【楽天モバイル/ゴミ回線?】地下などでの電波状況は改善されたのか?

【楽天モバイル/ゴミ回線】まとめ

プラチナバンドを獲得したものの、プラチナバンド基地局の設置が行き渡るまでは真の改善とは言えません。

今まで通り、Rakuten linkによる無料通話と楽天ポイント還元率アップを主目的としたサブ回線で使うにはとても良いと感じます。

データ通信するためのメインに自分のお気に入りの会社を据えて、楽天モバイルはサブで行きましょう!

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイルに対する評判は様々であり、一部では「ゴミ回線」とまで言われています。

実際に楽天モバイルを2年以上使用している筆者によると、電波の範囲が狭いとの指摘があり、そのつながりやすさには個人差があることが示唆されています。

電波の範囲やつながりやすさに関する議論は広がりを見せ、楽天モバイルが提供する回線が本当に「ゴミ」なのかどうかが問われています。

一部の意見では、プラチナバンドを獲得したとはいえ、エリアや電波のつながりやすさにおいてはまだ課題が残るとの声も挙がっています。

楽天モバイルの評判については、繋がりにくさや速度の遅さが主な理由として挙げられています。

特に、パートナーエリアで他のキャリアに繋ぐと速度制限がかかるといった点がユーザーにとってストレスとなっているようです。

一方で、実際に楽天モバイルを使用した50名のユーザーによる感想では、「楽天モバイルはゴミ回線ではない」との意見もあります。

月額料金が比較的リーズナブルで、コスパが良いとの評価が得られている一方で、使用地域や個々の利用状況によっては満足度が変動するようです。

総じて、楽天モバイルの評判や回線の性能についてはユーザーの使用状況や期待によって異なるため、慎重に検討することが重要です。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

プラチナバンドも獲得できたし都市部は改善されている

楽天モバイルが最強プランの提供を開始し、エリアが大幅に改善されました。さらに、喜ばしいことに、プラチナバンドも獲得できたことが明らかになりました。これにより、通信品質が向上し、特に都市部ではその改善が著しいです。

最新の情報によれば、楽天モバイルはプラチナバンドを活用することで、地下や建物内でも携帯電話がつながりやすくなります。プラチナバンドは700MHz帯を使用し、その特性により障害が少ないと期待されています。

楽天モバイルがプラチナバンドを獲得したニュースは喜びの一方で、その表情には複雑な印象も見受けられます。これは、プラチナバンドの本格活用までには、楽天モバイルの経営において本格的な立て直しが必要だとの見方があるからです。

総務省もまた、楽天モバイルにプラチナバンドを割り当て、その未利用部分を活用することを期待しています。これにより、より多くの地域で高品質な通信が提供されることが期待されています。

楽天モバイルはプラチナバンドの獲得に伴い、料金は据え置きのままで、3,278円で無制限データ通信が可能となりました。さらに、Rakuten Linkアプリを使えば電話かけ放題も基本料に含まれ、利用者にとっては魅力的なプランとなっています。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

地方は最悪ではないが正直おすすめしない

地方に住んでいると、個人事業主の対応のひどさに驚かされることがある。常識がない、客への感謝がない、態度がでかいといった印象を受けることがある。質問しても説明をしてくれず、口のきき方を知らない人もいる。こうした対応には正直ustrationを感じる。

地方の会社では、仕事ができる人ほど左遷されてしまうことがあるようだ。瀕死の部署を立て直したが、その結果左遷されてしまったという例もある。会社にとって都合の良い人事をすることがあり、「仕事ができる人=出世する人」ではないのが実情である。

地方の求人には要注意だ。Uターン・Iターンで地方の求人に応募する場合、求人内容が実際の業務とかけ離れていることがある。事前に十分内容を確認し、現地の労働実態も調べておく必要がある。見当違いの求人が多いのが地方求人の実情である。

以上のように、地方には仕事や人間関係の面でネガティブな側面が少なからずある。決して最悪という訳ではないが、地方で暮らすことを考えている人には正直なところおすすめしにくい。十分な心構えが必要不可欠である。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

実際は楽天ポイントも貰えるし、都市部で楽天経済圏利用者ならアリ

楽天ポイントは、その改定によりユーザー側に多くのメリットがもたらされています。現行の条件に比べ、クレジットカードの契約など複雑な条件なしに、広範なユーザーが5%の還元率を享受できるようになりました。これにより、ポイントを貯めるハードルが低くなり、利用者にとってより魅力的なサービスとなっています。

楽天ポイントは楽天カードの支払いや加盟店の支払いに充てることができ、1ポイント1円で換算されるため、家計の節約に寄与することが期待されます。さらに、楽天カードを使ったり、楽天経済圏のサービスを利用することで、楽天ポイントを効率的に貯めることができます。

楽天経済圏を活用することで、年間6~10万近くの楽天ポイントを自然に貯めることができます。これにより、ポイントで固定費を支払うなどして、お得に生活する方法が提供されています。さらに、楽天ペイを利用することで税金の納付でも0.5%分の楽天ポイントが貯まり、節約の一助となります。

特に、楽天モバイルユーザーにとっては、楽天ポイントプログラムの改定があり、ポイント付与の倍率が上がるなどの優遇措置が強化されています。これにより、楽天モバイルから楽天市場への誘導が促進され、モバイルユーザーにとってはよりお得な状況となっています。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

サブ回線としてなら楽天モバイルはアリ

楽天モバイルの評判を見ると、メイン回線として使うには課題があるという意見が多い。通信速度が遅い、通信エリアが狭い、通信品質が不安定といったデメリットが指摘されている。料金プランは安いが、サービス内容とのバランスで不満を抱くユーザーが少なくない。

一方で、サブ回線や子供のスマホ用といった第二回線として使うのであれば評判は悪くない。通信速度をそれほど要求しない用途であれば、低料金で十分な性能が得られるからだ。通信エリアにもそれほど敏感ではなく、比較的満足できる水準だ。

楽天モバイルのSIMは、メイン回線としての使用には不向きだが、第二回線や子供専用線としてなら十分実用的だ。料金水準を考えるとコストパフォーマンスは高く、低料金で必要十分な通信サービスが得られる。サブ的な利用法なら楽天モバイルはアリといえる。

以上のように、楽天モバイルの評判はメイン回線としては厳しいが、サブ回線なら満足できる性能が得られる。必要な通信水準に応じて活用することで、低料金での利用が可能となる。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/ゴミ回線】おすすめじゃない人

楽天モバイルに関する口コミや評判を見ると、一部で「ゴミ回線だ」との声も挙がっていますが、実際のところどうなのでしょうか?

先ず、滋賀県での実体験に基づく情報によれば、楽天モバイルはゴミ回線とは言い切れません。

実際に使ってみた結果、月額3278円で通話無料といったコスパの良さがあり、むしろ満足度が高いとの意見もあります。

しかし、この後に述べるような方には楽天モバイルはオススメではありません。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天回線エリアでの速度制限や繋がりにくさ

ただし、他の口コミには楽天回線エリアでの速度制限や、繋がりにくさといったネガティブな意見も見受けられます。特にiPhoneなどの一部機種では、パートナーエリアでauに繋ぐと速度制限がかかるという報告もあります。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイル最強プランでも不満の声

楽天モバイル最強プランを選んでいるにもかかわらず、電波や通信速度に満足できないユーザーも多いようです。一部では「楽天モバイルはゴミ回線だ」との声もあり、電波の安定性が問題とされています。

Rakuten Linkを利用しているユーザーからは、通話中に表示される音質状態が「悪い」という報告が相次いでいます。音声回線による高品質な通話を期待するユーザーにとって、これは少々戸惑いを生むかもしれません。

最後に、楽天モバイルは使う場所によっては電波が悪いことがあり、これが楽天モバイル最大の弱点とされています。電波が安定したスマホ利用が必要な場合は、検討が必要かもしれません。

総じて、楽天モバイルには賛否両論の意見が存在します。ゴミ回線とまで言い切れないが、利用者にとっては注意が必要なポイントもいくつかあるようです。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイルは評判が分かれる

楽天モバイルには評判が分かれる傾向があります。特に電波のつながりが悪いとの指摘が多く、通信速度が遅いと感じるユーザーも少なくありません。これは電波の安定感に課題がある可能性があり、快適な通信環境を求めるユーザーには不向きかもしれません。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

楽天モバイル参考リンク:【楽天モバイルの評判】

メインの回線を探している方

楽天モバイルは主に楽天回線を利用していますが、一部地域ではパートナー回線(au回線)を使用しています。楽天回線のカバー率は98%程度であり、一方でパートナー回線のカバー率は99%超です。ただし、特に都市部や大型ショッピングモールなどでは楽天回線のカバーが限定的であるため、メインの回線として利用する際は注意が必要です。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

日本中ほぼどこでもつながる快適さを求める方

楽天モバイルは楽天回線が約98%、パートナー回線を含めたカバー率が99%超となっていますが、快適な通信環境を求める方には不安が残るかもしれません。特に楽天回線の利用エリアが限られているため、広範囲で快適に利用することが難しい場合があります。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

QRコード決済を頻繁に使う方

楽天モバイルではQRコード対応の楽天モバイルショップがあり、MNPの予約番号発行不要でプラン変更(移行)ができるサービスが提供されています。しかし、これに頻繁に利用する際は、地域や状況によっては電波の安定性が影響を与える可能性があるため、注意が必要です。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/ゴミ回線】後悔しない運用方法

楽天モバイルには多くのユーザーから悪い評判が寄せられています。主なデメリットとして、電波の安定性が低く、通信速度が遅いとの指摘があります。特にパートナー回線の提供が終了したことで、一部地域でのつながりにくさが顕著になっています。また、楽天モバイルを利用することで楽天グループの他のサービスが不利になると感じるユーザーも存在し、改悪との声も挙がっています。

一部地域では楽天回線がつながりにくいとの報告もあり、都市部や大型ショッピングモールでは特に注意が必要です。さらに、楽天モバイルのSPU(楽天ポイント付与)は契約者には有利ですが、楽天グループのサービスを多く利用していたヘビーユーザーには不利になる傾向があります。

トラブルが発生した場合、SIMを交換することで解決する可能性がありますが、サービス全体の不安定性がユーザーにとって大きな課題となっているようです。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

デュアルSIMのスマホで片方を楽天モバイルにする

デュアルSIM対応スマートフォンで楽天モバイルのSIMを片方に入れるという運用はアリだ。iPhoneでもAndroidでも、基本的にはSIMを挿入するだけで利用できる。必要に応じてネットワーク設定やAPN設定を行えば、簡単に楽天モバイルの回線を追加できる。

デュアルSIMの利点を生かしつつ、メイン回線は高速・大容量の他社回線を使い、サブ回線は低料金の楽天モバイル回線を運用することが可能だ。例えば通話やSMSは楽天、データ通信はメイン回線を使うといった形で効率よく2つのSIMを活用できる。

楽天モバイルのSIMを併用することで月額料金を抑えられる半面、通信品質では妥協する必要がある点に留意が必要だ。しかし、デュアルSIMスマホを活かした運用法として、楽天モバイルのSIMで補完する方法はアリだろう。コストパフォーマンスの高い組み合わせと言える。

デュアルSIMスマホ所有者は、楽天モバイルのSIMをサブSIMとして追加することを検討してみてはいかがだろうか。低料金で通信容量を確保できる半面、通信品質では多少の不安は残るところだが。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイルはサブ回線、不足部分はメイン回線で補う

楽天モバイルをサブ回線として利用する方法について解説します。楽天モバイルは、月額3,278円で無制限に使える「Rakuten最強プラン」を提供しており、他のキャリアと比べても非常にお得です。

以下に、楽天モバイルをサブ回線として利用する際のポイントをまとめました。

楽天モバイルをサブ回線にするメリット:

  • 楽天モバイルは最安値級で使い放題にできるため、月額料金を抑えながらデータ通信を利用できます。
  • 3GBまでのデータ通信なら月額1,078円と安価であり、使わない月でも負担が少ないです。
  • eSIMと物理SIMを併用することで、1つの端末で2回線を使うことができます。
  • 楽天モバイルをサブ回線にすることで、他のキャリアのデータ量追加よりもお得になります。
  • 楽天モバイルの契約手数料や解約金は無料です。
  • au回線のパートナー回線エリアも使い放題です。

楽天モバイルをサブ回線として利用する方法:

  1. 格安SIMなどの小容量プランにプラスして、楽天モバイルのeSIMを契約します。
  2. スマートフォンの設定画面からeSIMを追加し、楽天モバイルの設定を行います。
  3. サブ回線として楽天モバイルを利用する際は、データ通信や通話などの使用方法に制限はありません。

ただし、楽天モバイルをサブ回線として利用する際には、以下の点に注意が必要です:

  • メイン回線として別のSIMを利用することで、楽天モバイルの不足部分を補う必要があります。
  • サブ回線としての利用には、データ通信や通話の使用状況に応じた料金が発生する可能性があります。

以上が、楽天モバイルをサブ回線として利用する方法と注意点です。楽天モバイルのサブ回線利用は、お得な料金プランと柔軟な使い方が魅力です。ぜひ、ご検討ください。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイルと相性が良いSIM

楽天モバイルは電波の状況が悪い場所もあるので、通話用のSIMとして役割を担当してもらいます。

Rakuten linkで無料通話も可能ですから、ただで電話できるというSIMカードとして使います。

そして、別のSIMでデータ通信をするようにすると、とても便利なスマホが出来上がります。

一番オススメはmineoです。

データ使い放題のプランやオプションが用意されているので、楽天モバイルと合わせても月額2,000円~3,000円程度ですみます。

電話かけ放題、データ通信使放題でこの価格で運用できるのは異常です。

以前は楽天モバイルが1GBまで無料だったので、もっと安く運用できました。

しかし、いまでもこのコンビはかなりオススメです。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

mineo

 

 

 

Rakuten linkでの通話は無料出ない番号もあるし、悪いときもあることを心に留めておく

楽天モバイルの通話アプリ「Rakuten Link」を利用している際には、通話が完全に無料であるわけではなく、一部の番号には通話料が発生する可能性があります。この点を理解しておくことが重要です。

通話品質に関しても、利用者の電波状況によっては通話がスムーズに行えない場合があります。楽天 Linkアプリは通信環境が不安定な場合、通話が制限されることがあります。通話がうまくいかない場合は、まず自身の電波状況を確認し、安定した通信環境で利用するよう心がけましょう。

楽天 Linkアプリはインターネット経由で通話を行うため、接続している回線の影響を受けやすいです。そのため、通話品質が悪い場合は、回線の安定性に影響を与える要因を排除することが改善の一環となります。

利用者の口コミや評判によれば、楽天 Linkアプリの通話品質には一定の改善が見られるようですが、個々の状況によって異なるため、実際に利用してみたり、他のユーザーの体験談を参考にすることが重要です。

通話がスムーズに行えるようにするためには、最新のアプリケーションや端末のアップデートを行い、通信環境に影響を与える可能性のある不具合が解消されているか確認することも役立ちます。

総じて、楽天 Linkを利用する際には通話料や通話品質についての留意点を心に留め、快適な通話体験を実現できるよう努めましょう。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル/ゴミ回線】電波が悪い・つながらない理由と解決方法・地下など

楽天モバイルを利用している際に電波が悪いと感じることはありませんか?電波の悪さは様々な要因によるものですが、その原因を知り、効果的な解決策を見つけることが重要です。

一つの原因として、自身の位置が自社回線エリア外にある可能性が考えられます。現在地が自社回線エリア内かどうかを確認することが第一歩です。楽天モバイルの公式ウェブサイトからエリア情報を取得し、自身が通信可能なエリアかどうかを確認しましょう。

また、電波が悪い場所にいる場合は、その場所から離れて再度通信を試すことが効果的です。建物や地形の影響を受けやすいため、少し場所を変えるだけで通信状況が改善されることがあります。

さらに、手動で回線の切り替えを試してみることも一つの手段です。モバイルデータ通信の確認やWi-Fiに接続することで、通信の安定性を向上させることができます。

楽天モバイルでは、電波改善や調査のための依頼を受け付けています。公式ウェブサイトから電波改善・調査依頼を出すことで、不具合がある場合は積極的に対応してもらえるかもしれません。また、電波増幅器(楽天Casa)を利用することも、屋内での電波改善に有効な手段の一つです。

楽天モバイルを利用する際に電波が悪いと感じたら、これらの対処方法を試してみてください。自身でできる範囲で問題を解決し、快適な通信環境を手に入れましょう。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

地下や建物の中ではゴミ回線か?

地下や建物の中での通信品質について、楽天モバイルは一部の場所で電波状態が悪くなることがあります。以下にその理由と対策をご紹介します。

楽天モバイルが地下や建物内で通信品質が悪くなる主な理由は次のとおりです:

  1. プラチナバンドの基地局不足:楽天モバイルは、プラチナバンドと呼ばれる遮蔽物に強い700MHz前後の帯域の使用が制限されています。プラチナバンドをようやく獲得しましたが、プラチナバンドの基地局の設置はまだまだこれからです。これにより、建物や地下の障害物を回避する能力が制限され、通信品質が低下することがあります。しかし、この問題はそのうちに解消されていくでしょう。
  2. 周波数の割り当て不足:楽天モバイルは他のキャリアと比較して、周波数の割り当てが少ないため、通信品質に影響を与えることがあります。

楽天モバイルが地下や建物内で通信品質を改善するための対策としては、以下の方法があります:

  1. 屋内用小型基地局「Rakuten Casa」の設置:楽天モバイルでは、屋内用小型基地局「Rakuten Casa」を設置することで、電波環境が悪い場所でも楽天回線を快適に利用することができます。
  2. プラチナバンドの利用拡大:楽天モバイルは、2023年にプラチナバンドの利用が許可される予定です。これにより、プラチナバンドの中継器の設置が可能となり、通信品質の向上が期待されます。

以上が楽天モバイルの地下や建物内での通信品質に関する情報です。楽天モバイルは通信品質の向上に取り組んでおり、今後のサービス拡充に期待が持てます。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイルの基地局が近くになく電波が拾いづらい

楽天モバイルの基地局が近くになく、電波が拾いづらい場合、以下の情報が参考になるかもしれません。

  1. 楽天モバイルの基地局カバレッジエリアの情報: 楽天モバイルの公式ウェブサイトには、基地局のカバレッジエリアに関する情報が掲載されています。ここで、ご自宅やお住まいの地域がカバレッジエリアに含まれているかどうかを確認することができます。
  2. 屋内用小型基地局「Rakuten Casa」の利用: 楽天モバイルでは、屋内での電波環境が悪い場合に「Rakuten Casa」という屋内用小型基地局を設置することができます。これにより、ご自宅や店舗などの屋内でも楽天回線を快適に利用することができます。
  3. プラチナバンドの利用: 楽天モバイルは、700MHz帯のプラチナバンドの免許を取得しています。プラチナバンドは電波が飛びやすく、広い通信可能範囲を実現することができるため、電波が届きにくい場所でも通信品質を向上させる可能性があります。
  4. 周辺の基地局の利用: 楽天モバイル以外の通信事業者の基地局が近くにある場合、その基地局を利用することで電波の受信状況を改善することができるかもしれません。他の通信事業者のカバレッジエリアを調べて、利用可能な場合はSIMカードを切り替えるなどの対策を検討してみてください。

これらの情報を参考にして、電波が拾いづらい場合の対策を検討してみてください。また、楽天モバイルのカスタマーサポートに問い合わせることもおすすめです。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

利用者が多く混雑する時間帯

楽天モバイルは、利用者が集中する朝夕の通勤時間帯や昼休み時間帯に通信速度が鈍化しやすいという指摘がある。これは楽天モバイル自体の回線容量が小さく、利用者数に対して帯域が細いことが原因だと考えられている。

回線を大手キャリアから借りているMVNOは基本的にこの「混雑時の速度低下」という課題を抱えている。しかし楽天モバイルの場合、昼夜間で速度変動が大きく、混雑時の鈍化が顕著であるという。利用者数がピークに達する時間帯は接続しづらくなることがある。

一方で深夜早朝や普段は繋がりやすく、40Mbps以上の速度も得られるというデータもある。時間帯によって利用環境が左右されるため、楽天モバイルのSIMを使う場合はこの点を考慮する必要があるだろう。通信品質を重視するのであれば混雑時を避けた利用が望ましい。

楽天モバイルでは時間帯と利用者数の影響を大きく受けるため、できる限り混雑していない深夜早朝の時間帯にデータ通信を集中させる工夫が必要かもしれない。こまめに通信速度を確認しながら利用することが大切だ。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

スマホ本体の問題の可能性(アプリの開きすぎなど)

楽天モバイルの接続が不安定である場合、その原因として考えられる一因は、利用しているスマートフォン本体に起因する可能性があります。多くのアプリが同時に起動していると、スマホの動作が重くなり、通信回線の利用に支障をきたすことがあります。

具体的な解決方法として、起動しているアプリを最小限に抑えることが挙げられます。特に通信に関連するアプリやサービスが同時に動作している場合は、それらを終了させることで通信回線の負荷を軽減できます。

スマートフォン本体の問題が接続の原因である場合、再起動することで解決することがあります。再起動によって一時的な不具合や負荷が解消され、スムーズな通信が可能になります。アプリケーションやデータが一度閉じられ、新たな通信が円滑に行えるようになります。

楽天モバイルがつながらない場合、スマートフォン本体の再起動だけでなく、SIMの交換も検討する価値があります。楽天モバイルの公式サポートによれば、電波を拾えない場合や圏外になる場合、SIMの交換がトラブル解決の手段として挙げられています。

総じて、楽天モバイルの接続が繋がりづらい場合には、スマートフォン本体に起因する可能性があるため、前述の対策を試してみることで問題が解消されるかもしれません。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイルに通信障害が発生している可能性

楽天モバイルではたびたび通信障害が発生することがある。過去には通話やデータ通信が全く利用できなくなる大規模障害も起きている。楽天モバイルの公式サイトではリアルタイムで障害情報が提供されており、もし通信エラーが起きていたらこちらで確認することができる。

楽天モバイルで接続できない場合はまず障害情報ページをチェックし、大規模障害が発生していないか確認したい。時間帯によっては一時的に回線が混み合うこともあるので、しばらく待ってから再接続を試みることも有効だ。それでも改善されないようであれば、端末やAPNの設定に原因がある可能性もある。

楽天モバイルでは通信品質に課題を抱えており、たびたび障害が発生しているのが実情だ。トラブルが起きた際はまず公式サイト上の障害情報を確認し、次に端末側の設定を見直すことが大切だ。これらの対応をしても接続できない場合は楽天モバイルのサポートに相談したい。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

通信速度が遅い原因はいろいろ

通信速度が遅い原因はいくつか考えられます。以下に詳しく解説します。

  1. 楽天の電波を受信しにくい状態にある場合
    • 建物の中や地下、山間部など、電波が届きにくい場所では通信速度が低下することがあります。
  2. 楽天回線の基地局が近くに少ない場合
    • 基地局の数が少ない地域では、通信速度が制限されることがあります。
  3. パートナー回線を5GB以上使っている場合
    • 楽天モバイルは、一定のデータ容量を超えると通信速度が制限される場合があります。
  4. 混雑しやすい時間帯に利用している場合
    • 多くの人が同時に利用する時間帯(例:昼休みや通勤時間帯)は、通信速度が低下することがあります。
  5. アプリを開きすぎている場合
    • 同時に多くのアプリを使用していると、通信速度が低下することがあります。
  6. 通信障害が発生している場合
    • 楽天モバイルのサービスエリア内で通信障害が発生している場合は、通信速度が低下することがあります。

これらの原因によって通信速度が遅くなることがあります。解決方法としては、以下の点をチェックしてみてください。

  • 電波の受信状況を確認し、電波の届きやすい場所で利用する。
  • 混雑しにくい時間帯に利用する。
  • 同時に多くのアプリを開かず、必要なアプリのみを使用する。
  • 通信障害が発生している場合は、楽天モバイルの公式サポートに問い合わせる。

 

 

楽天モバイル

 

 

 

楽天モバイルは電波状況が改善されたか?

楽天モバイルの電波状況が改善されているかどうかについては、様々な要因が関わります。ユーザーが電波の改善を望む場合、楽天モバイルはその要望に応じて努力しており、電波改善のための取り組みが行われています。

楽天モバイルでは、電波状況に関するユーザーのフィードバックを受け付け、電波改善・調査依頼を行っています。利用者が電波の悪さを感じる場合、公式ウェブサイトから問い合わせや改善依頼を行うことで、現地調査や対応が行われる可能性があります。

また、楽天モバイルは「Rakuten Casa(楽天カーサ)」と呼ばれる小型室内アンテナを提供しており、これを自宅など屋内に設置することで電波状況を改善することができます。特に屋内での通信に関する問題を解消し、通話やデータ通信を快適に行えるようにサポートしています。

楽天モバイルはエリアの拡大や電波改善に力を入れており、そのために様々な取り組みが行われています。エリアレポートや公式ウェブサイトの情報を参照することで、最新の電波状況や改善策に関する情報を得ることができます。

ユーザーが楽天モバイルを利用する際には、電波状況がどのようになっているかを定期的に確認し、必要に応じてサポートを受けることで、より良い通信環境を享受できるでしょう。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

【楽天モバイル】もうゴミ回線なんて言わせない?プラチナバンド獲得

楽天モバイルがプラチナバンドを獲得し、これにより700MHz帯の電波の使用が認定されました。この念願の獲得により、ユーザーの期待が高まっています。ユーザー目線で気になる4つの視点から今後の影響を予測します。

10月23日の電波監理審議会で700MHz帯の新たな無線免許が楽天モバイルに付与され、これにより通信回線の品質向上や新たなサービスの提供が期待されています。特に、楽天モバイルは4G LTEの周波数帯域として、1.7MHz帯のみを利用していましたが、新たな帯域の利用により通信速度や電波の届きやすさが向上するでしょう。

楽天モバイルにとっては悲願の獲得となりましたが、その一方で経営の本格的な立て直しや基地局の設置計画が問われています。喜びの表情は薄い印象となっており、プラチナバンドの本格活用までには課題があるようです。

しかし、楽天モバイルは悲願のプラチナバンドの取得を通じて通信品質の向上や顧客獲得に注力することで、早期の黒字化を目指す方針です。プラチナバンドの取得が業績改善にどの程度寄与するか、今後の楽天モバイルの動向が注目されます。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

プラチナバンド基地局の設置が急がれる

楽天モバイルがプラチナバンドを獲得したことが発表され、これにより700MHz帯の電波の使用が認定されました。このプラチナバンドの獲得は、楽天モバイルにとって重要な一歩であり、これにより通信サービスの向上や新たな展開が期待されています。

総務省の発表によれば、楽天モバイルはこれまで1.7MHz帯の周波数帯域しか使用していませんでしたが、新たに700MHz帯を利用できるようになりました。これにより、通信速度や電波の届きやすさが向上し、ユーザーエクスペリエンスが向上することが期待されています。

プラチナバンドの獲得には、特定の基地局を設備する必要があり、楽天モバイルは2033年度末までに約544億円を投資して設備を進める計画です。また、2024年中には700MHz帯を利用したサービス提供を目指すなど、楽天モバイルは積極的に新たな展開に取り組んでいます。

ただし、プラチナバンドの獲得に伴い、経営の本格的な立て直しや基地局の設置計画など課題も浮き彫りになっています。楽天モバイルにはこれらの課題に対処し、ユーザーにより良い通信環境を提供するために努力が求められています。

この楽天モバイルのプラチナバンド獲得は、日本の携帯通信市場において新たな局面を切り開くものとして、注目を集めています。

 

 

 

楽天モバイル

 

 

 

大手他社と比較するとまだちょい弱い

楽天モバイルは、他の大手通信会社と比較するとまだ若干の弱点があります。以下に、楽天モバイルと他の大手通信会社の比較結果をまとめました。

  1. 料金比較:
    • 楽天モバイルは、他の大手通信会社と比較して料金が安いと言われています。特に無制限データプランでは、楽天モバイルが半額以下の料金を提供しています。
    • ただし、通信速度や通話品質に関しては、他の大手通信会社に劣ることがあります。
  2. 通信速度比較:
    • 楽天モバイルは、自社回線を持っているため、自社回線エリアでは十分な通信速度を提供しています。
    • しかし、他の大手通信会社のような高速通信エリアに比べると、まだまだ改善の余地があります。
  3. 通話品質比較:
    • 楽天モバイルの通話品質は、他の大手通信会社と比較して若干劣ると言われています。
    • ただし、通話品質に関しては、地域や利用状況によって個人差があるため、全てのユーザーに当てはまるわけではありません。
  4. サービス比較:
    • 楽天モバイルは、他の大手通信会社と比較して、特に無制限データプランの料金が魅力的です。
    • ただし、他の大手通信会社は、より多様なサービスや特典を提供している場合があります。

総合的に見ると、楽天モバイルは他の大手通信会社と比較してまだ若干の弱点がありますが、料金面では優れており、通信速度や通話品質も自社回線エリアでは十分なレベルを提供しています。ただし、サービスや特典の面では他の大手通信会社に劣ることがあります。

 

 

 

楽天モバイル