル Dプラン490円200kbps
4位エキサイトモバイル fit 最大200kbps495円200kbps
5位エキサイトモバイル Flat660円200kbps
mineo マイそく ライト300kbps
番外mineo マイそく スタンダード990円1.5mbps

データ通信無制限の格安SIMの使い方によりますが、メインのSIMカードとして使うのなら番外のmineoスタンダードを選んでください。

他のは遅すぎて使い物になりません。

povoは速いのですが、24時間毎に330円払うことになるので、1ヶ月使おうとすると1万円近くになります。

1.5mbpsあればYoutubeなどの動画もらくらく見ることができますし、他のアプリを使う上でも全く問題ありません。

本当に電話とメールしか使わないのであれば他のを選んでも問題はありません。

しかし、多くの人には1.5mbpsの速度が必要でしょう。

データ+SMS SIM
格安SIM名月額(税込み)最大通信速度
1位ロケットモバイル Aプラン328円200kbps
2位povo330円/24時間povoの高速回線
3位エキサイトモバイル Fit462円200kbps
4位ロケットモバイル Dプラン493円200kbps
5位エキサイトモバイル Flat627円200kbps

 

データ通信のみSIM
格安SIM名月額(税込み)最大通信速度
1位ロケットモバイル Dプラン328円200kbps
2位ロケットモバイル Aプラン328円200kbps
3位povo330円(1日)povoの高速回線
4位エキサイトモバイル fit385円200kbps
5位ロケットモバイル Sプラン438円200kbps

データ+SMS、データ通信のみ両方ともmineoは入っていませんが、無制限SIMなら間違いなくmineo一択です。

スタンダード(1.5mbps・990円)かプレミアム(3Mbps・2200円)を選びましょう。

他の低速で無制限のSIMはスマホをほぼ使わない人か、監視カメラなどあまり速度が要求されない機器に使うのがいいです。

 

口座振替での支払いが可能な格安SIM

クレジットカードを持っていなくても契約できるのが口座振替に対応している格安SIMの魅力です。

名前備考
UQ mobile
Y!mobile
QT mobile
DTI SIM
mineo
デビットカードもOK
biglobeモバイル
データ通信SIMのみ口座振替に対応
X-mobile
ahamo
LINEMO
楽天モバイルデビットカード、楽天ポイントでも支払い可
HORIE MOBILEただし店舗のみ 初期費用が550円アップしてしまう

 

 

【格安SIM/比較】そもそも格安SIMとは?サービス内容と回線

格安SIMは手頃な価格で通信サービスを提供する選択肢です。

この記事では、格安SIMのサービス内容と回線について詳しく解説します。

格安SIMを使うことで得られるメリットは、通信費を削減しながら高品質な通信サービスを受ける方法を知ることです。

格安SIMは他の大手通信会社と比べて低価格なプランを提供しており、料金プランやカバレッジ、サービス品質などの要素を比較することで、自分に最適な選択肢を見つけることができます。

また、大手キャリアにはない独自のサービスを提供している格安SIMもあります。

そういったところが選ぶポイントになったりします。

格安SIMは、費用対効果に優れた通信サービスを求めるユーザーにとって魅力的な選択肢です。

この記事を通じて、格安SIMの魅力的な特徴と選び方について詳しく知ることができます。

 

 

【比較?】格安SIMと格安スマホとMVNOの違いとは

最初にざっくり説明します。

格安SIM = 低価格で使えるSIMカードのこと。

格安スマホ = 低価格帯のスマホ端末本体のこと。しばしば格安SIMと同じ意味で使われる

MVNO = 格安SIMサービスを提供している事業者のこと

 

格安SIM、格安スマホ、およびMVNO(仮想移動体通信事業者)の違いについて比較しましょう。

格安SIMは、他の通信事業者の回線を利用して提供される低価格のSIMカードです。

一方、格安スマホは、通信事業者が自社・他社ブランドで販売する低価格のスマートフォンを指します。

MVNOは、仮想的なネットワークインフラストラクチャを使用してサービスを提供する事業者です。

格安SIMは、通信プランの選択肢が多く、個別に契約するため、自由度が高いです。

格安スマホは、端末と通信プランがセットになっており、初期費用が抑えられるメリットがあります。

MVNOは、格安SIMを提供する事業者の一種であり、通信インフラを共有しているため、月額料金が比較的低価格です。

利用者は、自身のニーズや予算に合わせて選択する必要があります。

格安SIMは、スマートフォンのSIMカードを差し替えるだけで利用できるため、既存のスマホとの組み合わせが可能です。

一方、格安スマホは、初めからセットで提供されるため、手続きが簡単です。

MVNOは、通信事業者とは異なるサービス提供形態ですが、通信品質やエリアカバレッジなどを確認することも重要です。

格安SIM、格安スマホ、MVNOは、それぞれメリットや利点がありますが、自身のニーズに合わせて比較検討することが重要です。

通信料金、通信速度、エリアカバレッジ、サポート体制などを考慮し、最適な選択肢を見つけましょう。

格安SIMとはキャリア回線を借りて提供されているサービス

格安SIMは、主要なキャリア(通信事業者)の回線を借りて提供される通信サービスです。

これにより、利用者は高品質な通信インフラストラクチャを利用しながら、より低価格で通信を行うことができます。

利用者は、格安SIMを選択する際に、自身のスマホや通信プランの互換性を確認する必要があります。

通常、契約手続きでは、新しいSIMカードの申し込みや受け取り、既存の電話番号の移行(MNP)などが含まれます。

一部の格安SIMプロバイダは、オンラインや実店舗での申し込みが可能で、手続きが簡単で便利です。

格安SIMを利用することで、月額料金やデータ容量の制限などが通常よりも低価格で提供されます。

また、通話料やSMSの料金も割安な場合があります。

ただし、通信速度やエリアカバレッジには制限がある場合もありますので、これらも検討する必要があります。

格安SIMは、利用者が自由に選択できるプランやオプションも提供しており、利用者にとって柔軟性が高い選択肢となっています。

格安SIMは、通信事業者の提供する基本的な機能を提供しながら、より低価格で利用できるため、多くの人々にとって魅力的な選択肢となっています。

【格安SIM/比較】メリットとデメリット

格安SIMは毎月のスマホ代が安くなる一方、昼時など使う人の多い時間帯などでは通信速度が下がる場合もあります。

何にでもメリットとデメリットは存在しますが、格安SIMも例外ではありません。

ここではメリットとデメリットを紹介します。

格安SIMのデメリット1.キャリアと比べると通信速度が低下する場合がある

格安SIMのデメリットの一つは、キャリアと比べると通信速度が低下する場合があることです。

大手キャリアは高速な通信回線を持っているため、通信速度が安定していますが、格安SIMはキャリア回線を借りているため、通信速度が制限されることがあります。

通信速度の低下は、特に混雑した時間帯や人気のあるエリアで顕著に現れることがあります。

ネットや動画視聴などデータ通信を多く利用する場合、速度が低下することで快適な通信が難しくなる可能性があります。

しかし、格安SIMの通信速度の低下は全ての利用者に当てはまるわけではありません。

エリアや時間帯によっても変動するため、利用者によっては問題なく利用できる場合もあります。

通信速度が重要な利用者にとっては、事前に速度制限や通信状況を確認し、自身の利用状況に合ったプランを選ぶことが重要です。

また、MVNO(仮想移動体通信事業者)によっては、高速通信に対応したオプションを提供している場合もあります。

総合的に考えると、格安SIMの通信速度の低下はデメリットの一つですが、料金の削減や自由なプラン選択のメリットと比較して検討する必要があります。

利用者は自身の利用ニーズと予算を考慮し、格安SIMのデメリットとメリットをバランス良く判断することが大切です。

格安SIMデメリット2.自分で申し込み手続きができない場合、おすすめしない人

格安SIMを利用する際、自分で申し込み手続きができない場合はおすすめしません。

申し込み手続きはオンラインや専用アプリを通じて行われることが一般的であり、必要な情報を入力し契約手続きを完了させる必要があります。

申し込み手続きには、個人情報や契約内容に関する詳細な入力が求められます。

また、SIMカードの設定や端末のセットアップなども自分で行う必要があります。

これらの手続きが難しい場合や不安がある場合は、オンラインでの申し込みや設定が苦手な方にとっては利用が難しいかもしれません。

そのような場合は、直営店舗や取扱い店舗での申し込みを検討することもできます。

店舗のスタッフが手続きや設定を代行してくれるため、安心して利用することができます。

しかし、店舗での申し込み手続きは時間や場所に制約があるため、自由度や利便性はオンライン申し込みに比べて低いかもしれません。

利用者は自身の事情や要件に合わせて、申し込み手続きが自分でできるかどうかを考慮し、最適な選択をすることが重要です。

格安SIMのデメリット3.支払いは基本クレジットカード、たまに口座振替

格安SIMのデメリットの一つは、支払い方法が基本的にクレジットカードであり、たまに口座振替を利用する場合もある点です。格安SIM事業者は多くがオンラインでの契約手続きを行っており、その際にはクレジットカード情報の入力が必要です。

クレジットカードを持っていない場合や、クレジットカードの利用に抵抗感がある場合は、格安SIMを利用することが難しくなります。ただし、一部の格安SIM事業者では口座振替を選択することもできますが、その選択肢は限られています。

また、口座振替を利用する際には、手続きや設定が必要な場合があります。手続きの手間や時間を考慮する必要があります。

支払い方法が限られているため、クレジットカードや口座振替が利用できない場合は、別の支払い方法を選択する必要があります。例えば、プリペイドカードを利用する方法や、代理店や店舗で現金での支払いをする方法などが考えられます。

格安SIMを選ぶ際には、自身の支払い方法に合わせて事前に確認し、選択肢を考慮することが重要です。

格安SIMのデメリット4.実店舗がない場合が多いためサポートが弱い

格安SIMのデメリットの一つは、実店舗がない場合が多く、サポートが弱いという点です。多くの格安SIM事業者はオンライン上で契約や手続きを行っており、実店舗を持っていないため、直接店舗に足を運んでサポートを受けることができません。

もし問題や不具合が生じた場合、オンラインや電話でのサポートがメインとなります。しかし、一部の格安SIM事業者はサポート体制が充実しておらず、応答が遅かったり、問題解決までに時間がかかることがあります。

特に初めて格安SIMを利用する人や、スマホに関する知識が乏しい人にとっては、実店舗での対面サポートが安心できる場合があります。しかし、実店舗がないため、直接的なサポートを受けることが難しいのが現状です。

格安SIMを利用する際は、サポート体制についても事前に確認し、問題や不明点が生じた場合に備えて対応策を考える必要があります。オンライン上での情報収集やコミュニティの活用など、自己解決やユーザー間の情報共有も重要な要素となります。

格安SIMのデメリット5.携帯キャリアで使っていた決済サービスが使えなくなる

格安SIMのデメリットの一つは、携帯キャリアで使っていた決済サービスが使えなくなることです。

多くの携帯キャリアは、独自の決済サービスやキャリアメールを提供していますが、格安SIMに乗り換えるとこれらのサービスが利用できなくなる可能性があります。

例えば、キャリア決済を利用していた場合、定期的な料金の支払いやアプリ内での商品購入などがスムーズに行えましたが、格安SIMに切り替えると、その決済手段が使用できなくなります。

また、キャリアメールも利用できなくなるため、メールアドレスの変更やメールの受信に関しても調整が必要となります。

このようなデメリットを避けるためには、格安SIMに乗り換える前に、自身が利用している決済サービスやメールアドレスの移行先を確認する必要があります。

代替の決済サービスやメールアドレスを用意するか、他のオンラインサービスに移行することが選択肢となるでしょう。

一方で、格安SIMには他の決済サービスやメールサービスを利用できるメリットもありますので、自身の利用状況や重要なサービスに依存しているかどうかを考慮し、切り替えの際には慎重な検討が必要です。

格安SIMのデメリット6.自分でAPNの設定しなければいけない場合がある

格安SIMのデメリット6、それは自分でAPN(Access Point Name)の設定を行わなければならない場合があることです。

セット購入すると、あらかじめAPN設定をしてから送ってくれる格安SIMもあります。

APNは、スマホやタブレットなどのデバイスが通信ネットワークに接続するための設定情報であり、正確な設定が必要です。

通常、大手キャリアでは端末を購入する際にAPN設定が自動的に行われますが、格安SIMでは自分で設定する必要があります。

APN設定には、モバイルデータ通信の接続先やセキュリティ設定などが含まれており、正確な情報を入力する必要があります。

APN設定の方法は、各格安SIM事業者やデバイスによって異なる場合がありますが、一般的には設定アプリやデバイスの設定メニューから行います。

正確な設定情報を入手し、手順に従って設定を行う必要があります。

自分でAPNの設定を行うことにより、正しい接続が確立されるため、通信速度や安定性が向上することもあります。

ただし、設定が間違っていると通信できないなどの問題が発生する可能性もあるため、注意が必要です。

APNの設定は初めての方にとってはやや手間がかかるかもしれませんが、インターネット上には詳しい設定手順やサポート情報が豊富にあります。

必要な情報を入手し、正確な設定を行うことで、格安SIMをスムーズに利用することができます。

格安SIMのデメリット7.LINEの年齢確認・ID検索ができない物が多い

LINEの年齢確認やID検索ができないのは、格安SIMのデメリットといえます。

LINEは、メッセージや通話、SNSの機能を提供する人気のあるアプリですが、一部の格安SIMでは年齢確認やID検索などの機能が制限されています。

一部、年齢認証の出来る格安SIMもあります。

  • ahamo
  • LINEMO
  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • イオンモバイル
  • IIJmio
  • mineo

 

年齢確認は、特定のコンテンツやサービスを利用する際に必要となる場合があります。

しかし、一部の格安SIMでは、年齢確認に必要な情報を提供することができないため、関連するコンテンツやサービスの利用が制限される場合があります。

また、ID検索も制限されることがあります。

LINEのID検索は、友達や知り合いのIDを検索して追加する機能ですが、一部の格安SIMではこの機能が制限されているため、直接IDでの検索ができない場合があります。

これらの制限は、格安SIM事業者やプランによって異なる場合があります。利用者は契約前に事前に注意点や制限事項を確認し、自身の利用目的に合ったプランを選択する必要があります。

ただし、LINEの基本的なメッセージや通話の機能は制限されることなく利用することができます。

年齢確認やID検索に依存せずに、友人や家族とのコミュニケーションを楽しむことは可能です。

格安SIMを選ぶ際には、料金や通信速度だけでなく、アプリやサービスの利用制限についても注意深く検討することが重要です。

自身の利用スタイルやニーズに合ったプランを選択し、メリットとデメリットを比較した上で最適な選択をすることがおすすめです。

格安SIMのデメリット8.家族割オプションが有るMVNOが少ない

家族割オプションがあるMVNO(仮想移動体通信事業者)が少ないのは、格安SIMのデメリットの一つです。

家族割オプションは、複数の家族メンバーが同じMVNOを利用する場合に、料金を割引して提供するサービスです。

しかし、家族割オプションを提供しているMVNOは比較的少ないです。

一部の大手キャリアでは家族割オプションが充実しており、家族全員で利用料金を節約することができます。

しかし、格安SIMを提供するMVNOでは家族割オプションが限定的であることが多いです。

家族割オプションは、例えば複数のスマホを契約する家族がある場合に特に効果的です。

家族割オプションを利用すると、追加のプランや契約手続きをすることなく、家族メンバー全員が割引料金で利用できます。

家族割オプションがない場合、家族全員が個別にプランを契約する必要があり、それぞれの料金がかかることになります。

このため、家族割オプションの提供が少ないMVNOでは、家族での利用時には費用面でのデメリットが生じることがあります。

家族での利用を検討する場合には、MVNOの家族割オプションの有無や内容を確認することが重要です。

家族割オプションが利用できる場合、複数の人数での契約によってさらなる節約効果が期待できます。

ただし、家族割オプションがないMVNOでも、他の面でのメリットや料金の安さなどを総合的に考慮し、利用プランを選択することが大切です。

各MVNOの公式ウェブサイトや取扱店舗にて詳細を確認し、自身の利用状況やニーズに合ったプランを選ぶことをおすすめします。

格安SIMのデメリット9.災害時に使える伝言板サービスがない

災害時には通信網が混雑し、通話やメッセージの送信が難しくなることがあります。

そんな時には伝言板サービスが役立ちます。

伝言板サービスは、災害時に安否確認や連絡を取り合うためのメッセージを掲示する場所です。

一般的には、災害時に特設されたウェブサイトやアプリを通じて利用することができます。

しかし、一部の格安SIMではこのような伝言板サービスが提供されていないため、利用者は他の手段で安否確認や連絡を取る必要があります。

災害時には通信網が過負荷になる可能性が高いため、伝言板サービスは重要な役割を果たします。特に家族や友人との連絡を取りたい場合や、安否情報を伝えたい場合には、伝言板サービスが頼りになる存在です。

しかし、一部の格安SIMではこのサービスが利用できないため、その点はデメリットと言えます。

災害時における通信インフラの重要性は言うまでもありません。

安心して利用できる通信手段を確保するためには、伝言板サービスの提供有無も検討材料となります。

格安SIMを利用する際には、災害時の緊急連絡手段として伝言板サービスが提供されているかどうかを確認し、自身の安全面を考慮した選択を行うことが重要です。

格安SIMのメリット1.月額プランがシンプルでわかりやすい

格安SIMのメリットの一つは、月額プランがシンプルでわかりやすいことです。

通常、格安SIMでは複雑な料金プランやオプションが少なく、基本的なプランが提供されています。

月額プランのシンプルさは利用者にとって利便性が高いです。

料金や容量、通信速度など、必要な情報が明確に記載されており、どのプランが自分に最適か簡単に選ぶことができます。

また、追加料金や制限がない放題プランも多く提供されており、使い放題で通信を楽しむことができます。

シンプルな月額プランは、利用者にとっても契約手続きが簡単です。

申し込みや解約もオンラインで簡単に行えるため、面倒な手続きや店舗への訪問が必要ありません。

また、契約内容の変更やプランの切り替えも柔軟に行えるため、自分の利用状況に合わせて柔軟にプランを選択することができます。

格安SIMのシンプルな月額プランは、使いやすさと利便性を提供しています。

複雑な料金体系や細かいオプションに悩まされることなく、必要な通信を手頃な価格で利用できるため、利用者にとって魅力的な選択肢となっています。

格安SIMのメリット2.基本料金が安い・激安

 

格安SIMのもう一つのメリットは、基本料金が安く、激安であることです。通常のキャリアと比較して、格安SIMは月額料金が非常にリーズナブルです。

格安SIMの基本料金は、低価格でありながら必要な機能や通信速度を提供しています。多くの格安SIMプランでは、数GBから大容量のデータ通信を利用できるプランがあります。これにより、ウェブサイトの閲覧、SNSの利用、動画の視聴など、さまざまなオンラインアクティビティを快適に楽しむことができます。

また、格安SIMでは特典やキャンペーンも豊富に提供されています。キャッシュバックや割引、増量などの特典が付いたプランもあり、よりお得に利用することができます。

格安SIMの基本料金の安さは、利用者にとって経済的なメリットをもたらします。毎月の費用を抑えることができるため、節約や予算の管理に役立ちます。さらに、格安SIMは長期的な利用においても費用を抑えることができるため、継続的な利用者にとっても魅力的な選択肢となっています。

基本料金の安さと激安性は、格安SIMの最大の魅力の一つです。高品質な通信サービスを低価格で利用できるため、多くの人々が格安SIMを選択しています。

格安SIMのメリット3.キャンペーンの種類が多い

格安SIMのさらなるメリットとして、豊富なキャンペーンの種類が挙げられます。

格安SIMプロバイダは、新規契約やMNP(番号ポータビリティ)乗り換えなどの利用者を対象に、さまざまなキャンペーンを展開しています。

例えば、キャッシュバックや割引などの料金面の特典があるキャンペーンが多くあります。

また、初期費用の無料化や端末のセット割引などのオプションも提供されています。

これらのキャンペーンを活用することで、格安SIMをよりお得に利用することができます。

さらに、期間限定の特別キャンペーンも頻繁に行われています。例えば、月額料金の割引やデータ容量の増量など、期間中に利用することで特典を受けられる場合があります。

これにより、短期間でより多くのメリットを享受することができます。

格安SIMプロバイダは競争が激しいため、キャンペーンの種類や内容も多岐にわたります。

利用者は自身のニーズに合ったキャンペーンを選ぶことができ、最適なプランを見つけることができます。

キャンペーンの種類が豊富な格安SIMは、他のプロバイダに比べてさまざまな特典を提供しています。

利用者は定期的にキャンペーン情報をチェックし、お得なキャンペーンを活用することで、より満足度の高い利用ができます。

格安SIMのメリット4.独自オプションなど付加価値が高い

格安SIMプロバイダは、他社との差別化を図るために様々な特別なオプションを提供しています。

例えば、高速通信の追加オプションや通話料無料のオプションなど、利用者のニーズに合わせた柔軟なプランが用意されています。

また、一部プロバイダでは、特定のSNSや動画サービスの通信量を無料で利用できるオプションも提供されています。

これにより、利用者は自身の利用スタイルに合わせて、より快適な通信環境を選ぶことができます。

さらに、格安SIMプロバイダは新しい技術やサービスを積極的に導入しています。

例えば、5G対応のオプションやeSIMの利用など、最新のトレンドに対応したサービスが提供されています。

これにより、利用者は最新の通信技術を利用しながら、より高品質な通信体験を享受することができます。

格安SIMプロバイダは競争が激しいため、他社との差別化を図るために独自のオプションや付加価値を提供しています。

利用者は自身のニーズに合わせたオプションを選ぶことで、より充実した通信環境を手に入れることができます。

格安SIMのメリット5.じつはキャリアメールも使える

キャリアメールの持ち運びサービスは、ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルが提供しているサービスで、他のキャリアに乗り換えてもメールアドレスを引き継いで使えるものです。

これは格安SIMへの乗り換えの例外ではありません。

各キャリアごとに料金や開始日が異なります。ドコモは月額330円で、auは月額330円、ソフトバンクとワイモバイルは年間3,300円(後に月額330円に変更予定)です。

楽天モバイルはまだサービスが発表されていません。

このサービスを利用することで、登録しているサイトのメールアドレスを変更する手間が省けますし、クラウド上に保管しているメールデータもそのまま残すことができます。

ただし、ドコモからahamoに乗り換える場合は、プラン変更と同時に申し込む必要があります。

格安SIMのメリット6.今使っている端末をそのまま使用できるのでお得

格安SIMを利用する際には、スマホのプランや料金、通信速度などを気にする必要がありますが、現在の端末をそのまま使えるため、お得感があります。

例えば、iPhoneやAndroidなど、どの機種でも対応しています。

いちいちスマホ本体を買い替える必要がないのです。

格安SIMへの乗り換えでは、MNP(番号ポータビリティ)と呼ばれる手続きを行います。

これにより、通話やデータ通信に使用している電話番号を引き継ぐことができます。

そのため、友人や家族との連絡先を変更する必要がなくなり、SNSやメールなどの連絡手段もそのまま利用できます。

さらに、今まで使っていた端末には、すでに必要なアプリや設定が済んでいることもあります。

そのまま使えるため、新たに手続きや設定をする必要がなく、簡単に格安SIMへの移行が可能です。

このように、格安SIMでは現在使用中の端末をそのまま利用できるため、手続きの手間や時間を省くことができます。

また、新しい端末を購入する必要もなく、費用を節約できます。

お得に通信を楽しみたい方には、格安SIMの利用がオススメです。

格安SIMのメリット7.プランの変更やデータシェア・繰り越しが手軽

格安SIMではデータシェアや繰り越しが手軽に行えます。

家族や友人とのデータ容量を共有したり、余ったデータを翌月に持ち越したりできます。

これにより、無駄なデータの使用を避けることができ、通信料金の節約にもつながります。

格安SIMでは、通信プランの柔軟性が高く、自分の使用状況に合わせて自由に変更できるため、利用者にとって大変便利です。

必要に応じてプランをカスタマイズし、最適な通信環境を手軽に構築できます。これらの点からも、格安SIMの利用はメリットが多いと言えます。

格安SIMのメリット8.テザリングが無料の場合が多い

テザリングとは、スマホのモバイルデータ通信を使って他のデバイスをインターネットに接続することです。

通常、キャリアのプランではテザリングには追加料金がかかりますが、格安SIMでは多くのプランで無料で利用できます。

これは、格安SIMが低価格なプランを提供するため、利用者にとってメリットとなります。

例えば、外出先でノートパソコンやタブレットを使用する際に、スマホのデータ通信をシェアしてネットに接続することができます。

追加費用なく手軽に利用できるため、通信環境の柔軟性が高まります。

テザリングの無料提供は、格安SIMの魅力の一つです。

通信プランにおいてテザリングを頻繁に利用する場合、追加料金が発生しない格安SIMのプランを選ぶことで、費用を抑えながら便利にモバイルインターネットを利用できます。

格安SIMのメリット9.データ通信のみのプランが用意されている

通話にあまり必要がなく、主にインターネットやSNSを利用する方にとって、データ通信のみのプランは適しています。

これは、利用者が自身のニーズに合わせてプランを選ぶことができるという柔軟性を提供しています。

例えば、通話をほとんどしない場合や、別の方法で通話を済ませる場合には、データ通信のみのプランを選ぶことで月額料金を節約できます。

データ通信のみのプランでは、通話に関連する費用が含まれていないため、通常のプランよりも低価格で利用できます。

また、通話を利用する場合でも、アプリやサービスを利用して通話を行うことができるため、データ通信のみのプランでも通話に対応することができます。

データ通信のみのプランは、通話にあまり必要がない利用者にとって、費用を抑えつつデータ通信を充実させることができるメリットがあります。

自分の使用スタイルに合わせて選択肢が広がるため、より柔軟で魅力的なプランを選ぶことができます。

【格安SIM/比較】格安の会社どこがいい?正しい選び方教えます

格安SImを選ぶときにおさえておきたいポイントは以下のとおりです。

  • 料金プラン
  • データ通信の速度と安定性
  • サービス品質
  • 契約条件と制約事項

まずは自分に合ったプランがあるかどうかです。

高速データ通信の容量と価格のバランスを見ましょう。

 

そしてデータ通信が安定的にできるかどうかです。

一番重要と言ってもいいかもしれません。

インターネットの速度が出ないとアプリの仕様やウェブサイトの閲覧でイラつくことになります。

 

そしてサポートの対応や、そのSIM独自のサービスに納得できるかです。

特定のSNSの通信量が全くなくなる”カウントフリー”などのサービスがあります。

 

最後に契約条件です。

解約に手数料はかかるのか?契約のときの手数料はどのくらいかかるのか?などを調べる必要があります。

結局どこがいいのか?

このページの一番上を見てください。

この記事を書いている時点で万人におすすめできるのは……

  • mineo(マイそく スタンダードプラン)
  • 3大キャリアのオンライン契約専門プラン(ahamo,povo,LINEMO)
  • リンクスメイト

主にこの3つです。

迷ったり、自分で探すのが面倒ならこの3つから選んでください。

データ容量と月額料金のバランスを見る

格安SIMを選ぶ際に重要なポイントは、データ容量と月額料金のバランスを見ることです。

まず、自分の通信のニーズを把握し、どれくらいのデータ容量が必要かを検討します。

例えば、動画視聴や大容量のファイル送信を頻繁に行う場合は、多くのデータ容量が必要になるでしょう。

一方で、通信量が少ない場合やWi-Fi環境が充実している場合は、データ容量を抑えたプランを選ぶことで月額料金を節約できます。

次に、選択したデータ容量に対しての月額料金を比較します。

複数の格安SIMプロバイダーのプランを見比べ、料金の違いやキャンペーンなどを確認しましょう。

また、通信速度やエリアカバレッジも重要な要素です。自分がよく利用するエリアや通信速度の安定性も考慮に入れて選ぶと良いでしょう。

データ容量と月額料金のバランスを見ながら選ぶことで、自分に最適なプランを見つけることができます。

また、MNP(番号ポータビリティ)を利用して他社から乗り換える場合も、契約解除料などの費用も考慮しましょう。

格安SIMの選び方は、個人の使用状況や予算に合わせて検討することが大切です。

データ容量と月額料金のバランスを見ながら、自分にとって最適なプランを選びましょう。

ドコモ回線の格安SIM

ドコモ回線の格安SIMは、利用者にとって多くのメリットがあります。まず、格安スマホと組み合わせることで、通信料金を大幅に節約することができます。また、契約手続きも簡単で、必要な情報を提供し申し込みを行えば、すぐに利用を開始することができます。

通信速度も高く、データ通信を快適に利用することができます。また、通話料もリーズナブルであり、通話を頻繁に行う方にもおすすめです。さらに、多くのプランが用意されており、利用者の必要に応じて容量や月額料金を選択することができます。

MNPも対応しており、現在の電話番号を引き継ぐことができます。これにより、番号の変更や周知の手間を省くことができます。また、ドコモ回線の優れたカバレッジ範囲を享受できるため、安定した通信環境を利用することができます。

格安SIMは、他のキャリアと比較しても魅力的な選択肢です。利用者は自身のニーズに合わせて選ぶことができ、高速かつ安定した通信を低価格で享受することができます。ドコモ回線の格安SIMを検討する際には、各社のプランや特典、利用者の口コミなどを比較し、自分に最適な選択肢を見つけることをおすすめします。

au回線の格安SIM

au回線を提供している格安SIMは以下のとおりです。

  • UQ mobile
  • iijmio
  • NUROモバイル
  • エキサイトモバイル
  • QT mobile
  • mineo
  • biglobeモバイル
  • ロケットモバイル
  • povo

料金を抑えたいならpovo

通信速度の安定を求めるならUQ、IIJmio

料金と速度のバランスを取るならmineoですね。

 

au回線の格安SIMは、スマホ利用者にとって魅力的な選択肢です。auは大手キャリアであり、高速で安定した通信速度を提供しています。そのため、データ通信や動画視聴などにおいても快適な利用が可能です。

格安SIMを利用する場合でも、au回線を選ぶことで、通信品質やエリアの広さに安心感を持つことができます。また、au回線の格安SIMは、既存のau端末をそのまま利用できるため、機種変更や新たな端末の購入をする必要がありません。これにより、手続きや設定が簡単であり、乗り換えもスムーズに行えます。

さらに、格安SIMならではのメリットもあります。月額料金が大幅に割引されるため、通信費を節約することができます。また、キャンペーンや特典が提供されている場合もありますので、お得なプランを選択することができます。

ただし、利用者は自身の利用状況や重要視する条件に合わせて選び方を検討する必要があります。速度制限や容量制限がある場合もあるため、自分の通信量や利用用途に合わせたプランを選ぶことが重要です。

総じて、au回線の格安SIMは、高速かつ安定した通信環境を求める利用者にとって魅力的な選択肢です。自分の利用状況や予算に合わせて選ぶことで、通信料を節約しながら快適なスマホライフを送ることができます。

ソフトバンク回線の格安SIM

ソフトバンク回線を提供しているのは次の格安SIMです。

  • HISモバイル(従量課金制データSIMのみ)
  • LINEMO
  • リペアSIM
  • ロケットモバイル
  • b-mobile
  • mineo
  • QT mobile
  • NUROモバイル
  • Y!mobile

一番のおすすめはLINEMOです。

次はmineo、リペアSIMあたりですね。

ソフトバンク回線の格安SIMは、利用者にとって魅力的な選択肢です。ソフトバンクは大手キャリアであり、高速で安定した通信速度を提供しています。そのため、データ通信や動画視聴などにおいてもストレスなく利用できます。

また、ソフトバンク回線の格安SIMは、既存のソフトバンク端末をそのまま利用できるため、機種変更や新たな端末の購入をする必要がありません。これにより、手続きや設定が簡単であり、乗り換えもスムーズに行えます。

さらに、格安SIMならではのメリットもあります。月額料金が大幅に割引されるため、通信費を節約することができます。さらに、格安SIM事業者によっては、キャンペーンや特典を提供している場合もあります。これにより、さらにお得な料金プランを選択することができます。

ただし、注意点もあります。ソフトバンク回線の格安SIMは、一部の地域や時間帯において通信速度が低下する場合があります。また、一部の機能やオプションが利用できないこともあります。これらの点は事前に確認しておく必要があります。

総じて、ソフトバンク回線の格安SIMは、高速で安定した通信を求める利用者にとって魅力的な選択肢です。ただし、自身の利用状況や重要視する条件に合わせて、選び方を検討することが重要です。

サポートが充実しているか

格安SIMを選ぶ際、サポートが充実しているかどうかは非常に重要な要素です。格安SIMを利用すると、通信料金を節約できる一方で、サポート体制が不十分な場合、問題や不具合が生じた際に迅速かつスムーズな対応が得られない可能性があります。

サポートが充実している格安SIM事業者は、専門のカスタマーサポートやオンラインコミュニティ、問い合わせ窓口などを提供しています。これにより、契約手続きやトラブルの解決、設定方法のサポートなど、利用者が安心してサービスを利用できる環境を提供しています。

また、格安SIM事業者の中には、サポートだけでなく各種オプションや付加価値サービスも充実させているところもあります。例えば、無料のウェブサイトやチャットサポート、アプリを通じた簡単な手続きなどがあります。これらのサービスは利用者の利便性を高めるだけでなく、問題が生じた場合のサポート体制も充実させることができます。

したがって、格安SIMを選ぶ際には、通信料金だけでなく、サポートが充実しているかどうかも重要な要素として考慮すべきです。利用者のニーズに合わせた充実したサポート体制があることで、安心してスマートフォンを利用することができます。

デュアルSIMのメイン回線は音声通話SIMで

デュアルSIMのメイン回線には音声通話SIMを使用することがおすすめです。デュアルSIM機能を備えたスマホを使えば、一台の端末で複数のSIMカードを利用することができます。

音声通話SIMをメイン回線とすると、通話に特化したプランを選ぶことができます。音声通話によく利用する場合やビジネス目的で使用する場合には、通話料金や通話品質に重点を置くことが重要です。そのため、メイン回線として音声通話SIMを選ぶことで、通話料金の節約や安定した通話品質を実現できます。

一方、もう一つのSIMスロットにはデータ通信SIMを挿入することができます。データ通信SIMはネットサーフィンやSNS、メールなどのデータ通信に利用することができます。格安スマホのような安価なプランを選ぶことで、データ通信費を削減できます。

デュアルSIMのメイン回線に音声通話SIMを選ぶことで、通話に関する利便性や品質を最大限に活かしながら、データ通信SIMでのデータ利用を効果的に行うことができます。メイン回線とサブ回線の使い分けにより、通信ニーズに合わせた柔軟な利用が可能となります。

電波が繋がりやすい格安SIMの見つけ方

格安SIMで電波が繋がりやすいものを選ぶためには、いくつかのポイントに注意することが重要です。まずはカバーエリアを確認しましょう。各格安SIM事業者のウェブサイトや店舗情報などでカバーエリアを調べることができます。自宅や通勤・通学路など、よく利用する場所で十分な電波状況が確保されているかを確認しましょう。

次に通信速度に注目しましょう。速度制限がある場合は、通信量の上限を超えると通信速度が低下する可能性があります。自身のデータ利用量やネット利用の頻度に合わせて、速度制限のないプランを選ぶと良いでしょう。

また、他の利用者の口コミや評価も参考になります。インターネット上のレビューサイトやSNSなどで、実際に利用している人たちの感想を探してみましょう。電波の繋がりやすさや通信速度に関する意見を参考にすることで、より信頼性の高い格安SIMを選ぶことができます。

さらに、各格安SIM事業者が提供するキャンペーンや特典もチェックしてみましょう。割引料金やキャッシュバックなどの特典を活用することで、お得に格安SIMを利用することができます。

電波が繋がりやすい格安SIMを見つけるためには、カバーエリアや通信速度、口コミや特典などを総合的に考慮し、自身のニーズに合ったプランを選ぶことが重要です。

これからの格安SIMは4gだけじゃなく5Gに対応しているものを

5G通信に対応しているスマホを選ぶ理由はいくつかあります。

まず第一に、5G通信は通信速度が非常に高速です。

データのダウンロードやストリーミング動画の再生など、高速な通信速度が求められる場面で大きなメリットがあります。

また、5Gは通信容量にも優れており、多くのデータを高速に送受信することができます。これにより、大容量のファイルの送信やクラウドサービスの利用などがスムーズに行えます。

さらに、将来的な利点も考慮する必要があります。

2023年以降、5Gの普及が進んでいくことが予想されています。

新たな通信技術の発展に合わせて、5Gネットワークがより充実していくでしょう。そのため、5G通信に対応しているスマホを選ぶことで、将来的なニーズにも対応できるという利点があります。

また、5G通信は将来的には新たなサービスや機能の展開が期待されています。

例えば、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)などの高度なコンテンツや、インターネット・オブ・シングス(IoT)によるスマートホームやスマートシティの実現など、さまざまな分野での活用が期待されています。

5G通信に対応しているスマホを選ぶことで、これらの新たなサービスや機能をフルに活用することができます。

5G通信に対応しているスマホを選ぶことは、高速かつ大容量の通信を享受するだけでなく、将来の技術革新にも柔軟に対応するために重要です。

【格安SIM/比較】iphoneに最適な格安SIMはこれだ!

【格安SIM/比較】iPhoneに最適な格安SIMはこれだ!

実はどこの格安SIMでも良い!なぜなら、iPhoneはどこの会社の電波でも広く受信できるからです。しかし、注意点があります。キャリアで購入したiPhoneはSIMロックがかかっている場合が多いため、そのままでは別のSIMカードを使用することができません。

この記事では、格安SIMプロバイダを比較しながら、iPhoneユーザーにおすすめの選択肢をご紹介します。さまざまな料金プラン、カバレッジ、サービス品質、契約条件を考慮し、最適な格安SIMプロバイダを選ぶ手助けとなるでしょう。

また、格安SIMを利用する際には、SIMロックの解除が必要になることに留意してください。キャリアで購入したiPhoneをお持ちの方は、事前にSIMロックの状態を確認し、必要に応じて解除手続きを行ってください。

この記事を通じて、iPhoneユーザーの皆さんは以下の情報を得ることができます:
・異なる格安SIMプロバイダの料金プランの比較
・各プロバイダのカバレッジの品質と信頼性の評価
・サービス品質や通信速度の比較
・契約条件や制約事項の確認
・SIMロックの解除手続きに関する情報

iPhoneユーザーの皆さんにとって、最適な格安SIMプロバイダを見つけるための一助となるでしょう。是非、この記事を参考にして、自分にぴったりの格安SIMを選んでみてください!

iphoneで格安SIMを使うときの注意点

iPhoneで格安SIMを使う際の注意点はいくつかあります。

1.どこで買うのか?

キャリアから購入した場合、まずは端末のSIMロック解除が必要な場合があります。

例えば、ドコモで買ってau回線の格安SIMを使おうとするとそのままでは使えません。

iPhoneは初期状態では特定のキャリアのSIMカードしか利用できませんので、自身のiPhoneがSIMロック解除済みか確認しましょう。

2.その格安SIMは通信速度の評判が悪くない?

格安SIMを選ぶ際は、通信速度や通信エリアに注意しましょう。

一部の格安SIMでは、通信速度が制限されたり、カバー範囲が狭い場合があります。

自分の通信ニーズに合ったプランを選ぶことも重要です。

さらに、一部の格安SIMでは通話料やデータ容量の制限があることもありますので、契約内容や料金プランを詳しく確認しましょう。

3.買うなら正規ルートで!

正規の販売店やオンラインショップでの申し込みをおすすめします。

信頼できる販売元からの契約であれば、トラブルを避けることができます。

以上の点に留意することで、iPhoneでの格安SIM利用を安心して楽しむことができます。

iPhoneのなかでおすすめの端末は…

iPhoneの中でおすすめの端末は、最新の”一つ前”のモデルです。

今ならiPhone 13シリーズです。

これらの端末は2023年にリリースされ、最新のものとほぼ変わらない機能と性能を備えています。

格安SIMとのセット購入を考えているならOCNモバイルONEが最安です。

 

iPhone 13シリーズは5G対応であり、高速かつ安定した通信が可能です。

さらに、強力なAシリーズチップと大容量のRAMを搭載しており、快速な動作やマルチタスキングにも対応しています。

ディスプレイも高品質であり、鮮明な画質や広色域を提供します。

また、カメラ性能も向上しており、美しい写真や高品質な動画を撮影できます。

さらに、iOSの最新バージョンを搭載しており、使いやすさとセキュリティも充実しています。

iPhone 13シリーズは、その高性能と優れた機能性から、幅広いユーザーにおすすめできる端末です。

iPhoneに格安SIMを使うメリット

iPhoneに格安SIMを使うメリットは多数あります。まず、料金面では月額費用が大幅に削減されます。

格安SIMは通信プランがお得でありながら、通信速度やデータ容量に制限が少ないため、必要な通信を手頃な価格で行えます。

また、契約や手続きも簡単で、オンラインで申し込みができます。

さらに、MNP(番号ポータビリティ)を利用すれば、現在の電話番号をそのまま引き継ぐことも可能です。

iPhoneと格安SIMの組み合わせにより、SNSやネットサーフィン、通話など、基本的な機能を十分に使いこなせます。

キャリアに比べて格安なので、節約にも貢献します。

その上、他のキャリアと比較しても、通信品質やエリアの広さに遜色がありません。

iPhoneに格安SIMを利用することで、高速かつ安定した通信が可能となり、利用者にとって大きなメリットがあります。

iPad・ノートパソコンに使うならこの格安SIM

iPadやノートパソコンに最適な格安SIMは、高速なデータ通信速度と広範な通信エリアが求められます。

通信容量も大切で、動画ストリーミングやオンライン作業に十分な容量が必要です。

また、月額料金がリーズナブルであることも重要です。

タブレットやPCには通話機能は必要ないので、データプランを提供している格安SIMが最適です。

音声通話機能がつくと月額料金が高くなりますからね。

おすすめはこの3つです。

  • iijmio 15GB 1,780円/月
  • リペアSIM 10GB 1,430円
  • リンクスメイト 10GB 1,650円

【格安SIM/比較】AndroidスマホにおすすめなSIMランキング

この記事では、格安SIMカードをAndroidスマートフォンにおすすめするランキングをご紹介します。格安SIMカードは通常のキャリアに比べて料金が割安で、通話やデータ通信に必要なプランを選択できます。

記事では、各SIMカードの特徴や料金プラン、データ通信容量、通信速度、対応エリアなどを比較します。また、人気の格安SIMカードやキャンペーン情報、契約手続きの方法なども紹介します。

この記事を読むことで、以下の情報を得ることができます:

  • Androidスマホに最適な格安SIMカードのランキング
  • 各SIMカードの料金プランやデータ通信容量の比較
  • 通信速度や対応エリアに関する情報
  • 格安SIMカードの契約手続きやキャンペーン情報の把握方法

格安SIMカードの利用は、通信費の節約や長期契約の制約からの解放など、多くのメリットがあります。ぜひ、この記事を参考にして、あなたに最適な格安SIMカードを選ぶ手助けとしてください。

【格安SIM/比較】乗り換えの際の注意点や手順

この記事では、格安SIMへの乗り換えを検討している方々へ注意すべき点や手順について詳しく説明します。

まず、格安SIMとは、通信会社以外のMVNO(仮想移動体通信事業者)が提供する低価格なSIMカードのことです。

乗り換えを考える際には、まず現在の通信プランや使用状況を把握しましょう。

通話やデータ通信の使用量、通信速度の要件などを確認することが重要です。

格安SIMでは、通信容量や通話料金、特典などのプランが異なるため、比較検討が必要です。多くの比較サイトやランキングを活用して、自身に最適なプランを選びましょう。また、契約条件や通信エリアの確認も重要です。

乗り換え手続きは主にオンラインで行えますが、一部店舗での手続きも可能です。必要な書類や端末のSIMロック解除など、手続きに必要な情報を事前に準備しましょう。また、現在のキャリアとの契約解除手続きやMNP(番号ポータビリティ)の手続きにも注意が必要です。

格安SIMへの乗り換えには、メリットやデメリットもあります。

料金の削減や通信プランの柔軟性、契約期間の縛りの緩和などがメリットとして挙げられますが、通信速度制限や一部のサービス非対応などのデメリットも考慮しましょう。

この記事では、格安SIMへの乗り換えに際しての注意点や手続きの詳細について解説します。乗り換えを検討している方々が、自身に最適な格安SIMを選び、スムーズに乗り換え手続きを行えるようサポートします。

格安SIM乗り換えの際にまずやること

格安SIM乗り換えの際にまずやることや確認しておくことは以下の通りです。

1. 利用状況の確認: 自分のスマホの通話やデータ通信の使用量や月額料金を確認しましょう。これに基づいて、新しい格安SIMのプランを選ぶ参考になります。

2. 現在の契約状況の確認: 現在の契約の残り期間や解約手数料があるかどうか確認しましょう。また、端末がSIMロックされている場合は、解除手続きが必要です。

3. 格安SIMプランの比較: 複数の格安SIMプランを比較し、自分のニーズに最適なプランを選びます。通信容量、通話料金、通信速度、キャンペーンや特典の有無などを考慮しましょう。

4. MNPの手続き: 現在の電話番号を引き続き使用したい場合は、MNP(番号ポータビリティ)の手続きを行います。これにより、新しい格安SIMでも現在の電話番号を利用することができます。

5. 必要な手続きや申し込み: 格安SIM事業者のWebサイトや店舗を利用して、新しい契約や申し込み手続きを行います。必要な書類や情報を用意し、手続きをスムーズに進めましょう。

6. データ移行や設定変更: 格安SIMに乗り換える際には、データの移行やスマホの設定変更が必要な場合があります。バックアップを取り、必要なデータや設定を新しいSIMに移行しましょう。

7. 解約手続き: 旧キャリアの契約を解除する場合は、解約手続きを行います。解約時には解約手数料や残りの契約料金などが発生する場合があるので、事前に確認しましょう。

格安SIM乗り換えは、自身の通信ニーズや予算に合わせて最適なプランを選ぶことで、月額費用の節約や通信環境の向上が期待できます。

自分のスマホと同じキャリア回線を選ぶこと

格安SIMのキャリア回線と自分のスマホの回線を合わせることには、以下のような理由があります:

1. 通信エリアの向上: 格安SIM事業者は、大手キャリアと同じ基地局を共有していることがあります。そのため、自分のスマホが通信可能なエリアが拡大し、カバレッジの向上が期待できます。特に、地方や郊外などでの通信品質が向上することが多いです。

2. 通信速度の向上: 大手キャリアは高速な通信速度を提供しています。自分のスマホと格安SIMの回線を合わせることで、高速通信が可能となります。これにより、動画のストリーミングや大容量データのダウンロードなど、より快適なネットワーク体験が可能です。

3. サービスの利用拡大: 大手キャリアは、多様なサービスやオプションを提供しています。自分のスマホの回線と格安SIMの回線を組み合わせることで、それらのサービスやオプションを利用できるようになります。たとえば、音声通話や国際ローミングなど、利便性の高い機能を活用することができます。

4. SIMロック解除の必要がなくなる: 例として、ドコモの端末にソフトバンク回線の格安SIMを挿して使おうと思ってもそのままでは使えない場合があります。

それはSIMロックが掛かっているからです。

ドコモのスマホでは、ドコモのSIMカードしか受け付けない、という仕組みです。

違う会社の回線SIMを使うなら、このSIMロックを解除しなければいけません。

しかし、最初からスマホとSIMの回線を揃えておけばSIMロックの解除手続きをしなくても使うことができます。

以上の理由から、自分のスマホの回線と格安SIMのキャリア回線を組み合わせることで、通信エリアと速度の向上、さらに多様なサービスの利用が可能となります。個々のニーズに合わせて最適な通信環境を構築することができるため、利便性と快適性を追求できるでしょう。

格安SIMの契約手続きに必要なもの

格安SIMの契約手続きには以下のものが必要です:

1. 本人確認書類: 契約者本人を確認するために、運転免許証、パスポート、健康保険証、マイナンバーカードなどの公的な身分証明書が必要です。場合によっては、写真付きの本人確認書類が必要となることもあります。

2. 住所確認書類: 契約者の現住所を確認するために、公共料金の領収書、銀行口座の通帳、住民票などの住所を証明する書類が必要です。一部の場合では、発行から3ヶ月以内の書類が求められることもあります。

3. 支払い手段: 契約料金や月額料金の支払いに使用するための銀行口座情報やクレジットカード情報が必要です。一部の格安SIM事業者では、現金払いやコンビニ支払いのオプションも提供されています。

4. MNP情報: 既存の携帯電話番号を引き続き使用する場合、MNP(番号ポータビリティ)情報が必要となります。現在の契約先のキャリア名や電話番号などが必要です。

これらの情報や書類を用意して、格安SIMの契約手続きを行うことができます。ただし、各格安SIM事業者によって要求される情報や書類が異なる場合があるため、事前に提供会社のウェブサイトやカスタマーサポートに確認することをおすすめします。

格安SIMに申し込み手続きをする

格安SIMに申し込み手続きをする方法は簡単です。

まず、自身のスマホの利用条件や通信データ量などを検討し、お得なプランを選びます。

次に、格安SIMの提供会社のWebサイトやオンラインショップを訪れ、申し込み手続きを行います。

必要事項を入力し、必要な書類を用意して申し込みを完了させます。

申し込み後、SIMカードが自宅に届くのを待ちます。

届いたら、スマホの設定画面でSIMを挿入し、電源を入れます。

通信が開始されるまで数分待ちます。

接続が確立したら、通信速度や容量の制限などを確認し、必要に応じてオプションを追加することもできます。

手続きが簡単で、格安SIMに乗り換えることで月額料金の節約や通信の充実など多くのメリットがあります。

SIMが届いたらAPN設定が必要な場合も

SIMが届いた場合、スマホで通信サービスを利用するためには、APN(アクセスポイント名)設定が必要な場合があります。

APN設定は、データ通信のための接続情報を設定することで、スマホと通信ネットワークを連携させる役割を果たします。

各通信事業者やMVNOは、異なるAPN設定を要求することがあります。

そのため、SIMカードが届いたら、通信事業者の提供するWebサイトやマニュアルを参照し、正しいAPN設定を行う必要があります。

APN設定を怠ると、データ通信ができずにインターネットやSNSの利用が制限される可能性があります。注意して手続きを行い、スムーズな通信環境を確保しましょう。

格安SIMには縛りや違約金はない場合が多い

現在でも”契約した○ヶ月目までは使ってください”、”最低利用期間内に解約すると違約金がかかります”という格安SIMは存在します。

しかし、そういった縛りはほぼなくなったといっていいでしょう。

日本の格安SIMには縛りや違約金がない場合が多い理由は、主に以下の要素が関与しています。

まず、格安SIMは通信事業者の中でも競争力を持っており、顧客を獲得するために他社との差別化を図っています。

そのため、契約の際に縛りや違約金を設けず、自由度の高いサービスを提供することで利用者を引き付けています。

また、格安SIMは独自のビジネスモデルを採用しており、運営コストを削減しているため、余計な費用を請求する必要がありません。

さらに、格安SIMはシンプルなプラン設定やオンライン契約などを通じて手続きを簡略化しており、利用者にとって利便性が高いという特徴もあります。

これらの要素が組み合わさり、日本の格安SIM市場では縛りや違約金がない場合が多いのです。

 

【格安SIM/比較・格安スマホ】MVNOで販売しているスマホ端末はコレが良い!

格安SIMにはスマホ端末を販売しているところがあります。

実は、だいたい同じような端末が売られているのです。

しかし、「これを選べ!」というよりは「これは選ぶな!」という端末があるのです。

それは格安スマホです。老人用や子供用と銘打った最安にちかい端末です。

たしかに本体価格は安いです。

でも、性能も低いです。

使っていて挙動の遅さにイライラするでしょう。

それが「選ぶな」という理由です。

ここからさきは選んでも良いスマホ端末を紹介します。

iPhoneのナンバリング機種

やはりiPhoneは人気です。

海外ではAndroidが主流ですが、日本国内ではシェアが6割~7割くらいです。

どうせ買うならSIMロックの掛かっていないSIMフリー版をおすすめします。

キャリアでは買わないほうが良いでしょう。

iPhone SE

サイズが小さめで持ち運びしやすいiPhoneです。

iPhone SE 第3世代の特徴は以下のとおりです:

1. デザイン:iPhone SE 第3世代は、コンパクトなサイズとクラシックなデザインを持っています。外観はiPhone 8に似ており、4.7インチのRetina HDディスプレイとホームボタンを搭載しています。

2. パフォーマンス:iPhone SE 第3世代は、A13 Bionicチップを搭載しています。これは、iPhone 11シリーズと同じチップであり、高速な処理能力と優れたグラフィック性能を提供します。その結果、高速なアプリの起動やスムーズなマルチタスキングが可能です。

3. カメラ:iPhone SE 第3世代は、12メガピクセルの単一カメラを背面に搭載しています。これにより、クリアで鮮明な写真や4Kビデオの撮影が可能です。また、ポートレートモードやスマートHDRなどの機能も備えています。

4. セキュリティ:iPhone SE 第3世代は、Touch IDによる指紋認証をサポートしています。指紋認証は、迅速かつセキュアなロック解除やアプリの購入を行う際に使用できます。

5. ソフトウェア:iPhone SE 第3世代は、最新のiOSソフトウェアに対応しています。これにより、最新の機能やセキュリティのアップデートを受けることができます。

iPhone SE 第3世代は、手頃な価格で高性能なiPhoneを求めるユーザーに適しています。コンパクトなサイズと強力なパフォーマンスを兼ね備えており、日常のスマートフォンのニーズを満たすことができます。

Galaxyシリーズ

Galaxyシリーズの特徴は以下のとおりです:

1. 機能: Galaxyシリーズは、多様な機能を備えたスマートフォンです。高性能なカメラ、大容量のデータ保存、高速な通信速度、快適なユーザーエクスペリエンスなど、幅広いニーズに対応しています。

2. デザイン: Galaxyシリーズは、美しいデザインと優れたビルドクオリティを特徴としています。ベゼルの狭いディスプレイ、スリムなプロフィール、高品質な素材の使用など、魅力的な外観が人気です。

3. パフォーマンス: Galaxyシリーズは、高性能なプロセッサと大容量のRAMを搭載しており、快適な動作やマルチタスキングを可能にします。さらに、最新の通信規格に対応し、高速なデータ通信ができることも特徴です。

4. カメラ: Galaxyシリーズは、優れたカメラ機能を提供しています。高解像度のセンサー、多機能なカメラアプリ、光学式手ブレ補正などの技術により、クリアで鮮明な写真や高品質なビデオを撮影することができます。

5. バッテリー寿命: Galaxyシリーズは、大容量のバッテリーを搭載しており、長時間の使用にも耐えます。さらに、省電力機能や高速充電機能も備えており、充電の頻度や待ち時間を減らすことができます。

6. オペレーティングシステム: Galaxyシリーズは、Androidオペレーティングシステムを採用しています。これにより、多くのアプリやカスタマイズの自由度が提供されます。

7. モデルのバリエーション: Galaxyシリーズには、さまざまなモデルがあります。価格帯や機能に応じて選択肢が豊富であり、ユーザーは自分に最適なモデルを選ぶことができます。

Galaxyシリーズは、高性能なスマートフォンを求めるユーザーやAndroidを好むユーザーに人気があります。さまざまなニーズに対応する機能やデザイン、信頼性の高いパフォ

ーマンスなどが特徴として挙げられます。

AQUOS端末

主流が6、6sから7へと変わりつつあります。

AQUOS 6およびAQUOS 7の特徴は次のとおりです。

1. デザインと機能: AQUOS 6およびAQUOS 7は、洗練されたデザインと優れた機能を組み合わせたスマートフォンです。スリムなプロフィール、狭額縁ディスプレイ、高解像度カメラ、高速プロセッサなど、ユーザー体験を向上させる機能があります。

2. 通信速度とエリア: AQUOS 6およびAQUOS 7は、高速なデータ通信速度を提供することができます。これには、LTEや5Gの対応、高性能な通信チップなどが含まれます。また、キャリアやエリアの制約によって通信品質が低下することが少ないのも特徴です。

3. カメラ性能: AQUOS 6およびAQUOS 7は、優れたカメラ性能を備えています。高解像度のセンサーや画像処理技術により、鮮明で美しい写真や動画を撮影することができます。また、多機能なカメラアプリも提供されており、撮影の幅が広がります。

4. バッテリー寿命: AQUOS 6およびAQUOS 7は、長時間の使用にも耐える大容量のバッテリーを搭載しています。これにより、一日中スマートフォンを利用する場合でも、充電の頻度を減らすことができます。

5. オペレーティングシステム: AQUOS 6およびAQUOS 7は、Androidオペレーティングシステムを採用しています。これにより、豊富なアプリやカスタマイズの自由度を享受することができます。

6. 格安スマホプラン: AQUOS 6およびAQUOS 7は、格安スマホプランに対応しています。これにより、他のキャリアと比較して月額料金を節約することができます。

7. ネットワーク互換性: AQUOS 6およびAQUOS 7は、複数の通信方式や周波数帯に対応しています。これにより、複数のキャリアやMVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMカードを利用して、自身のニーズに合

わせた通信プランを選択することができます。

注意点: AQUOS 6およびAQUOS 7の詳細な特徴や仕様は、各モデルの発売時に公表される情報に基づくため、2023年の情報は現時点では得られません。公式ウェブサイトや取扱店舗で最新情報を確認することをおすすめします。

OPPO Renoシリーズ

OPPO Renoシリーズの特徴は次のとおりです。

1. デザインと機能: OPPO Renoシリーズは、洗練されたデザインと優れた機能を備えたスマートフォンです。スリムなプロフィール、鮮明なディスプレイ、高性能なカメラ、高速なプロセッサなどが特徴です。

2. カメラ性能: OPPO Renoシリーズは、優れたカメラ性能を提供しています。高解像度のカメラセンサーや画像処理技術により、鮮明で美しい写真や動画を撮影することができます。また、多機能なカメラアプリも搭載されています。

3. 高速通信: OPPO Renoシリーズは、高速なデータ通信速度を実現します。最新の通信規格である5Gに対応しており、高速なネットワーク接続を提供します。

4. バッテリー寿命: OPPO Renoシリーズは、長時間の使用にも耐える大容量のバッテリーを搭載しています。これにより、一日中スマートフォンを利用する場合でも、充電の頻度を減らすことができます。

5. オペレーティングシステム: OPPO Renoシリーズは、Androidオペレーティングシステムを採用しています。これにより、豊富なアプリやカスタマイズの自由度を楽しむことができます。

6. 通信プラン: OPPO Renoシリーズは、様々な通信プランに対応しています。各キャリアやMVNO(仮想移動体通信事業者)から提供されるプランを選択することができます。格安スマホプランやデータプランなど、自身のニーズに合ったプランを選ぶことができます。

7. ネットワーク対応: OPPO Renoシリーズは、複数の通信方式や周波数帯に対応しています。これにより、複数のキャリアやMVNOのSIMカードを利用して、自分のニーズに合った通信プランを選択することができます。

8. 価格: OPPO Renoシリーズは、手頃な価格帯で提供されています。高性能な機能を備えながらも、競合他社の製品よりも比較的低価格なのが特徴です。

上記は一般的な特徴ですので、具体的なモデルによって異なる場合があります。最新の情報や詳細なスペックについては、OPPO公式ウェブサイトや取扱店舗で確認することをおすすめします。

Xiaomi Redmiシリーズ

Redmiの特徴は、格安スマホとして知られており、低価格ながら優れた機能を提供しています。

高速な通信速度と広範な通信エリアを持ち、5G対応モデルもあります。

プランや料金も柔軟で、自身のニーズに合った通信プランを選択できます。

また、SIMカードの取り扱いも簡単で、MNPを利用して他社から乗り換えることも可能です。

多様な機能を備えており、高画質なカメラや大容量のデータ保存容量を提供します。

さらに、大手キャリアに対応しており、各種キャンペーンや割引も用意されています。

2023年現在も多くのユーザーに支持されており、コストパフォーマンスの高さが魅力です。

格安SIMではリユース端末も取り扱っている

リユース端末を取り扱っている格安SIMは、低価格で高品質なスマホを提供しています。

これらのプランでは、利用者は自身のニーズに合わせて選択できる多様なプランや料金があります。

リユース端末は、使用済みの端末をリフレッシュし、再利用することで環境にもやさしい選択肢です。

契約手続きも簡単で、通話やデータ通信などの基本的な機能が必要な方に最適です。

また、格安SIMは他社からの乗り換えやMNPにも対応しており、スムーズな移行が可能です。

利用者は格安SIMのメリットである低価格と柔軟なプラン選択が魅力となっています。

さらに、豊富な通信速度や広範な通信エリアも提供されており、快適なモバイル体験を実現します。

リユース端末を取り扱う格安SIMは、お得で信頼性の高い選択肢として注目されています。

スマホ本体はSIMフリーがおすすめ

スマホ本体をSIMフリーで選ぶことにはいくつかの理由があります。まず第一に、契約に制約されず、自由度が高いことです。

SIMロック解除の必要がなく、他のキャリアとの乗り換えやMNP(番号ポータビリティ)を検討している場合でも、手続きが簡単で、必要な通話やデータ容量に合わせて自由にSIMカードを選択できます。

さらに、SIMフリーのスマホは各キャリアの電波をもれなく拾える可能性が高いため、高速で快適な通信が可能です。

SIMフリーのスマホは、大手キャリアに縛られることなく、自由度が高く、柔軟なプラン選択が可能です。

また、価格や機能面でも多様な選択肢があります。

そのため、自分に合ったプランや料金体系を選びやすく、利用者にとってはメリットが大きいです。

androidの中古端末を購入するなら性能などの知識は必須

Androidの中古端末を購入する場合、性能や機能などの知識は必須です。以下にその理由を説明します。

1. 品質と信頼性の確認: 中古端末は使用されてきた製品であるため、使用状況や前の所有者の扱いによって品質や動作に差が生じる可能性があります。性能や機能に関する知識を持つことで、中古端末の状態を適切に評価し、信頼性の高い製品を選ぶことができます。

2. 必要な機能の確認: スマートフォンの使用目的やニーズは人それぞれです。自分が求める機能や仕様に合致する中古端末を選ぶためには、性能や機能に関する知識が必要です。例えば、カメラの性能や画面の解像度、バッテリーの持ち時間など、自分にとって重要な要素を把握しておくことが重要です。

3. 対応する技術やネットワークの理解: Androidの中古端末はさまざまなモデルやバージョンが存在し、それぞれが異なる機能や対応技術を持っています。使用したいSIMカードや通信方式(3G、4G、5Gなど)との互換性を確認する必要があります。また、一部の機能やオプションは特定のネットワークキャリアに制限される場合もありますので、それを考慮する必要があります。

4. セキュリティとソフトウェアの更新: 中古端末はセキュリティの脆弱性や最新のソフトウェア更新の対象外となる場合があります。最新のセキュリティパッチやシステムアップデートを受けるためには、端末のメーカーやモデルによるサポートの継続性を確認する必要があります。知識を持っていれば、適切な更新が提供されているかどうかを判断することができます。

以上の理由から、Androidの中古端末を購入する際には、性能や機能に関する知識を持つことが重要です。それにより、自分のニーズや要件に合った最適な中古端末を選ぶことができます。

【格安SIM/比較】よくある質問

以下は、日本の格安SIMに関するよくある質問の一部です。

  • 格安SIMの通話料金は高いですか?
  • 格安SIMは5Gに対応していますか?
  • 格安SIMの通信速度はどのくらいですか?
  • 格安SIMの解約手続きはどのように行いますか?
  • 格安SIMの契約期間はありますか?
  • 格安SIMはどのように申し込みますか?
  • 格安SIMは他のキャリアとの乗り換えが可能ですか?
  • 格安SIMの対応端末は限られていますか?
  • 格安SIMはデュアルSIMに対応していますか?

通話料金は大手と変わらないか、安いかのどちらかです。

通信速度は遅くはなりますが、きちんとした格安SIMを選べば必要十分です。

手続きはネット上で行うことが多いですが、店舗を持っているタイプの格安SIMでは対面での契約・解約が可能です。

他はすべて”YES”ですね。

携帯電話に格安SIMはつかえる?

携帯電話に格安SIMを使用することは可能です。

ただし4G通信ができる携帯電話に限ります。

2025年には携帯電話の主力電波であった3Gが停波し、使えなくなります。

格安SIMは通常、他のキャリアよりも低価格で提供されるプランや料金体系を持つSIMカードです。利用するためには、まず端末がSIMロック解除されている必要があります。

また、契約や手続きはオンラインや店舗で行うことができます。格安スマホを使用する場合、SIMカードとプランを選択し、申し込み手続きを行うことで利用が開始されます。

格安SIMを選ぶ際には、通信速度やデータ容量、通話料などの条件を考慮する必要があります。各社のキャンペーンやオプションサービスもチェックすると良いでしょう。

また、MNP(番号ポータビリティ)を利用して現在の電話番号を引き継ぐことも可能です。

格安SIMは一部の大手キャリアとは異なる通信速度やエリアの対応範囲があるため、自身の利用状況や地域のカバレッジを検討することも重要です。格安SIMを利用することで、月額の費用を節約することができる場合があります。

ただし、各社のプランやサービス内容は頻繁に変更されるため、2023年現在の最新情報を確認することをおすすめします。

スマホ本体を替えるときのデータ移行はどうする?

スマホ本体を替える際のデータ移行方法について説明します。

文章にすると長く感じますが、実際やると単純です。

1. SIMカードの取り外し: 初めに、現在使用しているスマホのSIMカードを取り外します。SIMカードは通信サービスの提供元から受け取ったもので、電話番号や通信データが格納されています。

2. 新しい端末へのSIMカード挿入: 新しいスマホに、古い端末から取り外したSIMカードを挿入します。SIMカードの形状やサイズには異なる規格がありますので、新しい端末と古い端末のSIMカードの規格が合致しているか確認しましょう。

3. データの自動同期: 多くの場合、スマホには自動的にデータを同期する機能が備わっています。GoogleアカウントやApple IDといったクラウドサービスにログインし、データの自動バックアップや同期を有効にしておくことで、新しい端末に古い端末のデータが自動的に転送されます。連絡先やカレンダー、写真、メールなどのデータが同期されます。

4. データの移行アプリの利用: 一部のスマホメーカーや通信プロバイダは、データ移行のための専用アプリを提供しています。例えば、Googleの「データ移行ツール」やAppleの「移行アシスタント」などがあります。これらのアプリを使用すると、データのバックアップや復元が簡単に行えます。

5. 手動でのデータ移行: 必要なデータを手動で移行することもできます。写真や動画はパソコンに接続してコピーし、音楽ファイルは一時的にクラウドストレージにアップロードしておいて、新しい端末にダウンロードする方法もあります。また、連絡先やカレンダーはGoogleアカウントやApple IDに紐づけている場合、新しい端末にログインするだけで同期されます。

データ移行の方法は、使用しているスマホのメーカーやOS、バージョンによって異なる場合があります。具体的な手順については、各メーカーや通信プロバイダの公式サポートページやマニュアルを参照することをおすすめします。

【格安SIM/比較】キャンペーンでくらべるMVNO

格安SIMを検討中の方にとって、この記事は必読です。MVNO各社のキャンペーン情報をまとめ、あなたに得るメリットと情報を提供します。

この記事では、格安SIMの利用者にとって重要なキャンペーン情報を提供しています。MVNO各社のキャンペーンを比較し、あなたが得られるメリットを詳しく解説します。

具体的には、以下の情報を提供しています。

キャンペーン期間中の特典や割引について
初期費用や月額料金の比較
データ通信量や通話料金のプランの選択肢
対応端末や通信速度に関する情報
5G対応のMVNOも含めた選択肢の紹介
さらに、各MVNOの特徴や利用方法、契約手続きの詳細も解説しています。

キャンペーン情報だけでなく、MVNOを選ぶ上で知っておくべき情報を網羅しています。

この記事を通じて、あなたは自分に最適な格安SIMプランを選ぶ際に役立つ情報を得ることができます。

さまざまなキャンペーンの比較や特典の利用を通じて、通常の料金よりもお得に利用する方法を探ることができます。

MVNOのキャンペーン情報や利用者にとって有益な情報をまとめたこの記事を通じて、あなたの格安SIM選びがよりスムーズで満足のいくものになることを願っています。

ぜひこの記事を参考にして、お得な格安SIMプランを見つけてください

SIMとスマホのセット購入キャンペーンがある格安SIM

格安SIMとスマホ本体がセットで購入できるのは以下の通り

  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • Y!mobile
  • mineo
  • IIJmio
  • OCN モバイル ONE
  • LIBMO
  • QTモバイル
  • イオンモバイル
  • NUROモバイル

キャンペーンなしでも、いつでも安いのがOCNモバイルONEです。

スマホを売ることでの儲けをほぼ考えていないため、本体価格を安く設定しているそうです。

ドコモのサブブランドみたいなものですから、品質には問題ありません。

 

光回線と格安SIMのセット割引キャンペーンがあるのは?

キャンペーン名内容
IIJmioIIJmioひかりスタートキャンペーン集合住宅は6ヶ月0円

戸建ては1100円

NUROモバイルNURO 光・NUROモバイルセット割引特典ネットとスマホをまとめておトクに!NUROならスマホ代が1年間0円~。
Ymobileおうち割スマホ代1,180円引き
libmoLIBMO×光セット割毎月の利用料金から200円(税込220円)を割り引きます。
Nifmoネット+スマホ割利用料金が200円引き

 

【格安SIM/比較】通信速度でくらべる格安SIM(スマホ)

格安SIMは会社ごとに通信速度やその安定性が違います。

使う場所やスマホ端末との組み合わせなどにもよるので、口コミや評判だけで100%判断できないのが事実です。

しかし、多くの人に支持されている格安SIMというのがあるのも事実です。

格安SIM会社ごとの通信速度の差は、いくつかの要因により生じます。

1. 回線利用契約の違い: 格安SIM事業者は、通信インフラを大手キャリアから借り受けてサービスを提供しています。しかし、大手キャリアとの契約内容によって、回線の利用条件や帯域幅の割り当てが異なる場合があります。これにより、各格安SIM会社の通信速度に差が生じることがあります。

2. 通信回線の制限: 大手キャリアは、自社のユーザーに優先的に通信サービスを提供するため、MVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる格安SIM事業者に対して、通信速度を制限することがあります。そのため、格安SIMを利用するユーザーは、通信速度が制限される可能性があります。

3. 通信優先度の違い: 大手キャリアは、自社のユーザーに対して通信の優先度を設定しています。これにより、混雑時や特定の地域での通信速度が低下する可能性があります。格安SIM事業者は、通信優先度が低くなることがあり、その結果として通信速度の差が生じることがあります。

4. 帯域幅の制約: 大手キャリアは、自社のネットワークにおいて十分な帯域幅を確保していますが、MVNOはその帯域幅を共有する形で通信サービスを提供しています。帯域幅の制約により、一部の格安SIM事業者の通信速度が低下することがあります。

これらの要因により、格安SIM会社ごとに通信速度の差が生じることがあります。ただし、通信速度だけでなく、料金、サービス内容、カバレッジなども考慮して格安SIMを選ぶことが重要です。

格安SIM 速度の実測は?

みんなのネット回線速度(通称:みんそく)というサイトがあります。

ここでは実際に使っている人たちが速度計測した結果をそのまま載せて平均を出しています。

ココを見ると実際にどのくらいの速度が出ているか確認できます。

 

他にも以下の方法で実測値を知ることができます。

  1. プロバイダの公式ウェブサイト: 格安SIMプロバイダの公式ウェブサイトを訪れると、速度に関する情報や実測結果が掲載されていることがあります。公式ウェブサイトのサポートやFAQセクションをチェックし、速度に関する情報を確認してください。
  2. ユーザーレビューや比較サイト: 格安SIMのユーザーレビューや比較サイトでは、利用者の実際の速度体験や比較データが掲載されていることがあります。インターネット上で検索を行い、信頼性のある情報源から速度に関するレビューや比較結果を参考にしてください。
  3. スピードテストアプリやウェブサイト: スピードテストアプリやウェブサイトを利用すると、自身のデバイスや接続環境における実際の速度を計測することができます。一般的なスピードテストサイトとしては、”Speedtest by Ookla”や”FAST.com”があります。これらのサイトやアプリを利用して、自身の速度を測定してみてください。

これらの方法を組み合わせて、自身の利用地域や使用状況における速度を把握することができます。ただし、速度は様々な要素によって影響を受けるため、一つの測定結果だけで判断するのではなく、複数の情報源や自身の体験を総合的に考慮することが重要です。

 

田舎でも速度が落ちることはない?

格安SIMの速度は、通信エリアや通信インフラの状況によって異なる場合があります。一般的に、都市部や人口の密集した地域では速度が比較的高く、田舎や人口のまばらな地域では速度が低下する可能性があります。これは、通信基地局の設置密度や回線の混雑具合、地形や建物の影響などが影響を与えるためです。

しかし、近年のモバイル通信技術の進歩により、田舎でも高速な通信が可能なエリアが増えています。特に、LTEや5Gなどの高速通信規格が普及している場合、速度の低下は比較的少ない傾向にあります。また、大手キャリアと提携している格安SIMプロバイダは、大手キャリアのネットワークを共有しているため、カバレッジや速度の面で安定感がある場合があります。

ただし、田舎地域では通信環境が限られている場合もありますので、利用する地域や通信プロバイダによって速度の安定性が異なる可能性があります。そのため、特に田舎地域での利用を考えている場合は、事前にプロバイダの公式ウェブサイトやユーザーレビューなどを参考にして、その地域での速度や安定性について確認することをおすすめします。

最終的な判断は個別の状況によりますので、地域やプロバイダによる速度の差異を考慮しながら、自身の利用状況やニーズに合った格安SIMを選択することが重要です。

”格安SIMにすれば安くなる”は本当?キャリアと比較してみた

大手キャリア3社とそのオンライン契約プランを比較してみました。

プロバイダ月額料金(税込)データ通信容量
ドコモ5,000円〜10,000円以上20GB
au5,000円〜10,000円以上20GB
ソフトバンク5,000円〜10,000円以上20GB
ahamo(NTTドコモ回線)約2,970円20GBまでの無制限プラン
povo(au回線)約1,980円20GBまでの無制限プラン
LINEMO(ソフトバンク回線)約2,980円20GBまでの無制限プラン

ざっくりした比較ですが、月に2000円から7000円程度安くなるでしょう。

また、他の格安SIMを使えば、更に固定費の削減になります。

今どきキャリアを契約していると情弱(情報弱者)と言われても仕方ない理由がココにあります。

 

【格安SIM/比較】子供にあってると評判のSIM

日本の格安SIM市場では、子供に適したプランやサービスを提供する事業者がいくつかあります。

子供の利用を制限する機能や保護者が管理しやすい仕組みを提供しています。

以下にいくつかのオプションを示しますが、最新の情報を確認するためには、各事業者のウェブサイトを参照することをお勧めします。

また、子供に最適なプランは個人のニーズや要件によって異なる場合がありますので、比較検討することをおすすめします。

小学生や中学生に持たせるならこの格安SIM

楽天モバイル: 楽天モバイルは格安SIM市場で人気があり、子供に持たせるのに適していると評判です。通話が無料で、データ通信容量も大容量のプランが用意されています。

mineo: mineoは子供向けに適したプランを提供しており、通話放題やデータ容量が比較的大きいプランがあります。また、mineoはドコモ回線とau回線の両方を利用できるため、カバレッジの面でも安心です。

UQモバイル: 安定した通信品質とリーズナブルな価格が特徴で、子供に持たせるのに適しています。データ容量が豊富なプランもあります。

IIJmio:子供向けの格安SIMプランである「キッズプラン」を提供しています。このプランは、通信量の制限や通話の制限など、親が子供の利用を管理しやすい機能を備えています。

BIGLOBEモバイルは、「ジュニアパック」という子供向けの格安SIMプランを提供しています。このプランでは、通話制限やインターネット利用時間の制限など、子供の利用を制限するための機能があります。

逆に高齢者におすすめなSIMはある?

結論から言えば、

  • ワイモバイル
  • イオンモバイル
  • OCNモバイルONE

です

ワイモバイルには60歳以上ならかけ放題オプションが1870円→770円になるキャンペーンがあります。

イオンモバイルは”やさしいプラン”という60歳以上専門のプランがあります。

通常より割安にすスマホを使うことができます。

OCNモバイルONEは60歳以上なら毎月の通信量が0.5GBアップ

 

高齢者におすすめな日本の格安SIMは、以下の方法で検討することができます。

まず、必要な通話やデータの量を確認しましょう。通常、高齢者の方には通話が主な使用目的となる場合が多いです。音声通話が放題のプランや割引があるプランを選ぶと、通話料を節約することができます。

次に、データ通信に必要な容量を考えましょう。高齢者の方であれば、20GBや10GB、3GBなどのプランが十分な場合が多いです。データ通信をあまり使用しない場合は、1GBや2GBのプランでも十分です。

さらに、対応している端末や通信方式も確認しましょう。最新の5G対応やLTE対応のSIMカードを選ぶことで、高速な通信が可能です。

格安SIMの比較を行う際には、月額料金やキャンペーンの情報、契約や解約の手続き方法、通信品質なども考慮しましょう。代表的な格安SIM事業者として、楽天モバイルやワイモバイル、mineoなどがあります。これらの事業者の公式サイトや店舗で詳細な情報を確認することができます。

最後に、高齢者にとって使いやすいSIMカードやプランを選ぶことも重要です。シンプルな操作や専用アプリを提供している格安SIM事業者もありますので、利用者のレビューや口コミを参考にすると良いでしょう。

以上のポイントを考慮して、高齢者におすすめの格安SIMを選ぶことができます。

【格安SIM/比較】最新ニュース

最近のニュースで話題になったのは以下のものです。

格安SIMの乗り換えが簡単に!ワンストップ制度

簡単に言うと、特定のキャリア間では乗り換えにMNP予約番号が必要なくなりますよ、ということです。

5月24日(水)から、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルなどの大手通信キャリアとそれぞれのサブブランドであるワイモバイル、UQモバイル、ahamo、LINEMO、povoにおいて、MNP(乗り換え)の方法が新しくなります。

これにより、MNPの手続きがより簡単になり、通信キャリアの乗り換えが容易になります。

今後は他の格安SIM会社でも同様の手続きが導入される予定です。

通信料金の見直しを検討する好機となるかもしれません。

格安SIM・比較のまとめ

格安SIMは、通常の通信キャリアよりも低価格で提供されるSIMカードのことです。格安SIMを利用するためには、まず必要なのはSIMカードと対応する端末です。格安SIMのプランには、データ通信の容量や通話料金の制限がありますが、多くのプランで無制限の通話や大容量のデータ通信が利用できます。

日本では、ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手通信キャリア以外にも、楽天モバイル、ワイモバイル、ahamo、LINEMO、povoなどの格安SIMプロバイダがあります。これらのプロバイダは、大手通信キャリアの回線を借りてサービスを提供しています。

格安SIMのメリットは、料金が安く、通信料金の割引やキャッシュバックなどの特典もあります。また、通信速度や利用可能なエリアにも違いがありますので、自分の使用状況に合ったプランを選ぶことが重要です。

格安SIMへの乗り換え方法は、オンラインでの手続きが主流です。通常の契約や解約手続きと比較して簡単で、店舗に足を運ぶ必要もありません。格安SIMを検討する際には、料金やプラン、通信速度などを比較し、自分に合ったサービスを選ぶことが重要です。また、MNP(番号ポータビリティ)を利用すれば、現在の電話番号を引き継いで乗り換えることも可能です。

格安SIMの利用は、通信料金を節約したい人やスマートフォンの使用量が多い人にとって魅力的です。自分の使用状況や予算に合わせて、格安SIMを検討してみる価値があります。

格安SIM

格安SIMをガラケーで!通話のみ?メリット・デメリット完全ガイド

格安SIM ガラケーの使い方や選び方、メリット・デメリットを徹底解説!初めての方でも分かりやすく、おすすめの格安SIMも比較してご紹介します。格安SIM ガラケーを検討中の方必見の情報満載!
格安SIM

【楽天モバイル】法人契約プランの詳細・端末・必要書類

楽天モバイルの法人契約プランについて詳しく知りたい方へ。この記事では法人プランの詳細や利用可能な端末、契約に必要な書類について解説します。お得なプランや使い勝手の良い端末を選ぶ際の参考にしてください。楽天モバイルで法人契約を検討している方は必見の情報が満載です。
格安SIM

楽天ひかりが6ヶ月0円キャンペーン

楽天モバイルと楽天ひかりのキャンペーン
格安SIM

【楽天モバイル】クーポン・キャンペーンまとめ!確認方法

楽天モバイルのクーポンを有効活用するためのお役立ち情報をまとめました!このブログ記事では、楽天モバイルのクーポンの確認方法や利用のポイントを詳しく解説しています。お得なキャンペーンや最新のクーポン情報をお見逃しなく。スマホ料金をお得に抑えるためのヒントが満載です。
格安SIM

楽天モバイルでガラケーは使えない!高齢者に合ったガラホは?

楽天モバイルでガラケーを使うことはできません。では他にガラケーに対応した格安SIMはあるのでしょうか?また、ガラケーの見た目でスマホの機能が使えるガラホなら楽天モバイルでも使えます。おすすめの格安SIMやガラホを紹介します。
格安SIM

【楽天モバイル/端末0円】実質1円や無料機種を購入する方法

楽天モバイルで端末0円の魅力に迫る!実質1円や無料機種を手に入れる秘訣をご紹介。契約のポイントやキャンペーン活用法を解説し、携帯代節約のプロセスを明かします。最新のスマホを手に入れながら、お財布にも優しい方法を知りたい方は必見。節約術やおトクな情報が満載の記事です。
格安SIM

【楽天モバイル/対応機種】使える端末・AndroidとiPhone

楽天モバイルの対応機種について詳しく解説。AndroidとiPhoneそれぞれの使える端末を紹介。最新のスマートフォンから人気の機種まで、豊富なラインアップをご紹介。料金プランや特典も合わせて解説し、お得に利用するための情報も満載。楽天モバイルを検討中の方や新しい端末を探している方に役立つ情報が満載の記事です。
格安SIM

楽天モバイルは端末のみ購入できる!おすすめ機種はiPhone?

楽天モバイルでは、端末のみの購入が可能!お得なキャンペーンや豊富な機種ラインアップが魅力。特にiPhoneは高性能なカメラや安定したiOSが魅力で、最新モデルも手軽に入手できる。データ通信も楽しめ、スマホライフが格段に充実する。端末のみの購入で最適なプランを見つけ、スマホライフを満喫しよう!
格安SIM

【楽天モバイル】楽天カード持っていないとポイントは?あと特典

楽天モバイルと楽天カードの組み合わせはお得か?について解説!楽天カード非保持者は注目!楽天モバイルでポイントをゲットする裏技や、楽天カード以外の特典も紹介。お得な情報満載のブログ記事です。楽天生活をより充実させるヒントがここに!新しいスマホライフを始める前に必見の内容です。
格安SIM

【楽天モバイル/名義変更】譲渡・無料キャンペーンの期間

楽天モバイルでの名義変更に関する重要な情報をお届けします。譲渡や無料キャンペーンに関する期間について詳しく解説しています。名義変更の手続きや注意点について分かりやすく紹介し、利用者がスムーズに変更手続きを進めるためのポイントもご紹介しています。楽天モバイルの名義変更に関する最新情報を手に入れてください。
格安SIM

【楽天モバイル/無制限】 使い放題は無制限じゃない?3キャリアと

楽天モバイルの無制限プランについて詳しく解説するブログ記事。各キャリアの無制限プランを比較し、楽天モバイルの特徴や制限事項に焦点を当てています。データの制限や速度制限に関する情報を提供し、読者が自分に合ったプランを選ぶ際の参考になる情報が満載です。
格安SIM

【楽天モバイル/ホームルーター】SIMフリーで5G固定回線化!

楽天モバイルとSIMフリーホームルーターを利用して、5G固定回線化を実現しましょう!楽天モバイルのRakuten Turboは選択肢として最適なのか?ホームルーターの魅力や使い方、高速で安定した5Gネット接続のメリットについて解説します。自宅やオフィスでのネット環境を向上させるためのヒントや注意点もお伝えします。
格安SIM

【楽天モバイル/ポイント支払い】期間限定ポイント・設定・いつ

この記事では、楽天モバイルの新しいポイント支払いシステムについて詳しく解説します。期間限定の特別なポイントキャンペーンや、ポイントの設定方法、さらにはポイントを利用できる期間についても紹介します。楽天モバイルユーザーであれば、この貴重な情報を押さえておくことで、ポイントを最大限に活用できるでしょう。お見逃しなく!
格安SIM

【楽天モバイル】着信拒否のやり方と解除・iPhoneなど

楽天モバイルの利用者向けに、iPhone・Androidでの着信拒否とその解除方法について解説したブログ記事です。楽天リンクで着信拒否はできるのか?分かりやすく説明し、便利な機能を使いこなすポイントも紹介。着信拒否の設定や解除が簡単にでき、通話やメッセージ管理をより効果的に行えます。
格安SIM

【楽天モバイル/デュアルSIM】おすすめの2枚目と設定

楽天モバイルのデュアルSIMを使いこなすための貴重な情報をお届けします。おすすめの2枚目のSIMカードの選び方から、効果的な設定方法まで詳しく解説。デュアルSIMをフルに活用して、より便利で快適なモバイル生活を楽しんでみませんか?さらに、通信料金の節約や利便性向上の秘訣もお伝えします。
格安SIM

【楽天モバイル/セール】スーパーセール・店舗・iPhone

【楽天モバイル/セール】スーパーセールでiPhone・スマホを手に入れよう。店舗でもセールはやっている?楽天モバイルの魅力とお得な情報をチェック。最新のiPhoneや厳選された店舗がお得なスーパーセール中!楽天モバイルで魅力的なスマホを手に入れよう。詳細な情報は記事で確認。
格安SIM

【楽天モバイル/無料期間終了後】料金・廃止後も0円運用する

無料期間終了後でも、料金を0円で運用するための実用的なアイデアやコツ、廃止後もお得なに使うための情報や節約術をご紹介します。楽天モバイルを利用する際のおすすめのプランも見逃せません。このブログ記事で、あなたのスマホライフがさらに充実するヒントが見つかるかもしれません。ぜひチェックして、賢く節約してください!
格安SIM

【楽天モバイル/日割り】初月は無料?契約と解約の最適タイミング

楽天モバイルは契約月や解約月は月額料金が日割りで計算されるのか?を調べました。また、初月無料という情報もありますがこれは本当でしょうか?日割りになるかどうかも含めて契約や解約のタイミングを調査した結果をお伝えします。
格安SIM

【楽天モバイルのニュース】リリース情報や速報・新着

楽天モバイルの最新情報をお届け!リリース情報や速報、新着情報を一挙公開。最新のプランやキャンペーン情報、端末ニュースまで、楽天モバイルの最新動向をいち早くキャッチしよう。スマートフォンユーザー必見のブログ記事です!
格安SIM

【楽天モバイル/ゴミ回線?】地下などでの電波状況は改善されたのか?

ゴミ回線とされることがある電波品質に焦点を当て、最新の状況やユーザーのフィードバックを探りながら、地下エリアでの通信の進展に迫ります。楽天モバイルのサービスにおける電波状況について、特に地下などの複雑な環境下での改善が注目されています。地下や建物内での電波状況をどれだけ改善しているのか?その真相に迫ります。
格安SIM

【楽天モバイル/ポイントサイト】ハピタス経由なくなった!申し込み比較

楽天モバイルの申し込みサイトハピタスを経由しなくても、ポイントサイト経由で楽天モバイルを契約できるようになりました。ポイント比率やキャッシュバック額がハピタスと同等以上のサイトもあるので、比較検討する価値があります。今回は楽天モバイル申し込みのポイントサイトを比較し、還元率や注意点などを解説しています。楽天モバイルを検討している方におすすめの参考情報です。
格安SIM

【楽天モバイル】3ギガで止める方法・iPhone、Androidの通信量

最低料金で楽天モバイルを運用したい方はぜひ見てください。このブログ記事では、楽天モバイルユーザー向けに通信量を3ギガで制限する方法を詳しく解説。iPhoneとAndroidユーザーのための手順を分かりやすく紹介します。データ節約のコツや注意点も掲載。通信費の削減を目指す方は必見。
格安SIM

楽天モバイルが身売りする可能性は?売却・買収・事業撤退

楽天モバイルは、2020年3月期に1700億円の損失を出すなど経営が迷走しています。このため、楽天が楽天モバイルの事業からの撤退や他社への売却を検討している可能性があります。一方で、楽天モバイルへの追加投資による事業再建の道もあり、楽天の今後の判断が注目されています。楽天モバイルの行方は、日本の携帯市場の競争環境にも影響を及ぼし得る重要なポイントといえます。
格安SIM

【楽天モバイル】社長交代・矢澤俊介氏に 歴代は?退任も

楽天モバイルの社長が交代し、新社長に矢澤俊介氏が就任した。楽天モバイルは格安SIMの分野でシェアを伸ばしているが、収益性の改善が課題。歴代社長を振り返り、社長交代の背景と今後の方針について考察する。モバイル市場の再編の兆候ともいえ、楽天の影響力が注目される。
格安SIM

【mineo/iPad】データ通信SIM!セルラーモデル

mineoとiPadを組み合わせて利用する際に押さえておきたいポイントについて詳しく解説します。mineoが提供するデータ通信SIMとiPadのセルラーモデルは、まさに最強の組み合わせです。記事では、セット販売が行われているかどうかや、注意すべきポイントとしてセルラーモデルの活用法を紹介します。
格安SIM

【mineo】月額料金は日割りになる?契約タイミングや請求

mineoの月額料金は基本的に1ヶ月単位の定額請求ですが、初月と解約月は日割り計算されるケースがあります。具体的な日割り計算方法や最小請求単位などの細かいルールを確認していきましょう。あわせて契約開始タイミングによる初月料金の違いもチェックしましょう。