楽天モバイルが身売りする可能性は?売却・買収・事業撤退

【楽天モバイル】身売り先の有力候補は?

結論から言えば三木谷会長や、楽天モバイル社長の矢澤さんは身売りはしないだろうし、利益が出るまでやり続ける気持ちでいると思います。

この記事は「もし楽天モバイルを手放すなら……」というもしもの話をしています。

 

楽天モバイルが現在抱えている厳しい状況において、身売り先の有力候補が注目されています。

2023年9月6日の情報によれば、携帯通信事業の設備投資により楽天グループの営業赤字が縮小しつつあると報じられています。

この営業赤字の縮小が、楽天モバイルの身売り先を模索する中でのポジティブな兆候と捉えられています。

2023年6月30日の報道によれば、楽天は1.2兆円の社債償還に迫られ、楽天市場や楽天カードなどの有力事業が存在します。

楽天はこれらの事業を通じて多岐にわたる資産を所有しており、危機を乗り越えるために資産売却を進める方針を打ち出しているとされています。

しかし、楽天グループ総帥である三木谷浩史会長兼社長は、携帯電話の回線契約増加に向けて積極的な動きを見せています。

これは、楽天モバイルが身売り先を探している中で、携帯事業の強化により立ち直りを図ろうとしている可能性があります。

要するに身売りはしないってことですね。

楽天モバイルの現状については、様々な視点からの分析が行われています。

楽天モバイルは携帯事業の苦戦によりキャッシュ不足に陥り、楽天グループ内の企業の株式上場や資金調達を模索しています。

これにより、身売り先としての選択肢が広がる可能性がある一方で、その先行きには不透明な要素も残されています。

楽天モバイルの身売り先はまだ確定していないが、楽天グループは自社の多様な事業を通じて資産を持っており、これを活かして事業再編を進める方針のようだ。

今後の動向が注目されます。

僕個人としては楽天市場で買い物することが多いので、楽天モバイルのSPUアップの恩恵を受けています。

獲得できるポイント上限は減ったのですが、それでも楽天モバイル月額料はSPUで相殺できているので文句なしです。

楽天モバイルが続くにしても売却されるにしても自分が得しているうちは使ってもいいなと思っています。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

生き残る?負け戦?楽天モバイルの今後

楽天モバイルが将来的に生き残るかどうか、あるいは負け戦に突入してしまうのかが注目されています。2023年5月8日の情報によれば、楽天モバイルを続ける限り、現金がどんどん出ていく可能性が指摘されています。楽天が生き残るためにはどんな策が必要か、その課題に対する解決策が求められています。

また、2023年4月23日の報道では、楽天モバイルが苦戦している理由について4つの誤算が挙げられています。1つ目は基地局整備であり、新規参入を表明して以来、開始が予定されていたモバイル事業が進まなかったことが挙げられています。これが楽天モバイルの誤算となり、苦戦の一因とされています。

楽天モバイルは公式ウェブサイトで最強プランなどの情報を発信しており、サービス向上にも力を入れています。しかし、これまでの経緯や課題から、楽天モバイルの今後に対する疑念や不安が根強く残っています。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイルの誤算は何だったのか?

楽天モバイルが抱える誤算についての検証が行われています。

2023年4月23日の報道によれば、その1つが基地局整備の進捗不足でした。

新規参入を表明したにもかかわらず、事業開始が予定されていた期日を守れずにいたことが、楽天モバイルにとっての大きな誤算となりました。

この基地局整備の誤算は、楽天モバイルの事業計画に影響を与え、市場での競争力を低下させる結果となりました。

楽天モバイルが今後、これらの誤算をどう克服し、事業を立て直していくのかが重要な焦点となっています。

また、2021年5月31日の報道によれば、三木谷総帥が主導した携帯事業参入が誤算を招き、楽天を襲う「底なしの巨額赤字」に繋がってしまった可能性が指摘されています。

楽天モバイルが抱える誤算に対する適切な対策が求められています。

最近では「あたらしい基地局作りました」というような通知がスマホに入ってくることが多くなりました。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

売却できない理由がある?

楽天モバイルを売却することが難しい理由が存在する可能性が浮上しています。

2023年4月23日の報道によれば、楽天はモバイルの赤字によるキャッシュ不足を解消するために、楽天グループ内の企業である楽天銀行や楽天証券の株式上場によって、持ち株の一部を売却することで資金調達を行っています。

同様に、2023年4月16日の情報によれば、楽天は楽天モバイルでの赤字が膨らんでおり、証券子会社の売却を含む様々な手段で資金を確保する必要があるとされています。

このような経済的な状況から、楽天モバイルを売却することは三木谷さんにとって容易ではないとされています。

また、楽天モバイルの将来について検討するスレッドでは、撤退が難しい状況であるという指摘があり、楽天証券や楽天市場、楽天カードの一部売却から始め、最終的には全部売却に向けて進む可能性が示唆されています。

楽天モバイルが苦境に立たされている要因やその経緯を考察する中で、売却が難しい理由がいくつか浮かび上がっています。

楽天モバイルの将来戦略や経営方針に対する検討が進む中、三木谷さんがどのような判断を下すかが注目されています。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/身売り】amazonに買収される?

最近の報道によると、楽天モバイルがAmazonによって買収される可能性が噂されています。

もちろんただの噂話、空想と言ってもいいぐらい不確かな話です。

これに関する情報がいくつかのニュースソースから出ており、注目を集めています。

ダイヤモンド・オンラインの記事によれば、アマゾンが楽天を買収し、「アマ天」という新たな組織が誕生してもおかしくない、としています。

これは最悪のシナリオとされていますが、詳細はまだ不透明です。

 

また、堀江貴文氏は楽天モバイルの大赤字に言及し、「Amazonに売っちゃったら」と述べ、買収が検討されている可能性を示唆しています。楽天モバイルが大きな経済的な課題に直面していることがうかがえます。

大前研一氏も楽天の事業に厳しい意見を示し、楽天モバイルの大赤字は氷山の一角に過ぎないと述べています。これがAmazonによる買収の可能性を後押ししているかもしれません。

一方で、Yahoo! JAPANのQ&Aでは、アマゾンが楽天グループを買収した場合、楽天モバイルの契約者数が増えるかという疑問が寄せられています。これに対する答えはまだ明確ではありませんが、買収が実現すれば楽天モバイルのサービスに何らかの変化が生じる可能性があります。

最後に、個人のブログでは楽天が買収される可能性に焦点を当て、アマゾンが楽天の買収を検討していると報じています。具体的な狙いやプランについてはまだ明らかにされていませんが、楽天にとって大きな転換点となる出来事となるでしょう。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

競合に買収されるよりいいのか?

近年、楽天モバイルが買収の噂に包まれており、その中でも注目されているのがAmazonによる買収の可能性です。

このシナリオが現実味を帯びる中、競合他社に買収されるよりもAmazonに買収されたほうが良いのか、という疑問が浮上しています。

日本においても携帯サービスを展開する可能性があるAmazonが楽天グループを買収するという最悪シナリオが取りざたされています。

この可能性を否定しきれない背景には、Amazonが他の国で携帯サービスを提供しており、日本でも展開する可能性があることが挙げられています。

楽天モバイルはすでに競合他社として存在感を示しており、その買収先がAmazonであれば、日本の通信業界に大きな変革をもたらすことが予想されます。

競合他社に買収される可能性もある中で、グローバルな視点で展開するAmazonによる買収は、新たなビジネスモデルやサービスの導入が期待される一方で、楽天モバイルの独自性がどれだけ維持されるかも焦点となります。

これに対して、他の企業の買収事例や成功事例を挙げてみると、Googleが新たな技術や資本を獲得するために積極的に買収を行っており、その結果、多岐にわたる事業を展開しています。

一方で、買収後の事業成長に焦点を当てる企業も多く、M&Aを通じて持続的な成長を実現しています。

楽天モバイルにとって、Amazonに買収されることが良いか否かは議論の余地があります。

一方で新たな可能性を切り拓くチャンスとなる一方で、独自性の維持やサービスの安定性も懸念されます。

楽天モバイルの今後の動向に注目が集まるでしょう。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/身売り】NTTに売却?

こちらも単なる噂話としてお楽しみください。

 

最近、楽天モバイルが破産の危機に瀕しており、その身売り先としてNTTが最有力視されています。楽天モバイルの困難な経営状況は、様々な報道で取り上げられ、注目を集めています。

楽天モバイルの身売りに関する報道によれば、NTTが買収先として浮上しているとの情報があります。これにより、日本国内の通信業界における大きな変化が予想されています。楽天モバイルが5G、6Gの展開に向けて取り組んでいた中、その先行きが不透明な中での身売りは、業界全体に影響を与える可能性があります。

さらに、楽天モバイルの破産とNTTへの売却に関する報道は、国内外で取り上げられており、関連する企業や市場において大きな話題となっています。楽天モバイルの事業に関与している関係者や利用者は、今後の展開に注目していることでしょう。

楽天モバイルの財政状況が悪化する中で、NTTが買収先として浮上する背景には、日本政府の防衛費確保のため、NTT株の売却案が浮上したことも影響しているようです。この提案については賛否両論があり、業界内で激しい論争が繰り広げられています。

これにより、楽天モバイルとNTTを巡る展開は今後一層注目を集めそうです。NTT法の見直しを巡る通信3社の激しい論争も加熱しており、日本の通信業界において大きな変革が迫っていると言えるでしょう。

 

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/身売り先】au(KDDI)が売却先?

楽天モバイルが身売り先としてau(KDDI)が仮定された場合、これは日本の通信業界において大きな変革をもたらす可能性があります。楽天モバイルとau(KDDI)が統合されることで、新たな通信事業者が誕生し、市場競争が一層激化するでしょう。

楽天モバイルは新規参入として注目を集め、一定の成功を収めてきましたが、経営課題に直面しています。そのため、au(KDDI)が買収先となる場合、楽天モバイルの強みとau(KDDI)の資源を結集し、より強力なサービス提供が期待されるでしょう。

一方で、楽天モバイルの既存ユーザーや取引先にとっては、統合に伴う変更や影響が懸念されます。契約条件やサービス内容に変更がある場合、これらの利害関係者に対して丁寧な説明やサポートが求められるでしょう。

楽天モバイルの売却先に関する噂や憶測は様々ありますが、au(KDDI)がその一翼を担う可能性が高まると、市場や規制当局、関連企業などが注視する事象となります。新たな通信事業者の登場や市場再編の影響は、今後の日本の通信業界に大きな波紋を広げることでしょう。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

ローミング拡大?au回線も無制限に

楽天モバイルが身売りの噂と共に、au(KDDI)回線のローミングエリアを拡大し、無制限のデータ通信を提供する方針を打ち出しました。

これにより、利用者にとってはより広範囲での高速通信が可能となり、通信サービスの利便性が向上する可能性があります。

これは、従来の楽天モバイルの通信プランにおいて、au回線を利用する場合には一定の制限があったものを撤廃するものです。

これにより、楽天モバイルの利用者は、au回線を利用する際にも無制限のデータ通信を享受できるようになります。

この方針転換は、楽天モバイルが経営課題に直面している中で行われたものと見られています。

楽天モバイルは、KDDI(au)とのローミング契約を活用し、サービスの向上と競争力の維持を図る戦略を展開しています。

楽天モバイルが最強プランとして位置づける中で、au回線のローミングエリア拡大は、通信事業者間の競争激化と、利用者にとってより魅力的な通信環境の提供を意味しています。

これにより、楽天モバイルが身売りに向けて新たな展開を見せる一方で、通信市場全体のダイナミクスも変化することでしょう。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/身売り】競合キャリアへの流出も、500万回線突破

楽天モバイルは、携帯キャリアサービスの契約数が500万回線を突破したと発表しました。

この数字は、楽天モバイルが本格的にサービスを開始してから約3年4カ月での達成となります。

競合他社へのユーザー流出もある中で、500万回線を突破するなど、楽天モバイルの成長が注目されています。

楽天モバイルは2020年4月に本格的なサービス提供を開始して以来、独自のプランやサービス展開により、多くのユーザーを獲得してきました。特に500万回線の突破は、その戦略の一環として位置づけられています。

この成果は楽天モバイルが法人携帯市場にも進出したことなど、さまざまな展開が寄与しています。楽天モバイルの積極的なプロモーションやキャンペーンもユーザー獲得に寄与し、激しい競争の中で差別化を果たしてきた要因と言えるでしょう。

一方で、苦境に立たされる中での成果となった楽天モバイルの500万回線突破は、今後の展開にも影響を与えそうです。競合キャリアとの提携や身売りの噂が浮上する中、楽天モバイルはこれらの課題にどのように対応し、成長を続けるのかが業界とユーザーにとって注目ポイントとなります。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

契約者純減からの微増

楽天モバイルが契約者数において初の純減を経験し、その先に待つ関門が注目されています。

競合キャリアやMVNO(仮想移動体通信事業者)への「0円ユーザー」の大量流出が、この純減の背景にあるとされています。

特に、楽天モバイルが提供していた「UN-LIMIT VI」の1GB以下が0円というサービスの廃止が、契約者の減少に影響を与えました。

2022年5月に発表された「UN-LIMIT VII」の提供開始に伴い、契約者の減少が始まり、6月にはその減少が大きくなりました。7月は減少が一部抑えられたものの、8月に再び減少が発生しました。

この状況は、楽天モバイルが提供するサービスや料金体系の変更が、ユーザーの動向にどのように影響するかを示唆しています。

しかし、2022年12月に入ると、ようやく契約者数が微増に転じたとの報告もあります。

1GB以下の0円サービスの廃止後、収益に改善の兆しが見られ、楽天モバイルが黒字化に向けて歩みを進めている可能性も浮上しています。

今後の楽天モバイルの戦略や施策が、契約者数の推移にどのような影響を与えるかが注目されています。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/身売り】最悪シナリオ

楽天モバイルが直面している最悪のシナリオには、様々な憶測と懸念が囁かれています。

その中で一つのシナリオは、このページの上の方でも書いたアマゾンによる楽天の買収です。

アマゾンが楽天を買収し、「アマ天」という新たな組織が誕生する可能性が取りざたされています。

これは、楽天が巨大な企業によって吸収合併され、楽天のブランドやサービスが変容する不安を抱えるものとなります。

さらに、楽天グループ全体に関しては、巨額の借金返済が迫られ、楽天解体という最悪のシナリオも検証されています。

携帯子会社である楽天モバイルが抱える赤字もその要因の一つであり、経営課題の解決が急務とされています。

資金繰りの厳しさや債務超過といった問題が顕在化する中で、楽天グループの将来に不透明感が広がっています。

この最悪のシナリオに対しては、楽天関連の著名人や専門家がそれぞれの視点から検証や説明を行っており、堀江貴文氏もその一人です。

債務超過や財政難に陥った場合の打開策や再建の可能性などについて、様々な意見が提示されています。

これらのシナリオが実現するかどうかは不透明ながら、楽天モバイルや楽天グループの今後の動向が注目されています。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/身売り】売却の可能性はあるのか?

楽天モバイルは現在、経営の危機的な状況にあります。2023年2月の情報によれば、楽天グループの中で最も赤字を計上しているモバイル事業は、黒字化を目指してきましたが、その目標が達成できるかどうかには疑問符がついています。黒字化の約束がトーンダウンし、事業の将来に不透明感が広がっています。

2023年5月には、楽天モバイルが「Rakuten最強プラン」を導入し、3年の黒字化を目指している一方で、売却の可能性についても議論されています。楽天モバイルはコスト削減に力を入れ、危機を脱するべく努力していますが、売却を求められる可能性が高まっているとされています。

また、楽天モバイル事業に関心を示す企業も現れており、アマゾンやテンセントなどが取引の可能性があると報じられています。モバイル事業の人員削減やコスト削減が進む中、外部からの関心が高まることで、楽天モバイルの将来がどのように展開するかが注目されています。

2023年5月の時点で、楽天グループは自己資本比率が危険水域に到達しており、楽天モバイルの赤字が楽天全体の経営に大きな影響を与えています。この状況下で楽天モバイルがどのように乗り越え、将来に向けて進むのか、今後の動向が注目されています。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/身売り】売却して事業撤退の可能性は?

楽天モバイルが事業の撤退や売却に向けた可能性が浮上している状況を考えると、業界や利用者にとって注目すべき局面と言えるでしょう。

2023年4月の情報によれば、楽天は楽天モバイルにおいて赤字を計上し、資金調達のために証券子会社を売却する必要があるほど経営が苦しい状況にあると報じられています。

この状況が続けば、将来的な事業撤退や売却の可能性が高まるかもしれません。

さらに、楽天がモバイル事業を売却や撤退する場合、総務省との取り決めにより、事業価値の大部分を占める電波の返納が求められるとの情報もあります。これが事業撤退の障害となる可能性があります。

2023年6月には、楽天モバイル事業の売却に関する噂が絶えず、新興キャリアとしてのスタートからわずか数年での売却検討が浮上しています。このような状況が続けば、楽天モバイルの将来についての不透明感が一層高まるでしょう。

一方で、アマゾンが楽天を買収するという最悪のシナリオも議論されています。これにより、楽天モバイルがアマゾン傘下に入る可能性が否定できないとの見方も存在しています。業界や利用者にとっては、これらの可能性に対する注視が必要です。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

三木谷会長的には「苦戦はしても売却はナシ」という方向っぽい

楽天グループの三木谷会長は、楽天モバイル事業について「苦戦はしても売却はしない」との方針を示している。

楽天モバイルは開始から赤字が続いているが、三木谷会長は低価格な通信料金と革新的なネットワーク構築を実現するためには投資が必要との立場だ。

一方で、コスト削減に向けた様々な対策も進めており、収益性の改善に努めている。

しかし、モバイル事業の売却論がくすぶる中、三木谷会長は「いかなる事態が起ころうとも売却しない」と明言している。

楽天グループにとってモバイル事業は成長戦略の柱であり、グループシナジーを発揮するうえで欠かせない存在なのだ。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイル 将来への決断

楽天モバイルは開業から赤字が続く厳しい経営状況にある。

価格帯での参入と独自のネットワーク構築で差別化を図ったが、コスト面での課題が解消しないまま契約者獲得に注力した結果、売上高に対する損失の割合が大きくなっている。

一方、楽天グループとしてはシナジー効果も大きく、モバイル事業の位置づけは依然として大きい。

そこで楽天に求められるのは、モバイル事業の再建に向けた具体的な道筋を示すことだ。

ネットワークとITシステムの共同運用による効率化や、料金プランの見直しによる収益性向上が不可欠である。

また、非効率な投資の見直しとともに、グループ各社との連携を強化し、シナジーを最大限に発揮する戦略が必要不可欠だ。

楽天には、創業者である三木谷会長の強力なリーダーシップが求められる。

売却論に後退することなく、グループ一丸となってモバイル事業の再建に全力を注ぐ決断が問われている。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

 

楽天モバイルの評判 実のところ

身売りするのか?というと、そんなことはないというのが現状でしょう。

そこで実際の宅店モバイルの使い心地はどうなのか?と感じ、念っと上の評判をまとめたページを作りました。

楽天モバイルの導入を考えている場合は以下を参考にしてみてください。

【楽天モバイルの評判】評価・口コミ・感想とおすすめな人