【楽天モバイル】社長交代・矢澤俊介氏に 歴代は?退任も

楽天モバイル社長 現在は矢澤俊介氏

現在、楽天モバイルの代表取締役社長は矢澤俊介氏です。

矢澤氏は1980年3月4日生まれの43歳です。

2005年6月に楽天(現楽天グループ)に入社し、楽天市場事業の営業統括や執行役員を歴任しました。

2019年から楽天モバイルの取締役に就任し、2022年4月から代表取締役社長を務めています。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

矢澤俊介氏の出身大学・経歴

矢澤俊介氏の出身大学についての情報は見つかりませんでした。ご存じの情報源がありましたらご教示いただけますと幸いです。

矢澤氏は2005年6月に楽天に入社していることから、大学卒業後すぐに楽天に入社したと考えられます。入社時のプロフィールを見る限り、大学名や専攻などの詳細は記載されていないようです。

楽天への入社前の経歴としては、英会話学校NOVAに勤めていたことがある他は不明です。NOVA在籍時から営業職としての能力を発揮していた可能性が高いでしょう。

矢澤氏の大学時代の詳細については不明な部分が多いですが、楽天での実績から判断して、商学や経営学などの分野を専攻した可能性が高いのではないでしょうか。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

矢澤社長は楽天モバイルを黒字化きるか?

楽天グループは、モバイル事業の赤字に悩まされてきました。

2023年中に単月での黒字化を目指していましたが、その姿勢が変わりつつあります。

楽天モバイルは、過去には黒字化の目標を掲げつつも、達成が難しいとの見方も広がっていました。

2023年2月22日の記事によれば、楽天グループはモバイル事業の元凶となっている赤字に歯止めをかけるため、2023年中の単月黒字化を目指していましたが、その姿勢に変化が見られます。

楽天にとって、モバイル事業の黒字化は喫緊の課題であり、これを達成することが企業の安定した成長につながるとされています。

しかし、2023年11月9日の情報によれば、楽天モバイルは黒字化に向けて動き出しており、2024年末までに800万回線の突破を目指しています。

以前は黒字化に必要な契約件数は1000万回線という情報もありました。

楽天モバイル三木谷会長は、他のキャリアとの協調にも可能性を検討していく姿勢を示しています。

楽天モバイルは2023年8月10日に行われた決算説明会で、2024年から事業をフェーズ3(第3段階)に移行し、単月黒字化を実現する計画を発表しました。

これは、モバイル事業の再構築を図り、安定的な黒字化を目指すものとされています。

一方で、楽天が初めてモバイル黒字化のメドについて言及したとされる2023年8月17日の会見では、三木谷会長が今後の状況を見て判断していく姿勢を示し、不安要素を一部払拭しました。

 

 

参考リンク:楽天モバイル 2023年黒字化は困難?契約数の見通し

 

 

2023年1月16日の報道によれば、株式市場関係者からは単月黒字化が困難であるとの懸念の声も上がっています。

一時的なプラス化も含め、楽天モバイルの黒字化が果たして達成可能かどうか、市場は注視しています。

最新の情報によれば、2023年9月6日時点で携帯通信事業への設備投資を要因とした楽天グループの営業赤字が縮小しつつあるとの報告があります。

これにより、2024年の黒字化への期待も高まっていますが、実現可能性は今後の状況次第と言えそうです。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイル 本社 電話番号

楽天モバイル株式会社の本社は、東京都世田谷区玉川一丁目14番1号に位置しています。

本社の電話番号は050-5370-5068です。

お問い合わせや会社に関する情報を必要とする際は、この電話番号にご連絡いただくことができます。

楽天モバイルは、電気通信事業法に基づく電気通信事業および通信に関する事業を展開しており、本社はその中心的な拠点となっています。

地図からもわかるように、楽天クリムゾンハウスとして知られる建物に本社が入っています。

楽天モバイルはお客様にとって、革新的で信頼性の高いモバイルサービスを提供するとともに、地域社会においても一層の発展に寄与しています。

 

楽天モバイル 歴代の社長

楽天モバイルは過去数年間で複数の社長が経営を担当してきました。

2022年3月末までの社長は山田善久氏で、彼の経歴は注目されています。

山田善久氏は1987年に東京大学法学部を卒業し、その後、株式会社日本興業銀行(現在の株式会社みずほ銀行)に入行しました。

1992年にはハーバード大学に留学し、幅広い知識と経験を積んできました。

楽天モバイル社長としての山田善久氏は、2022年3月末をもって退任し、楽天グループ株式会社の相談役に就任予定となりました。

その後の新たな指導体制に注目が寄せられました。

後任は矢澤俊介氏に決まり、代表取締役社長として手腕を振るっています。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

2022年3月末までの社長は山田善久氏 経歴

楽天モバイルの社長として、2022年3月末まで山田善久氏がその重責を務めていました。

山田善久氏は1964年に生まれ、東京大学法学部を1987年に卒業しました。

その後、株式会社日本興業銀行(現在の株式会社みずほ銀行)に入行し、金融業界での経験を積んでいます。

1999年にはゴールドマン・サックス証券株式会社に入社し、国際的な金融の舞台で活躍。

そして、2000年に楽天株式会社に常務取締役として転身しました。

楽天トラベルなど様々な分野での業績向上に寄与し、楽天グループ内での存在感を示しました。

楽天モバイルの代表取締役社長として、山田善久氏はモバイル通信事業の発展に尽力し、組織の指導力と戦略的なビジョンにより、楽天モバイルの地位を向上させました。

2022年3月末で社長を退任し、楽天グループ株式会社の相談役に就任予定となりました。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイル 執行役員一覧

楽天モバイルの組織を支える執行役員たちの一覧が公開されています。

具体的な役職や担当領域については公式情報を参照することが望ましいですが、執行役員は組織内で重要なポジションを担い、楽天モバイルの事業戦略や発展に貢献しています。

 

楽天モバイル 新執行体制 (2023年8月7日付)
氏名役職
三木谷 浩史代表取締役会長
鈴木 和洋代表取締役 共同CEO
Sharad Sriwastawa
(シャラッド・スリオアストーア)
代表取締役 共同CEO兼CTO
矢澤 俊介代表取締役社長
松井 房樹代表取締役副社長
百野 研太郎取締役副会長
廣瀬 研二取締役副会長
前田 敦史取締役副社長 CFO
田村 篤司取締役副社長 COO兼CCO
今枝 真一監査役
藤田 聡監査役
塩原 聡監査役

前代表取締役 共同CEOのTareq Amin(タレック・アミン)氏は、8月7日に退任。

彼らのリーダーシップのもと、楽天モバイルは競争の激しい通信業界で前進し、革新的なサービスや技術の提供を続けています。

執行役員たちの協力により、楽天モバイルはお客様に最高のモバイルエクスペリエンスを提供するための努力を続けています。

 

 

 

 

楽天モバイル

 

 

山田氏のときには”楽天モバイル iPhone着信しない問題”とかがあった

楽天モバイルにおけるiPhoneの着信不可問題が発生しており、ユーザーからの不満や不具合報告が相次いでいます。

この問題では、iPhoneを使用しているユーザーが電話をかけても着信せず、通話が正常に行えない状態が発生しています。

報告によれば、楽天モバイルのiPhoneでの着信不具合は広範囲にわたり、様々な場面で発生しているようです。

総務大臣も記者会見でこの問題に言及し、年内に解消する方針を示しています。

ユーザーによると、楽天モバイルのiPhoneでの電話着信に問題が生じる一方で、他キャリアから楽天モバイルにかける場合には正常に通話できるとの報告もあります。

このような状況に対処するため、楽天モバイルはRakuten Linkアプリの最新バージョンへのアップデートを促しています。

ユーザーは公式ウェブサイトやサポート情報を参照し、最新の情報や対策を確認することが重要です。楽天モバイルはユーザーコミュニケーションを大切にし、問題解決に向けて積極的な対応を行っているようです。

 

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル】社長交代ではなくCEOの退任があった

2022年8月7日、楽天モバイルの代表取締役共同CEOを務めていたタレック・アミン氏が突然退任した。

アミン氏は楽天シンフォニーのCEOや楽天グループの副社長も兼任していた重職だった。

退任の理由は「自己都合」とされているが、具体的な内容は不明である。

一部では「家庭の事情」とされていたが、詳細はなお不明です。

アミン氏は退任後のコメントで「簡単な決断ではなかった」としていることから、何らかの事情があったと見られる。

アミン氏の退任により、楽天モバイルの新しい共同CEOに鈴木和洋氏とシャラッド・スリオアストーア氏が就任した。

社長の三木谷浩史氏は代表権を持つ会長に専念している。

今回は法令違反などの不祥事による辞任ではなく、アミン氏の自己都合の退任である。

ただし、楽天グループ3社のトップを突然退任したことから、何らかの背景があった可能性は否定できない。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

タレックアミン氏が楽天モバイル共同CEOとRakuten SymphonyCEOを退任

楽天モバイルとRakuten Symphonyの共同最高経営責任者(CEO)を務めていたタレック・アミン氏が突然の退任を発表しました。

この退任は2023年8月7日付で発効され、楽天モバイルの広報によれば、自己都合によるものです。

タレック・アミン氏は楽天モバイルだけでなく、楽天グループ傘下のRakuten SymphonyでもCEOを務めていました。

彼の退任に伴い、新たな執行体制の構築が行われることとなりました。

この突然の退任に関しては、具体的な理由が明示されていないため、業界や投資家から注目を集めています。

三木谷浩史会長が「塩対応」とされ、その背後にはどのような事情があるのか、今後の動向が注目されています。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

現在の共同CEOは鈴木和洋氏とシャラッド・スリオアストーア氏

楽天モバイルの現在の共同最高経営責任者(CEO)は、鈴木和洋氏とシャラッド・スリオアストーア氏です。

鈴木和洋氏は代表取締役共同CEOとして、シャラッド・スリオアストーア氏は代表取締役共同CEO兼CTOとして、楽天モバイルの経営に携わっています。

この新しい指導体制は、2023年8月7日にタレック・アミン氏が突然退任したことに伴い発表されました。

鈴木和洋氏とシャラッド・スリオアストーア氏は、楽天モバイルを共同で率い、今後の成長と展開に貢献することが期待されています。

鈴木和洋氏は楽天モバイルの代表取締役共同CEOであり、シャラッド・スリオアストーア氏は同じく代表取締役共同CEO兼CTOを兼任しています。

新しい指導陣がどのように企業を牽引し、業界においてどのような展開を見せるのか、今後が注目されています。

 

 

 

楽天モバイル