【楽天モバイル/名義変更】譲渡・無料キャンペーンの期間

【楽天モバイル/名義変更】まとめ

「楽天モバイルの名義変更のやり方は?」

「手数料はかかるの?」

「結婚して名字が変わったから変更したいけど手続きの方法は同じ?」

楽天モバイルの名義変更は基本的に3種類に分けられます。

  • 家族間で行う”譲渡”
  • 亡くなった方から名義変更して利用する”承継”。
  • 結婚・離婚による姓名の変更”改姓”。

すべてmy楽天モバイル(マイページ)からの手続きとなります。

大まかな手順や必要なものはほぼ同じなのですが、細々としたことが違います。

このページでもまとめていますが、公式サイトを参考にしてもらったほうが速いかと思います。

難しいことはないので、公式サイトからmy楽天モバイルに入って手続きするのがいいでしょう。

 

my楽天モバイルトップ → 契約プラン → 各種手続きへ進む → 譲渡 → 必要事項の記入 → 申請 という流れになります。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

名義変更は譲渡・承継・改姓の3種類

楽天モバイルでは、名義変更の方法が譲渡、承継、改姓の3つのケースに分かれています。

改姓や改名の場合、必要な手続きや提出書類が異なりますので、詳細を確認しましょう。

家族や第三者へ回線を譲渡する場合は「譲渡」の手続きが必要であり、手順や注意事項についても理解しておくべきです。

また、亡くなった契約者から回線を引き継ぐ場合は「承継」のプロセスが関与します。各ケースにおいてスムーズな手続きを行うために、最新の情報を参考にしながら名義変更を進めましょう。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

手続きはmy楽天モバイルからのみとなった

楽天モバイルでは、契約者を変更する場合の手続きがmy楽天モバイルアプリからのみとなりました。

具体的な手続き方法は、my楽天モバイルアプリを開いて「契約プラン」タブの「その他手続き」から「契約者変更(譲渡)」を選択し、画面の案内に従って進めていきます。

手続きに必要な書類は譲渡の場合は「譲渡証明書」、承継の場合は「相続人代表者を証明できる書類」です。これらの書類が必要になります。

また、手数料として譲渡の場合は3,000円、承継の場合は2,000円がかかります。クレジットカードで支払う形になっています。

審査には数日かかるとのことで、承認が出て初めて手続きを進めることができます。期限内に審査結果が届かない場合はお問い合わせが必要です。

以上が、楽天モバイルにおける契約者変更の手続きの概要です。my楽天モバイルアプリからしか行えないのでご注意ください。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

名義変更は基本的に無料でできる

楽天モバイルでは、通信サービス契約の名義変更(譲渡)手続きは基本的に無料で行うことができます。

名義変更手続きを行う場合、以下の手順に従ってお手続きを進めることができます。

  1. 契約者変更手続きのURLにアクセスし、「手続きを開始する」をタップする。
  2. 新しいご契約者様の楽天IDでログインする。楽天IDをお持ちでない場合は、作成する必要があります。
  3. 契約者情報を入力し、「次へ進む」をタップする。登録情報が十分な場合は、入力が不要な場合もあります。
  4. 契約者情報を確認し、チェックのうえ「次へ進む」をタップする。
  5. 新しいご契約者様の情報と譲渡される回線が正しいことを確認し、チェックのうえ「手続きを続ける」をタップする。18歳未満の方が楽天モバイルを利用する場合は、「あんしんコントロール by i-フィルター」のご契約が必須となります。
  6. 本人確認方法を選択し、「次へ進む」をタップする。本人確認書類については、新しいご契約者様が18歳未満の場合は、「法定代理人同意書 兼 支払名義人同意書」を親権者様にてご記入いただき、アップロードする必要があります。
  7. お支払い方法を選択し、申し込みを行う。申し込みが完了すると、「[楽天モバイル]契約者変更手続き(譲渡)お申し込み完了のお知らせ」というメールが届きます。

名義変更手続き(譲渡)には手数料は発生しませんので、安心して手続きを進めることができます。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/名義変更】いつでも手数料無料キャンペーン状態

楽天モバイルでは、名義変更に関する手数料がかからないキャンペーンが継続中です。

このキャンペーンにより、いつでも契約者の変更が手数料無料で行えます。

通信サービス契約をご家族や第三者に譲り渡したい場合や、お名前が変わった場合など、様々な事情に対応しています。

Webを利用した簡単な手続きで、追加費用なしに契約者情報を更新できます。

手数料に心配せず、柔軟かつ便利に名義変更を行いたい方におすすめのキャンペーンです。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

郵送の場合は3,300円の費用かかるので注意!

すでに郵送での名義変更はできなくなっています。

しかし、以前に配布されていた郵送で申請するための用紙を今でも持っている場合は、郵送でも名義変更することができます。

ただし楽天モバイルの名義変更手続きを郵送で行う場合、手数料として3,300円がかかるため、注意が必要です。

この費用は手続きの円滑な進行やデータの更新に伴うものであり、名義変更を希望する場合には避けて通れない支払いです。

手続きを進める前に、この費用について確認し、予め用意しておくことが重要です。

名義変更の際には、費用の他にも必要な書類や手順にも留意し、スムーズな手続きを心掛けましょう。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/名義変更】家族間の譲渡 手順や日数

楽天モバイルでは、家族間での契約者の名義変更(譲渡)手続きが可能です。

以下に手順と所要日数をご紹介します。

手順

  1. 現在のご契約者様から契約者変更手続きのURLが共有されたら、URLにアクセスして「手続きを開始する」をタップします 。
  2. 新しいご契約者様の楽天IDでログインします。楽天IDをお持ちでない場合は、事前に作成する必要があります。
  3. 契約者情報を入力し、「次へ進む」をタップします。登録情報が十分な場合は、入力が不要な場合もあります。
  4. 契約者情報を確認し、チェックのうえ「次へ進む」をタップします。
  5. 新しいご契約者様の情報と譲渡される回線が正しいことを確認し、チェックのうえ「手続きを続ける」をタップします。18歳未満の方が楽天モバイルを利用する場合は、「あんしんコントロール by i-フィルター」のご契約が必須となります。
  6. 本人確認方法を選択し、「次へ進む」をタップします。本人確認書類については、新しいご契約者様が18歳未満の場合は、「法定代理人同意書 兼 支払名義人同意書」を親権者様にてご記入いただき、アップロードする必要があります。
  7. お支払い方法を選択し、申し込みを行います。申し込みが完了すると、「[楽天モバイル]契約者変更手続き(譲渡)お申し込み完了のお知らせ」というメールが届きますので、ご確認ください。

    楽天モバイル

 

楽天モバイル

 

 

 

 

所要日数

契約者変更手続き(譲渡)の完了までには、以下の日数がかかります。

  • 本人確認書類の提出後、翌日から順次手続きが進められます。
  • 新しいご契約者様への譲渡が完了するまで、数日かかる場合があります。

以上が楽天モバイルの家族間での契約者名義変更(譲渡)の手順と所要日数になります。手続きに関する詳細や疑問点がある場合は、楽天モバイルのお客様サポートにお問い合わせください。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

my楽天モバイルから名義変更手続きをする

楽天モバイルでは、家族間での譲渡による名義変更手続きが可能です。以下に、名義変更手続きの手順と所要日数について説明します。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

手続きの手順

  1. 新しいご契約者様に契約者変更手続き(譲渡)のURLを共有します。
  2. 新しいご契約者様は共有されたURLから申し込みを行います。
  3. 申し込みが完了すると、「[楽天モバイル]契約者変更手続き(譲渡)受付完了のお知らせ」というメールが届きます。
  4. お手続きは契約者変更手続きを行った当日を含めて15日以内に完了する必要があります。15日を過ぎると申請は自動的にキャンセルされます。

以上が、家族間の譲渡による名義変更手続きの基本的な手順です。

所要日数

名義変更手続きの所要日数は、お手続き完了後に楽天モバイルから新しいご契約者様に連絡があります。具体的な所要日数については、楽天モバイルの連絡をお待ちください。

以上が、楽天モバイルでの家族間の譲渡による名義変更手続きの手順と所要日数についての説明です。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

SIMや製品は予め渡しておく

楽天モバイルの名義変更手続きにおいて、譲渡するSIMカードや製品は事前に新しい契約者に渡す必要があります。

SIMカードだけを渡す場合、新しい契約者はそのSIMカードを自身の端末に挿し込むことでサービスの利用が開始されます。

また、譲渡が完了した後、新しい契約者が月末までに利用したデータに応じてプラン料金が請求されます。

手続きが完了したことを確認したら、迅速にSIMや製品を引き継ぐことで円滑なサービスの切り替えが可能です。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

新たな契約者に名義変更用URLを送る

楽天モバイルでは、契約者変更手続き(譲渡)を行う際に、新たな契約者に名義変更用のURLを送ることができます。以下の手順に従って、URLを共有しましょう。

  1. 新しい契約者にURLを共有する前に、まず楽天モバイルの公式ウェブサイトにアクセスしてください。
  2. 公式ウェブサイトのメニューから「お客様サポート」を選択してください。
  3. 「契約者の変更手続き(譲渡)」という項目を探し、クリックしてください。
  4. ページ内には、契約者変更手続き(譲渡)の詳細な手順が記載されています。新しい契約者にURLを共有するための具体的な方法や注意事項が記載されているので、必ず確認してください。
  5. 手順に従ってURLを新しい契約者に送信してください。URLをクリックすることで、契約者変更手続き(譲渡)のページにアクセスすることができます。

以上の手順に従うことで、新たな契約者に名義変更用のURLを送ることができます。URLを共有する際には、正確な手順や注意事項を伝えることが重要です。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

新たな契約者は名前変更のための必要書類を準備

楽天モバイルで契約者の名前を変更する場合、以下の必要書類を準備する必要があります。

  • 契約者情報登録・変更申請書
  • 新しい契約者の本人確認書類
  • 名前変更を証明する書類
  • 契約者と新しい契約者の関係を示す書類

契約者情報登録・変更申請書は、楽天モバイルのウェブサイトからダウンロードできます。この書類には、現在の契約者の情報と新しい契約者の情報を入力する必要があります。

新しい契約者の本人確認書類としては、運転免許証やパスポートなどの公的な身分証明書が必要です。また、名前変更を証明する書類としては、結婚証明書や戸籍謄本などが必要です。

さらに、契約者と新しい契約者の関係を示す書類も提出する必要があります。例えば、親子関係の場合は戸籍謄本などが必要です。

これらの書類を準備したら、楽天モバイルのウェブサイトやアプリを利用して手続きを行うことができます。具体的な手続きの流れについては、楽天モバイルの公式ウェブサイトを参照してください。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

名義変更の際の本人確認の方法は3種類

楽天モバイルで契約名義を変更する際の本人確認には、以下の3種類の方法があります。

1つ目は、個人名義の場合は氏名・生年月日・住所が確認できる書類を提示する方法です。運転免許証やパスポート、健康保険証などが該当します。

2つ目は、法人名義の場合は商業登記簿謄本・抄本など法人情報が確認できる書類を提示する方法です。

3つ目は、代理人による申請の場合は本人や代理人それぞれの委任状が必要となる方法です。この場合は追加で書類が必要となります。

いずれの方法でも、名義変更内容を確認できる資料の提示が求められます。住所や氏名の変更内容を確認するためです。

手続きの際はできるだけ新しい発行日の本人確認書類を用意することが大切です。有効期限内の書類が必要となります。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

キャンセルは新しい契約者が申し込みを完了させるまで

楽天モバイルの契約者変更手続きにおいて、譲渡をキャンセルする場合は、新しい契約者が申し込みを完了させるまでの期間が関係しています。

旧契約者が譲渡URLを発行してから新しい契約者が申し込みを完了するまでの期間中には、旧契約者による譲渡申請のキャンセルが可能です。

しかし、新しい契約者が手続きを進めない場合、申請は自動的にキャンセルされるため、注意が必要です。期限内に新契約者が手続きを完了させることがスムーズな変更手続きの鍵となります。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/名義変更】契約者死亡による承継の場合

ご契約者様がお亡くなりになった場合には、楽天モバイルでは通信サービス契約を引き継いで利用するための手続きがあります。

この手続きを「契約者変更手続き(承継)」といいます。

まず、ご契約者様がお亡くなりになった場合の解約手続きとは異なりますので、注意が必要です。

解約手続きについては「ご契約者様が逝去した場合の解約について」をご確認ください。

通信サービスの契約者をご家族や第三者に変更する場合は、「契約者の変更手続き(譲渡)」を行うことができます。ただし、楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)をご利用中の場合は、契約者変更手続き(承継)は受け付けていないことにご注意ください。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

承継手続きの手順

ご契約者様がお亡くなりになった場合の契約者変更手続き(承継)には、以下の手順があります。

手続き方法

契約者変更の審査通過後、お手続きを開始することができます。審査のお申し込み方法は以下の通りです。

  • 郵送:契約者変更のお手続きを郵送で行う場合は、必要書類を揃えて郵送してください。
  • my 楽天モバイル(アプリ/Web):楽天モバイルのアプリやWebサイトからも契約者変更手続きを行うことができます。

手続きには手数料がかかります。新しいご契約者様への初回請求時に、手数料3,300円(税込)が金額合算されます。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

お手続きに必要なもの

契約者変更手続き(承継)には、審査と手続きに必要な書類があります。以下の書類をご用意ください。

審査に必要な書類
    • 契約者情報登録・変更申請書
    • 新しいご契約者様(代理人)の本人確認書類※1
    • ご契約者様が逝去されたことが確認できる書類(戸籍全部事項証明書、戸籍個人事項証明書、除籍謄本※2、除籍抄本、住民票(除票)、死亡診断書など)
    • ご契約者様と新しいご契約者様(代理人)の関係が分かる書類

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

承継の場合は審査がある

楽天モバイルで契約を承継する場合、承継審査を受ける必要があります。

承継審査では、相続人であることを証明する書類一式のコピーを揃えて楽天モバイルに郵送します。戸籍謄本や除籍謄本など、契約者の死亡と相続人であることが確認できる書類が必要です。

楽天モバイルで書類を受け取った後、数日から1週間程度で承継審査が行われます。審査で承継が認められると、メールで結果が通知され、Web上での手続きが可能になります。

手続きでは、店頭回線契約承継申込書に押印したうえで添付ファイルでアップロードすることになります。手数料2,000円が別途かかります。

以上が、楽天モバイルにおける契約の承継手続きの流れです。契約者の死亡時には必ず承継審査が入るので注意が必要です。書類準備から手続き完了まで1ヶ月程度要する場合があります。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

承継できるのは2親等以内の親族

楽天モバイルの契約者が逝去した場合、その契約を承継する手続きは、原則として2親等以内の親族に限定されています。

具体的には、ご契約者逝去に伴う解約手続きを行うためには、二親等以内の代理人(ご申告者様)がその手続きを行う必要があります。

逆に言えば、2親等以内の方がいない場合は、弁護士などの代理人を通して手続きを進めることが求められます。

この制限は、契約者の逝去に伴う機密情報やプライバシー保護の一環として設けられています。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

承継・譲渡では楽メールのアカウントやデータ内容は引き継げない

楽天モバイルにおいて、契約者変更(譲渡/名義変更)を行った場合、楽メールのアカウントやデータ内容は引き継ぐことができません。この手続きを行うと、以下の点に注意が必要です。

まず、旧ご契約者様の契約回線数が0になると、楽メールは利用できなくなります。楽メールは契約者の楽天IDに紐づいており、契約回線がなくなると利用が制限されます。

また、楽メールのメールデータやアカウントも引き継げません。継承・譲渡手続きを行う際には、旧ご契約者様が利用している楽メールのデータやアカウントに関する情報は新契約者に引き継がれませんので、事前にバックアップや必要な情報の保存を行っておくことが重要です。

楽天モバイルの公式ガイドによれば、楽メールは旧契約者様が楽天回線を保有していないと利用できないため、注意が必要です。契約者変更や譲渡を検討している場合は、事前に関連するデータやアカウントの移行について注意深く確認し、必要な手続きを行うようにしましょう。

詳細な手続きや注意事項については、楽天モバイルの公式ウェブサイトやサポートページを参照することをお勧めします。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/名義変更】結婚による改姓

結婚によって姓が変わった場合の楽天モバイルでの名義変更手続きは、Webもしくはアプリから行うことができます。

手続きに必要な書類は戸籍謄本または抄本のコピー1通のみ。これが改姓を証明する書類となります。手数料は無料で、申請から手続き完了までは同日にできます。

手続き方法は、楽天モバイルアプリから「契約プラン」→「その他の手続き」→「契約者情報の変更」をタップ。改姓を選択した上で必要事項を入力し、戸籍謄本の画像をアップロードするだけです。

併せて契約者本人が指定したクレジットカードなどのお支払い情報についても、名義を合わせる変更手続きをお願いしています。

以上が結婚に伴う楽天モバイルでの改姓手続きの概要となります。手順は非常に簡単で、完了までに時間がかからないのが魅力的です。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/名義変更】契約者変更にかかる期間

現契約者と新契約者の間のやり取りがスムーズであれば最短1日~2日で終えることができます。

楽天モバイルでは、契約者変更(譲渡)手続きを行うことで、通信サービスの契約者名義を変更することができます。契約者変更手続きの期間については以下のような流れとなります。

  1. 新しいご契約者様に共有したURLから契約者変更手続きの申し込みを行います。
  2. 申し込みが完了すると、「[楽天モバイル]契約者変更手続き(譲渡)受付完了のお知らせ」というメールが届きます。
  3. 契約者変更手続きを行った当日を含めて15日以内にお手続きが完了しない場合、申請は自動的にキャンセルされます。

契約者変更手続きの期間は、申し込みから完了まで最大で15日間となっています。申し込み後は、新しいご契約者様による手続きの完了をお早めに行うようにしてください。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/名義変更】店舗でも出来る?

楽天モバイルでは、名義変更の手続きを店舗でも行うことができます。

楽天モバイルショップでは、以下のような手続きが可能です。

  • オプションお申し込み/ご解約
  • ご登録住所変更
  • お支払い方法の変更
  • 回線の追加契約、ご解約
  • 楽天ID作成

ただし、名義変更の手続きを行う場合は、事前に「my 楽天モバイル」にログインできることを確認してから店舗に訪れる必要があります。

なお、製品の操作については、お客様ご自身で行っていただく必要があります。また、上記の手続き以外のサポートは対象外となりますので、ご了承ください。

もし、楽天モバイルの契約者変更手続き(譲渡)についての情報が必要な場合は、以下の手順を参考にしてください 。

  1. 契約者変更手続きのURLにアクセスし、「手続きを開始する」をタップする
  2. 新しいご契約者様の楽天IDでログインする(楽天IDをお持ちでない場合は作成が必要)
  3. 契約者情報を入力し、「次へ進む」をタップする(登録情報が十分の場合は入力不要)
  4. 契約者情報を確認し、「次へ進む」をタップする
  5. 新しいご契約者様の情報と譲渡される回線を確認し、「手続きを続ける」をタップする
  6. 本人確認方法を選択し、「次へ進む」をタップする
  7. お支払い方法を選択し、申し込みを行う

契約者変更手続きが完了すると、メールで「[楽天モバイル]契約者変更手続き(譲渡)お申し込み完了のお知らせ」が届きます。

本人確認完了後、翌日より順次旧ご契約者様・新しいご契約者様それぞれに「[楽天モバイル]契約者変更手続き(譲渡)完了のお知らせ」というメールが届き、新しいご契約者様への譲渡が完了します。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

わざわざ店舗へ行くのはめんどくさい?

楽天モバイルで名義変更をする場合、店舗に行く必要は基本的にありません。手続きはオンラインで完結することが可能です。

譲渡や改姓・改名、承継などの名義変更手続きは、スマホの楽天モバイルアプリやPCからWeb申請で手軽に行えます。必要書類をアップロードし審査を受けるだけでOKです。

店頭回線からの乗り換え時のみ、店頭回線契約変更承諾書の提出が求められるケースがありますが、それ以外は基本的に郵送で済ませられます。

楽天モバイルアプリやWebサイトからアクセスでき、手数料の支払いもクレジットカードで完結。契約者の住所に関係なく国内からでも手続きできるため、店舗に行く必要性はほぼありません。

以上からわざわざ店舗に赴くより、PCやスマホからのWeb手続きを利用するほうが断然楽で便利です。オンラインならではのスピーディーさが魅力です。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/名義変更】法人の場合

 

楽天モバイルにおいて、法人の場合に契約者の名義変更を行う際には、特定の手続きや注意事項が存在します。法人契約における名義変更は、個人契約とは異なるポイントがあるため、以下に詳細を述べます。

まず、楽天モバイルの公式サポートによれば、名義変更にはオンラインでの手続きが可能です。具体的な手続き方法や必要な書類については、楽天モバイルの公式ウェブサイトやサポートページに詳細が掲載されていますので、事前に確認することが重要です。

法人契約の場合、名義変更に伴って楽メールのアカウントやデータも引き継ぐことができるかどうかが重要なポイントとなります。楽天モバイルでは、楽メールが楽天IDに紐づいているため、新しい契約者が旧契約者の楽メールアカウントにアクセスすることはできません。

名義変更手続きを行う際には、旧契約者が保有している楽メールのデータやアカウントに関する情報を新契約者に引き継ぐための工程が必要となります。これについても、楽天モバイルの公式情報を確認し、必要な手続きを行うようにしましょう。

法人契約者が円滑に名義変更を行うためには、楽天モバイルの公式サポートにアクセスし、具体的な手順や注意事項を確認することが不可欠です。名義変更に関する正確な情報を得て、スムーズな手続きを行いましょう。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/名義変更】esimの場合

eSIMを使用している場合、またはSIMカードを新しい契約者に渡すことが難しい場合は、SIMの再発行手続きが必要です。

楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)をご利用中で、SIMの交換や再発行を希望する場合は、「my 楽天モバイル」から手続きを行うことができます。以下に、SIMの交換・再発行の手順を詳細に示します。

まず、「my 楽天モバイル」にログインし、「契約プラン」画面を開きます。ログインに関するトラブルが発生した場合は、「my 楽天モバイルにログインできない場合どうすればよいですか?」を参照してください。

次に、「各種手続き」から「SIM再発行を申請する」を選択します。複数の回線を利用している場合は、再発行を希望する対象の回線が正しく表示されていることを確認してください。

「SIM再発行の理由」と希望する「SIMタイプ」を選択し、配送先住所が正確であることを確認した後、「再発行を申請する」を選択します。なお、SIMカードの交換・再発行手数料はeSIMが無料で、SIMカードは3,000円(税込3,300円)となります。2023年12月13日より手数料が変更されたため、詳細は公式ウェブサイトを確認してください。

その後、ワンタイムパスワードを入力し、「認証する」を選択します。ワンタイムパスワードに関する問題が生じた場合は、「ワンタイムパスワードが確認・入力できない場合はどうすればよいですか?」を参照してください。

登録されているメールアドレスが使用できない場合は、メールアドレスの変更が必要です。この場合、楽天モバイルコミュニケーションセンターにお問い合わせください。

最後に、お申し込み内容や回線番号を確認し、「確定する」を選択してお手続きが完了します。なお、Web版my 楽天モバイルを使用している場合は、「次へ進む」を選択してください。手続き後のSIMの有効化については、「SIMの種類をSIMカードまたはeSIMに交換した後は、どうしたらいいですか」を確認してください。

以上がSIMの交換・再発行の手順となります。詳細や注意事項については公式ウェブサイトを参照し、円滑な手続きを心がけましょう。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/名義変更】注意点

楽天モバイルでは、契約者の名義変更(譲渡)手続きを行うことができます。名義変更をする際には、以下の注意点に留意して手続きを進める必要があります。

手続きの流れ

  1. 現在の契約者から契約者変更手続きのURLを共有されます。
  2. URLにアクセスし、「手続きを開始する」をタップします。
  3. 新しい契約者の楽天IDでログインします。楽天IDを持っていない場合は、作成する必要があります。
  4. 契約者情報を入力し、「次へ進む」をタップします。登録情報が十分な場合は、入力は不要です。
  5. 契約者情報を確認し、「次へ進む」をタップします。
  6. 新しい契約者の情報と譲渡される回線を確認し、「手続きを続ける」をタップします。18歳未満の場合は、「あんしんコントロール by i-フィルター」の契約が必須です。
  7. 本人確認方法を選択し、「次へ進む」をタップします。本人確認書類については、詳細な情報が公式サイトに掲載されています。
  8. お支払い方法を選択し、申し込みを行います。申し込み完了後、確認のメールが届きます。
  9. 本人確認が完了すると、旧契約者と新契約者にそれぞれ「契約者変更(譲渡)完了のお知らせ」が届き、譲渡手続きが完了します。

注意事項

  • 名義変更手続きは、楽天モバイルの公式サイトやアプリを通じて行います。
  • 18歳未満の場合、親権者の同意書や支払名義人同意書が必要となる場合があります。
  • 本人確認書類については、公式サイトで指定された書類を用意し、手続き時にアップロードする必要があります。
  • 手続き完了までには、数日間の期間がかかる場合があります。

名義変更手続きに関する詳細な情報や手続き方法については、楽天モバイルの公式サイトを参照してください。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

端末の分割購入代金の請求先は元のまま

楽天モバイルで名義変更をしても、分割払いで購入した端末の残代金の請求先は変更されません。分割払いの請求先は名義変更前の元の契約者のままとなります。

名義を譲渡して新しい契約者に変更しても、端末代金の請求書はそのまま残りの支払期間にわたって元の契約者あてに送付されます。

したがって、端末の残債がある段階で名義変更をする場合は、新旧契約者間で端末代金の支払い義務について事前に確認をしておく必要があります。

請求先変更の手続きがないため、契約名義が変わった後も分割代金の支払いが滞らないよう、元の契約者と十分な合意をしておきましょう。相互のトラブル防止のため大切です。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

譲渡・承継した場合はオプションが引き継がれないものもある

楽天モバイルにおいて、契約者の譲渡や承継を行った場合、注意が必要です。特にオプションサービスに関しては、引き継がれないケースがあることに留意する必要があります。

楽天モバイルのオプションサービスは、通常は契約者(アカウント)に紐づいています。したがって、契約者が変更されると、その他のサービスやオプションも新しい契約者に引き継がれるはずですが、中には引き継がれないものもあります。

例えば、楽メールは旧契約者の楽天IDに紐づいており、新契約者には引き継がれません。そのため、メールデータやメールアカウントは新契約者がアクセスすることができません。同様に、他のオプションにおいても、譲渡・承継した場合は引き継がれないものもあるため、変更前後でサービスの状態を確認しておくことが重要です。

譲渡・承継した月のプラン料金や、お申し込み期間を過ぎた場合には、一部のサービスが制限される可能性があります。具体的な手続きや変更に関する詳細は楽天モバイルの公式サポート情報やカスタマーサポートに確認を行うことが望ましいでしょう。

名義変更に伴うオプションの引き継ぎに関する注意事項を理解し、円滑なサービスの利用を確保するためには、契約変更や譲渡時に十分な情報を得ることが重要です。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

名義変更(譲渡)には時間が掛かる

スムーズに行けば1日から2日で完了します。

期限は最大で15日となっています。それまでに作業を完了させましょう

楽天モバイルにおける名義変更に関して、手続き完了までには一定の時間が掛かることがあります。契約者の変更や譲渡は、慎重な審査や手続きが必要なため、即時の変更が難しい場合があります。

楽天モバイルでは、契約者の変更手続きが行われた場合、審査が行われ、それが完了するまでには時間が必要です。審査の結果によっては、書類に不備がある場合には再提出が必要となり、手続きが遅延する可能性もあります。

名義変更の手続きが完了した後、関連する情報や通知については新しい契約者に送信されることが通例です。ただし、変更に伴うメールやサービスのアクセス権などが引き継がれるまでには一定の時間がかかることも考えられます。

手続きの進捗や完了に関する詳細な情報は、楽天モバイルの公式サポートやカスタマーサポートから確認することができます。変更に伴う期間や手続きについての注意事項を十分理解し、必要な情報を確認した上で、円滑な名義変更手続きを行うことが望ましいです。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

旧楽天モバイルでは氏名変更や譲渡ができない

旧楽天モバイル=格安SIM時代の楽天モバイルです。

楽天モバイルの旧プランを利用している方は、氏名変更や譲渡による名義変更ができないことに注意が必要です。

ただし、新プランへの移行に伴う変更は可能です。

名義変更や譲渡は、契約者情報の変更手続きに関わる重要な要素です。楽天モバイルでは、旧プラン契約者の場合、名義変更が制限されています。そのため、旧プランを利用している方が名義変更を希望する場合は、新プランへの移行を検討する必要があります。

新プランへの移行による名義変更は可能ですが、具体的な手続きや条件については楽天モバイルの公式ウェブサイトやお客様サポートにお問い合わせください。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

未成年への譲渡は”あんしんコントロールby i-フィルター”オプション絵の加入必須

18歳未満の方が契約者変更手続き(譲渡)を受ける場合、楽天モバイルでは「あんしんコントロール by i-フィルター」のご契約と親権者情報の登録が必要です。

このオプションは、未成年の方が安心してスマートフォンを利用できるようにするためのものです。

具体的には、18歳未満の方が楽天モバイルの契約者変更(譲渡)を受ける際には、以下の手続きが必要です。

  1. 「あんしんコントロール by i-フィルター」のご契約
  2. 親権者情報の登録

これらの手続きを行うことで、未成年の方も安心して楽天モバイルのサービスを利用することができます。

なお、譲渡手続きは通常タイプのRakuten最強プランであれば、my 楽天モバイルから行うことができます。

ただし、Rakuten最強プラン(データタイプ)から通常タイプへの変更や、Apple Watch ファミリー共有の場合は譲渡手続きができません。

その場合は、Rakuten最強プランの通常タイプへ変更してから譲渡手続きを行うか、必要に応じて現在の回線を解約し、新規でお申し込みする必要があります。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

譲渡・継承した月は両者に料金がかかる・日割り

楽天モバイルで契約を譲渡または承継した月の月額基本料金は、譲渡・承継前の元の契約者と、譲渡・承継後の新しい契約者の両方に日割りで請求されます。

例えば月の途中で名義変更をした場合、その月の1日から名義変更した日までの分は元の契約者に請求され、名義変更した日の翌日から月末までの分が新しい契約者に請求されることになります。

したがって名義変更をした月については月額料金が重複して発生することになるため、新旧契約者間で調整が必要となります。この点についても事前に十分確認をしておくことが大切です。

なお、名義変更翌月からの請求は新しい契約者のみになります。重複請求が発生するのは名義変更した月の1ヶ月のみです。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

MNP乗り換えは異なる名義では不可

他社から乗り換える際には、MNP(番号ポータビリティ)の手続きが一般的です。しかし、注意が必要なのは、MNP転入と同時に名義変更(譲渡)を行う場合です。携帯電話の契約者名義は原則として変更できませんが、MNPにおいては移転元と移転先での契約者名義が同一であることが基本原則となっています。

例えば、他社からのMNP転入を検討している場合、契約者名義が異なる場合は注意が必要です。移転元となる契約者名義と、移転先となる契約者名義が異なる場合には、通常のMNP手続きだけではなく、名義変更手続きも同時に行う必要があります。

他社からのMNP転入では、契約者本人でなくても手続きは可能ですが、名義が異なる場合には名義変更手続きが必要となります。この名義変更手続きには、特定の条件が設けられていることが一般的です。家族間での名義変更などの場合も、条件を確認して手続きを進める必要があります。

したがって、携帯電話の契約者名義が異なる場合には、MNPと同時に名義変更を希望する場合には、事前に各通信事業者の規定や条件を確認し、手続きを行う必要があります。名義変更が不可の場合、MNP転入が順調に進まない可能性がありますので、注意が必要です。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

2回線目でポイントもらえるキャンペーンは終わっている

楽天モバイルで2回線目を申し込むとポイントがもらえるキャンペーンは、2022年9月30日をもって終了しました。

このキャンペーンは、楽天モバイル利用者が新たに2回線目を申し込むと、最大3,000ポイントがもらえるという内容でした。

ただし、他社からの乗り換えで楽天モバイルの最初の回線を契約した場合は、2回線目申し込みでも乗り換えポイントは付与されませんでした。

2022年10月1日以降はこのキャンペーンは無効となっており、2回線目で追加のポイント特典があるキャンペーン itself は現在ありません。乗り換え時の通常ポイントおよび割引特典のみが適用されます。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

未払い料金があるばあい名義変更できない

  • 未払い料金がある場合、名義変更はできません。
  • 未払い料金を清算し、契約者としての責任を果たす必要があります。
  • 具体的な手続きや条件は、各携帯電話会社によって異なる場合があります。
  • 名義変更を行う際には、携帯電話会社のカスタマーサポートに問い合わせることをおすすめします。

未払い料金がある場合、携帯電話の名義変更はできないことが一般的です。未払い料金があるということは、契約者としての責任を果たしていない状態であり、新たな名義に変更することはできません。

例えば、スマートフォンの料金が未払いの状態で名義変更をしようとすると、新しい名義に移行する前に未払い料金を清算する必要があります。これは、現在の契約者が未払い料金を支払うことで、新しい契約者に負担をかけないための措置です。

未払い料金がある場合、まずは料金の支払いを行い、契約者としての責任を果たすことが重要です。支払いが完了した後、名義変更の手続きを行うことができます。

ただし、具体的な手続きや条件は、各携帯電話会社や契約プランによって異なる場合があります。未払い料金がある場合に名義変更を行う際には、所属する携帯電話会社のカスタマーサポートに問い合わせることをおすすめします。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイルの評判

参考ページがありますので、評判が気になる方は見てみてください。

【楽天モバイル/評判】悪い口コミだらけ?おすすめのメリットもある!