【楽天モバイル】着信拒否のやり方と解除・iPhoneなど

【楽天モバイル】着信拒否するやり方まとめ

楽天モバイル 着信拒否

「楽天リンクで無料通話出来るのはいいけど、着信拒否できないの?」

「楽天モバイルは着信拒否設定できないの?」

「ログイン・ログアウトせずにRakuten linkで着信拒否したい」

 

まず、楽天モバイルの無料通話アプリRakuten linkは着信拒否設定できません。

しかし、アプリを組み合わせることによって出来るようになります。

アンドロイドならMacrodroid(マクロドロイド)、iPhoneならWorkflowというアプリを入れて設定をすることで、着信拒否できます。

電話をかける時はRakuten link、終わったら楽天リンクからログアウトして、着信拒否設定できる通常の通話アプリで 待機、という流れが自動化できます。

プログラミングコードを書いたりする必要がなく、やってほしい動作をタップして決めていくだけで出来るのが良いポイントです。

現状、これが楽天リンクを使いつつ、着信拒否をする最善の方法です。

「楽天リンクは着信拒否できなくて使いにくい」という噂を信じ、楽天モバイルとの契約を躊躇していた方はこれで問題解決。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天リンクからログアウトすれば着信拒否できるが注意点もある

楽天モバイルのコミュニケーションアプリである楽天リンクを使用している場合、着信拒否を設定するためには楽天リンクからログアウトする必要があります。ログアウトすることで、端末側の標準電話アプリで着信拒否設定を行うことができます。ただし、ログアウト中は楽天リンクでの発着信ができなくなるため、通話料金や通信料金が発生することに注意が必要です。

楽天モバイルは着信拒否サービスを提供していないため、楽天リンクを使用しているユーザーが着信拒否を利用する場合は、ログアウトして端末側で設定する必要があります。ただし、ログアウトすることにより以下のデメリットが生じます。

  • 楽天リンクからログアウトすると、通話料金が発生する。
  • 楽天リンクユーザー同士のメッセージ機能や楽天モバイルのキャリアメールサービス「楽メール」が利用できなくなる。

Androidスマホの場合、楽天リンクにログインしている間は着信拒否を利用することができません。楽天リンクには端末の標準電話アプリの着信拒否設定が反映されないため、楽天リンクからログアウトして端末側で設定する必要があります。ただし、ログアウトすることにより通話料が発生するため、注意が必要です。

iPhoneの場合、楽天リンクにログインしている状態でも、標準電話アプリの着信拒否設定が反映されて着信拒否できるようになります。ただし、相手が楽天リンクから発信している場合は標準電話アプリの設定が反映されず、着信拒否ができないことに注意が必要です。

以上のように、楽天リンクからログアウトして端末側で着信拒否設定を行うことで、楽天モバイルユーザーでも着信拒否を利用することができます。ただし、ログアウトによるデメリットや端末側の設定が反映されない場合があるため、注意が必要です。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

別の方法:アプリを使って着信拒否を自動化

着信拒否アプリを使えば、迷惑電話をブロックすることができます。操作手順は非常に簡単で、ブラックリストに電話番号を追加するだけです。すると登録された番号からの着信が自動でブロックされます。

「Truecaller」は、迷惑電話の他に迷惑メッセージもブロックできて評判の無料アプリ。SMSに届く悪質なスパムメッセージを自動で判別・拒否してくれるので迷惑電話に困っている人は、ぜひ試してみましょう。

Macrodroidというアプリを使うと、特定条件が揃った場合にスマホを自動化して迷惑電話の着信を拒否したり、着信音を強制的に無音にしたりすることができます。便利な機能です。

Whoscallアプリなら、着信拒否設定が簡単にでき、設定していない悪質な迷惑電話を自動でブロックできる機能もあります。iPhoneやAndroidのスマホがある人は使ってみる価値アリです。

楽天Linkの着信拒否を自動化したい場合は、楽天Linkアプリから一度ログアウトする必要があります。ログアウト後は楽天Link経由での通話はできなくなりますが、迷惑電話対策には効果的だと思います。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

macrodroidで面倒なログイン/ログアウトを解消

楽天リンクにおける着信拒否の難題を解消するために、Macrodroidという強力なツールを利用することができます。これは、ユーザーが通常では行えない着信拒否を自動的に実現する方法を提供します。

楽天リンクにおいて、デフォルトの設定では着信拒否が難しいという課題が存在します。しかし、Macrodroidを駆使することで、この問題をクリアすることが可能です。具体的には、Macrodroidを使用して特定の条件やトリガーに応じて楽天リンク上での着信拒否を自動的に行うマクロを作成できます。

これにより、例えばリストチェックをパスしての着信や、通常の楽天リンクでは難しいとされる着信拒否を実現できます。ユーザーは自分のニーズに合わせて、柔軟かつ効果的な設定を行うことができるでしょう。

公式な方法が存在しない中、Macrodroidを活用することで、楽天リンクの着信拒否を自動化する手段が提供されます。マクロ登録を行うことで、着信拒否の設定を簡単かつ効率的に行えます。

ユーザーコミュニティや掲示板には、楽天リンクの着信拒否に関する悩みや解決策が議論されています。Macrodroidを使用してマクロを組むことで、通常では難しいとされる楽天リンクの着信拒否を可能にし、スマートフォンの利便性を向上させることが期待できます。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/着信拒否】Rakuten linkは着信拒否できない!

楽天モバイルのコミュニケーションアプリ「Rakuten Link」では、着信拒否設定ができないことが分かりました。

楽天リンクにログインしている場合でも、標準の電話アプリで着信拒否設定を行っても、Rakuten Linkには反映されないようです。

楽天モバイルは着信拒否サービスを提供していないため、楽天リンクを使っているユーザーが着信拒否を利用するには、原則として楽天リンクからログアウトした上で、端末側(標準の電話アプリ)で着信拒否設定を行う必要があります。

ただし、ログアウトすることによるデメリットもあります。楽天リンクを利用している間は相手に発信した通話料が無料となるのが魅力ですが、ログアウトすると通話料が発生してしまうため、注意が必要です。

Androidスマホの場合、楽天リンクにログインしている間は着信拒否を利用することができません。楽天リンクには端末の標準電話アプリの着信拒否設定が反映されないため、楽天リンクで拒否した相手からの着信も受け取ってしまいます。どうしても着信拒否したい場合は、楽天リンクからログアウトして、端末側で着信拒否設定を行う必要があります。

iPhoneの場合、着信拒否したい相手が楽天リンクを使って発信しているかどうかで着信拒否の方法が異なります。楽天リンクにログインしている状態でも、相手が楽天リンク以外で発信してくると標準の電話アプリで着信するため、標準電話アプリの着信拒否設定が反映されて着信拒否できます。ただし、相手が楽天リンクから発信している場合は、標準電話アプリでの設定が反映されず、着信拒否ができないようです。

以上のように、楽天モバイルのコミュニケーションアプリ「Rakuten Link」では着信拒否設定ができないため、着信拒否を利用したい場合は端末側の標準電話アプリを使用する必要があります。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

非通知着信拒否したいが楽天モバイルでは無理

楽天リンクでは非通知の着信拒否ができません。ご利用端末の着信拒否設定を反映させるには、一旦楽天リンクアプリをログアウトする必要があります。ただしログアウト中は楽天リンクでの発着信ができなくなるので注意が必要です。

楽天モバイルの契約プランには「発信者番号非通知」のオプションが含まれています。my楽天モバイルからこのオプションのON/OFFを切り替えることができます。非通知発信をしたくない場合はOFFにするとよいでしょう。

Android端末の場合、通話設定内の「着信拒否設定」を選択し、拒否したい「非通知」の箇所をチェックすることで、非通知の着信を拒否できる可能性があります。iPhoneでも同様の設定方法があるかもしれません。

楽天モバイルのIP電話サービスでは、非通知着信拒否設定をしても発信者側には音声ガイダンスが流れるだけです。完全に拒否することは難しそうです。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

【楽天モバイル/非通知拒否できない!】しかし…楽天リンクの設定方法で

標準の通話アプリは話し放題をつければ無料だが…

楽天モバイルでは、標準の通話アプリを使用して着信拒否を設定することが可能です。しかし、この機能を利用するには話し放題オプションに加入する必要があります。通話かけ放題オプションサービスには有料がかかりますが、その代わりに通話料が無料となります。

Rakuten Linkアプリでは着信拒否設定ができないとされていますが、通常の通話アプリを使用することで、着信拒否を簡単に行うことができます。通話アプリ内でメニューから通話設定に進み、そこから着信拒否設定を行うことで、特定の着信をブロックすることが可能です。

加えて、一部のユーザーは楽天モバイルでの着信拒否に関して裏技を共有しています。これにより、通話かけ放題オプションに加入せずに、着信拒否を利用する方法が提案されています。ただし、これらの裏技の有効性や正確性は確認が必要です。

また、楽天モバイルでは迷惑電話ストップサービスも提供されており、特定の番号からの着信を拒否することができます。これはいたずらや繰り返しの迷惑電話を自動応答で拒否するサービスで、利用者の快適な通話環境をサポートしています。

総じて、楽天モバイルでは標準の通話アプリを活用して着信拒否が可能であり、ユーザーは自身のニーズに合わせて有料オプションや迷惑電話ストップサービスを活用することができます。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/着信拒否】iPhoneでの設定と解除

楽天モバイルにおいて、iPhoneでの着信拒否の設定と解除方法について解説します。楽天モバイルでは、iPhoneの標準電話アプリを使用して特定の発信者や番号からの着信を拒否することが可能です。

着信拒否を設定するには、iPhoneの標準電話アプリを開き、着信履歴の画面で着信拒否したい番号の一番右端の「i」をタップします。そこから「この発信者を着信拒否」または「連絡先を着信拒否」を選択することで、指定した発信者からの着信を拒否できます。

一方で、着信拒否を解除する場合は、設定のアプリを開き、着信拒否を解除したい相手を選び、該当する設定を解除します。この手順により、拒否していた着信を再び受け付けることができます。

なお、楽天モバイルでは楽天リンクアプリを使用した着信拒否設定も可能ですが、標準電話アプリを利用することで簡便に設定できます。一方で、楽天リンクアプリを使用する場合はログアウトが必要な場合があります。ログアウト中はRakuten Linkでの発着信ができないため、注意が必要です。

これらの設定を利用することで、ユーザーは不要な着信を制御し、快適な通話環境を維持することができます。また、迷惑電話や特定の発信者からの着信に対処するための裏技も存在し、ユーザーはその中から最適な方法を選択できます。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

iPhoneで迷惑電話ブロック・ブラックリスト登録

iPhoneの「電話」アプリから、迷惑な電話番号や連絡先をブラックリストに登録し、着信を拒否することができます。方法は簡単で、着信履歴から拒否したい番号の「i」アイコンをタップし、「この発信者を着信拒否」を選択するだけです。

迷惑メールも同様に、メールアプリから拒否したい連絡先が関与するメールを開き、その連絡先の名前をタップして「この連絡先を受信拒否」を選択しましょう。以後その人からのメールが受信トレイに入ることはなくなります。

SMSについては、「設定」アプリから「メッセージ」を選び、「フィルター未知の送信者」をオンにすると、登録外の番号からのSMSを自動でフィルタリングできます。迷惑メッセージ対策になります。

一度ブラックリストに登録した着信拒否した番号や連絡先は、「設定」アプリの「電話」から確認や削除ができます。いつでも設定を元に戻せるので安心です。

こうしたiPhoneの基本機能を活用すれば、ほとんどの迷惑電話やメッセージを遮断できるはずです。ぜひ設定してストレスフリーな通話生活を。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/着信拒否】Androidでの設定と解除

楽天モバイルでは、楽天リンクアプリを使用している場合には着信拒否設定ができません。しかし、Androidスマートフォンを使用している場合には、端末の標準電話アプリを使用して着信拒否を設定することができます。

以下に、Androidスマートフォンでの着信拒否の設定と解除方法をご紹介します。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

着信拒否の設定方法

  1. 端末の標準電話アプリを開きます。
  2. 着信履歴の一覧画面を表示します。
  3. 着信拒否したい相手の電話番号を長押しします。
  4. 表示されるメニューから「ブロックして迷惑電話として報告」→「ブロック」を選択します。

上記の手順を実行することで、指定した相手からの着信を拒否することができます。

着信拒否の解除方法

  1. 端末の標準電話アプリを開きます。
  2. 設定画面を表示します。
  3. 「ブロックされた番号」または「着信拒否リスト」といった項目を選択します。
  4. 解除したい番号を選択し、解除のオプションを選択します。

上記の手順を実行することで、指定した相手からの着信拒否を解除することができます。

注意点

楽天リンクアプリを使用している場合には、標準電話アプリでの着信拒否設定は楽天リンクには反映されません。楽天リンクアプリをログアウトすることで、標準電話アプリでの着信拒否設定が有効になりますが、ログアウト中は楽天リンクでの発着信ができなくなるため、通話料金や通信料金が発生する可能性がありますのでご注意ください。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

アンドロイドで着信拒否 oppoなど

アンドロイドスマートフォン(Oppoなど)での着信拒否の設定方法について解説します。

まず、アンドロイド端末では標準的な方法として、電話アプリや設定から着信拒否を設定することができます。これにより、特定の電話番号や不明な発信者からの着信を拒否することが可能です。

一般的な手順として、電話アプリのメニューから「設定」や「ブロック」などの項目を選択し、着信拒否の設定画面に進むことがあります。ここでブラックリストに電話番号を追加するか、特定の条件を指定して着信拒否を設定します。

また、キャリアのサービスやアプリを利用しても着信拒否の設定が可能です。キャリアによっては、特定の電話番号や不明な発信者からの着信を自動的に拒否するサービスを提供していることがあります。

Oppoなどの一部の端末では、電話アプリや設定から着信拒否のオプションが提供されています。具体的な手順は端末やユーザーインターフェースにより異なるため、端末の取扱説明書やオンラインマニュアルを参照すると良いでしょう。

状況によっては、着信拒否を設定するだけでなく、着信時のアナウンスや通知のカスタマイズも可能です。ユーザーは自身のニーズに合わせて最適な設定を選択することができます。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイル/着信拒否】通話拒否したとき相手に流れるアナウンス音声

楽天モバイルでの着信拒否時に相手に流れるアナウンス音声について詳しく紹介します。

楽天モバイルでは、着信拒否された場合、通常の呼び出し音が鳴る代わりに、特定のアナウンス音声が相手に流れます。このアナウンスは、通話が拒否されたことを相手に伝えるためのものであり、その内容は一般的に「この電話番号は現在利用できません」といったメッセージが含まれています。

アナウンス音声は通話が拒否されたことを明示的に伝える役割があり、相手が拒否された理由を理解できるようになっています。この機能は、通話を受けた側にとっては拒否の通知がわかりやすくなり、効果的なコミュニケーションツールとなっています。

なお、楽天モバイルの仕様やサービス内容は変更される可能性があるため、最新の情報や具体的なアナウンス内容については楽天モバイルの公式サポートページやユーザーガイドを確認することが推奨されます。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイルで留守電を設定しているか、いないかで変わる

楽天モバイルでは、留守電を設定しているかどうかによって、着信拒否時に流れるアナウンスが変わることがあります。

留守電を設定している場合、着信拒否時には相手に留守電の案内が流れます。この案内では、電源OFF時や電話に出られない時に相手の伝言を預かり、後で再生することができる旨が伝えられます。

一方、留守電を設定していない場合、着信拒否時には通常の着信拒否音が流れることがあります。この場合、相手に留守電の機能が利用できない旨が伝えられます。

留守電の設定方法は、以下の手順に従って行うことができます。

  1. アプリまたはWebからmy 楽天モバイルにログインします。
  2. 契約プラン画面内の「プランに含まれるオプションサービス」から「留守番電話」を有効化します。
  3. 呼び出し時間の設定やガイダンス言語の選択を行い、「変更する」をタップします。

上記の手順で正常に設定が行われない場合は、お問い合わせフォームから楽天モバイルにお問い合わせください。

留守電の設定によってアナウンスが変わることで、相手に留守電の利用が可能かどうかを伝えることができます。留守電の設定は、忙しい時や電源OFF時などに便利な機能ですので、ぜひ活用してみてください。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイル】着信拒否したときの通知や履歴

楽天モバイルの着信拒否に関する設定や通知、履歴について知っておくことは重要です。楽天モバイルの標準電話アプリを使用して着信拒否を行った場合、相手側は通話中で切れるか、アナウンスが流れます。しかし、この拒否には注意が必要で、受け取り側のユーザーにも通知が届き、履歴が残ります。

一方で、楽天リンクを使用して非通知番号を着信拒否する方法には制限があります。通常、楽天リンクでは非通知の電話番号を着信拒否することはできません。ただし、iPhoneを例外として考えると、非通知の着信拒否が可能な場合もあります。

Rakuten Linkアプリを使用して着信拒否設定を行う際には、設定の反映に注意が必要です。設定を反映させるにはRakuten Linkアプリからログアウトする必要があり、ログアウト中は発着信ができなくなります。この点に留意しながら、着信拒否設定を行いたい利用者は慎重に手順を進める必要があります。

また、楽天モバイルは着信拒否サービスを提供していないため、楽天リンクでも直接的な着信拒否設定ができない点に留意が必要です。その代わりに、迷惑電話対策として、特定の番号からの着信を拒否するサービスが提供されています。これにより、迷惑電話や繰り返しの着信を防ぐことができます。

楽天モバイル利用者は、着信拒否に関する設定やサービスを理解し、自分に合った方法でスムーズな通話環境を構築することが求められます。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイル】着信拒否されたら

楽天モバイルの場合、相手から着信拒否された際には特別なアナウンス音声は流れず、呼び出し音が鳴った後すぐに切れるようです。着信拒否設定をされていることが分かりにくいという意見もあります。

Androidスマホで着信拒否設定をしているユーザーに電話をかけた場合、発信者側にはアナウンスは流れず、留守番電話につながることもないとのことです。ただし端末やキャリアによっても異なるかもしれません。

楽天リンクアプリをログアウトして標準の電話アプリを使う「裏技」で着信拒否設定をしている場合は、発信者にはRakuten Link経由で電話番号が通知されないため、相手には非通知着信扱いとなります。

いずれにせよ楽天モバイルでは着信拒否サービスが提供されていないため、相手へのアナウンスも十分ではありません。相手が着信拒否しているかどうかを確実に判断することは難しそうです。

複数の方法を試すことで着信拒否されている可能性を推測できる程度かと思いますが、直接本人に確認するのが確実な対応方法でしょう。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイル/着信拒否】SMS(メッセージ)を止めたい

楽天モバイルでは、迷惑SMSを拒否する機能は提供されていません。ただし、迷惑メール・SMS対策のための申告窓口が設けられており、迷惑メール送信が確認された契約者に対しては厳しい処置が行われています。

迷惑SMSを受信した場合、以下の手順を試してみることができます。

  1. 迷惑SMSを開きます。
  2. 画面上部のアイコンを選択し、「情報」を選択します。
  3. 画面上部右にある「情報」を選択します。
  4. 画面中央にある「この発信者を着信拒否」を選択します。
  5. 「連絡先を着信拒否」を選択します。

ただし、この方法は相手には通知されず、着信拒否したい相手からのSMSのみを拒否するものです。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイルでは迷惑SMSも拒否できない:申告窓口のみ

楽天モバイルは迷惑SMSに対する直接的な拒否機能を提供していないため、利用者が受け取った迷惑SMSに対処するためには、申告窓口を利用する必要があります。迷惑SMSを受信した際には、楽天モバイルの申告窓口に対して報告を行い、適切な対応を待つこととなります。

この申告窓口は、利用者が迷惑メールや迷惑SMSを受信した場合に提供されており、申告された情報を元に、送信者が確認された契約者に対しては厳しい処置が実施される仕組みとなっています。楽天モバイルは他の携帯電話会社のように、事前に迷惑SMSを拒否するサービスを提供していないため、迷惑SMSへの対応はこの申告窓口を通じて行われます。

利用者が他の携帯電話会社を使用している場合でも、楽天モバイルの提供するドメイン(rakumail.jp)から届いた迷惑メールに関しても同様に申告窓口を利用することができます。手順に従って受信した迷惑SMSを申告することで、迷惑SMSに対する有効な対策が取られることとなります。

楽天モバイルの迷惑メール対策は、利用者の安全な通信環境を確保するための一環として、申告窓口を通じて的確な対応が行われています。迷惑SMSに悩まされた場合は、積極的に申告窓口を利用して対処することが重要です。

 

 

 

楽天モバイル